テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/21
  • AnimeandManga illustrated編集部

発電効率、世界最高水準の55.2%!川崎重工、自社開発の発電出力100MW級コンバインドサイクル発電プラントの建設工事を初受注

純国産高効率ガスタービン「L30A」

川崎重工は、鹿島南共同発電株式会社から、川崎重工製ガスタービンの最大出力機種である30MW級の純国産高効率ガスタービン「L30A」を用いた自社開発の100MW級コンバインドサイクル発電プラント(以下、CCPP)の建設工事を初受注したと発表した。

純国産高効率ガスタービン「L30A」

 鹿島南共同発電は、鹿島東部コンビナートのエネルギーセンターである鹿島南共同発電所の運営を行なう会社で、周辺工場に電気と蒸気を供給している。
今回の受注は、主要機器である「L30A」ガスタービン3基、排熱回収ボイラー3基および蒸気タービン1基が、すべて川崎重工製で構成される発電出力107MWのCCPPを茨城県神栖市に建設するもので、周辺工場からの需要に応じて電気と蒸気をフレキシブルに供給可能なコージェネレーション設備としての機能を併せ持つシステムを採用している。

 川崎重工は、プラント全体の設計、ガスタービン、蒸気タービン、排熱回収ボイラーの供給、据付および土木建築からなる建設工事一式をフルターンキー方式で請け負い、2020年夏頃の運転開始を予定している。
 世界の電力使用量は、経済発展が著しい東南アジアを中心に増加していくとともに、従来の天然ガス産出に加えて、米国以外の新たなシェールガス供給国の増加も期待され、これにともない分散電源として高効率のガス火力発電所の建設需要は拡大している。なかでも、出力が不安定な再生可能エネルギーの利用拡大などを背景に、新規導入や設備更新が進む分散型発電市場においては、高効率な設備や優れた負荷応答性への要求が顕著である。川崎重工の標準CCPPの発電効率は、世界最高水準となる55.2%(100MW級、再熱式)を達成しており、それらの市場ニーズに応える。再熱式CCPPとは、蒸気タービンの途中段から蒸気を取り出して排熱回収ボイラの再熱器で再加熱し、蒸気タービンへ戻すことで出力の向上を図ったものをいう、

     川崎重工は、今年4月にエネルギー関連事業の強化・シナジー効果の促進を図るため、エネルギー機器の開発、設計、製造を手掛ける部門とプラントエンジニアリング部門を統合する組織改編を行なっている。その成果である今回の受注を契機として、これまでエネルギー分野で培ってきた技術やノウハウの結集を加速し、さらなる製品技術力の向上とプラントエンジニアリング力の強化に積極的に取り組み、エネルギー関連事業をグローバルに展開していく。

【今回受注したCCPPの仕様】
 ガスタービン発電設備  :97MW(L30A×3基)
 蒸気タービン発電設備:10MW(1基)
 総発電出力:107MW
 排熱回収ボイラー蒸発量:合計138t/h

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る