テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/23
  • AnimeandManga illustrated編集部

日本でもおなじみだったルノー日産の2.0ℓディーゼル——M9R

世界のエンジン オールアルバム file 076:RENAULT M9R

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ M9R
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1995cc
内径×行程 84.0mm×90.0mm
圧縮比 15.1
最高出力 130kW/3750rpm
最大トルク 380Nm/2000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 鋳鉄
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL ×/×

 ガソリンエンジンではルノーと日産でそれぞれ独自の法則に則った呼称がつけられるが、ディーゼルの場合はルノーの名で呼ばれるらしい。M9Rは、ルノーおよび日産で同じ名称を持った初のエンジンであり、乗用ディーゼルに馴染みがなかった日本ゆえか、それとも一段と進んだアライアンスの象徴か。いずれにせよ、近年の日本でのディーゼル復権の動きに大きく貢献したエンジンである。

 ポスト新長期規制に対応した初のディーゼルエンジンでもあった。ピエゾ式インジェクターと可変ノズルターボ、コモンレールシステム(160MPa)、ダブルスワールポート、DPF、NOxトラップ触媒など、現在では当たり前となった要素を持ち、日本ではエクストレイルに搭載されハイブリッド以外で初の100%減税となったエンジンでもある。

 ルノー、ルノーサムスン、日産の3ブランドに搭載されているが、日本仕様の現行エクストレイルには搭載されていない。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated