テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/05
  • AnimeandManga illustrated編集部

埼玉工業大学:損害保険ジャパン日本興亜の自動運転デモに参加

全国初、複数台の自動運転走行車両が同時遠隔監視で都内の公道を走行

埼玉工大の自動運転実験車
埼玉工業大学発の自動運転ベンチャー「フィールドオート」は、損害保険ジャパン日本興亜がコネクテッドサポートセンターの開所記念として去る9月27日に東京都内で実施した、自動運転対応車両の公道走行の実証実験に参加した。

 今回の実証実験は、損保ジャパン日本興亜が自動運転社会における損保会社が果たすべき役割の研究を加速させる目的で、遠隔型自動運転運行サポート施設(コネクテッドサポートセンター)をプライムアシスタンスに開所した記念に実施された。この実証実験では、ティアフォーをはじめ、関係各社(プライムアシスタンス、 アイサンテクノロジー、 KDDI、 マクニカ)の協力によって、以下ふたつの内容の実証実験が共同で行われた。

1. 運転席が無人の自動運転車両(レベル4)を、 遠隔地の運転手が監視、 緊急時に介入。
2. 4台の自動運転対応車両(うち2台は、 運転席の運転手が緊急時に介入する自動運転走行)が公道走行し、 遠隔地で監視。

 フィールドオートは、ティアフォーからの受託により、損保ジャパン日本興亜の本社ビル(東京都新宿区・西新宿)から、プライムアシスタンスの本社(東京都中野区・中野坂上)までの約1.5kmに及ぶ交通量の多い青梅街道で、レベル3の自動走行を実施した。

 今回は操舵・制動のPIDパラメータや障害物(前方車両や駐車場ゲート)との距離などを、勾配、カーブ曲率、速度等に応じて適応させる工夫を加え、本番の自動走行デモ実験に備えた。デモ走行の動画は、次のとおり公開している。 
 今回のデモ準備の一部として、ティアフォーの協力のもと、プライムアシスタンスの本社からの遠隔操縦実験も行った。下記がその映像。
https://youtu.be/Lq4gILJHtQc

 またフィールドオートは、このたび全国初となる複数台の自動運転車両を同時に遠隔監視する実証実験に参加し、新たな経験と知見を得た。今後も、ティアフォーと共に自動運転社会の早期実現に積極的に貢献したいと考えている。

青梅街道の自動運転走行の様子

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る