テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/16
  • AnimeandManga illustrated編集部

JAF:雪道で4WDは上り坂に強くても下り坂では止まりづらい!

2WDと登坂・ブレーキ性能を比較

雪道走行(イメージ)
JAF(日本自動車連盟)は、降雪時期を前に「雪道(圧雪路※1)の登坂・ブレーキ性能を4WDと2WDで比較検証」を行い、その結果を11月16日(金)よりホームページに公開した。

 4WD(四輪駆動)車は雪道に強いと言われているが、実際にどのような状況でも2WD(二輪駆動※2)車より走行性能が優れているのか、4台のテスト車※3でふたつの実験(路面はいずれも圧雪路)を行った。

【登坂テスト】勾配9%と勾配20%の坂道を上りきれるのかを検証

勾配20%の坂道で走行可否を検証

 テスト結果は表の通りで、勾配9%の緩やかな坂道は、4台とも上りきれた。しかし、勾配20%の急勾配の坂道になると、4WDの2台は安定して上りきれたのに対して、2WDの2台はスタッドレスタイヤを装着していても坂道の途中でスリップして上りきれなかった。登坂性能は予想どおり、4WDのほうが優れていることが分かった。

登坂テスト(勾配9%と20%)の結果

【ブレーキテスト】平坦路と勾配9%の下り坂で、40km/hから急ブレーキ※4を踏み、停止までの制動距離を測定

平坦路(左写真)と下り坂(右写真)でブレーキ性能を検証

 まず、 平坦路の制動距離は、2WDと4WDのいずれの車も制動距離が20~22mと、 大きな差はなかった。
 ただ、勾配9%の下り坂の制動距離となると、2WDの2台は約29~33mで停止できたのに対して、4WDの2台は約35~40mと、2WDより長くなった。特に、車両重量が最も重かったランドクルーザープラドの下り坂の制動距離は、平坦路に比べて約2倍長くなった。

ブレーキテスト(平坦路と勾配9%)の結果

 このように4WDは構造上、2WDより車両重量が重くなり、そのぶん下り坂では制動距離が長くなる。
 4WDは2WDに比べて登坂での発進時は滑りにくく安定するが、停止時は止まりづらくなるので、速度を抑えて雪道は慎重に走行しよう。

※1 圧雪路とは、 雪が踏み固められた状態の路面。
※2 2WDの2台は前輪(FF)駆動車。
※3 4台(4WDと2WDの車を2台ずつ)とも、 新品スタッドレスタイヤを装着。
※4 急ブレーキ時はABSが作動。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る