テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/11
  • AnimeandManga illustrated編集部

NEC:NTTコミュニケーションズ・NTTドコモ・東武鉄道による5Gを用いた列車への高精細映像伝送実験に貢献

(左)線路沿いに設置した5G基地局 (右)通過中の列車に映像伝送
NECは、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモおよび東武鉄道が実施した、5Gを活用した高速走行中の列車への高精細映像伝送実験に、5G基地局の提供を通じて貢献した。

 本実験は2018年12月17日~21日に、埼玉県春日部市で東武スカイツリーラインの列車を用いて実施された。具体的には、線路沿いに設置した4.5GHz帯・28GHz帯対応の5G基地局から、4K・8Kの高精細映像を時速約90kmで走行する列車内の5G移動局に伝送し、リアルタイムに大型ディスプレイに表示した。また、列車内の無線LANを通して乗客が持つことを想定した40台のスマートフォン端末に映像を配信した。

 NECの5G基地局は、5G移動局の位置・方向に電力を集中させたビーム(指向性)を形成するMassive MIMOアンテナを搭載している。移動局の動きに合わせてビームを追従させることで、常に移動局に最適なビームを形成するため、本実験のように高速で移動する列車などの中にある移動局に対しても高データレート(伝送速度)かつ高品質な無線データ通信を実現する。
 今回の実験を通して、列車やバスなどによる高速移動中でも、5Gを活用した高臨場・高精細映像コンテンツの伝送が可能であり、場所やシーンを問わず様々なメディアの大容量コンテンツ配信サービスを実現できることを確認した。

 なお、本実験には、NTTコミュニケーションズが総務省から受託した平成30年度5G総合実証試験「高速移動時において平均1Gbpsを超える高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」の成果の一部が含まれている。また、4.5GHz帯対応のMassive MIMOアンテナを搭載した5G基地局および移動局には、総務省の委託研究「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発~高周波数帯・広帯域超多素子アンテナによる高速・低消費電力無線アクセス技術の研究開発~」プロジェクトの成果の一部が含まれている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る