テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/17
  • AnimeandManga illustrated編集部

NSXのための75度バンク専用設計V6エンジン──JNC

世界のエンジン オールアルバム file 037:ホンダ JNC

■JNC
シリンダー配列 V型6気筒
排気量 3492cc
内径×行程 91.0×89.5mm
圧縮比 10.0
最高出力 373kW/6500-7500rpm
最大トルク 550Nm/2000-6000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 スイングアーム
燃料噴射方式 DI+PFI
VVT/VVL In-Ex/×

 新NSX専用のハイブリッドエンジン。3.5ℓV6というフォーマットは同じながらレジェンドに搭載されるJNB型とは関連性はない、新規開発縦置き専用。バンク角は一般的な60度と90度の中間的な75度。高出力の少量生産エンジンらしく、シリンダーは砂型鋳造によるクローズドデッキで、オイルパンはドライサンプ型。ボア壁面はプラズマアーク溶射を施す。ライナーレスでボア径φ91.0mmにもかかわらずボアピッチが102.0mmと大きめなのは、剛性確保のためか。

 バルブトレーンに可変リフトは用意されず、スイングアームがスリッパー式と、ホンダのスポーツユニットとしては異質な細部特徴を持つ。燃料供給はDIとPFIの併用で、ツインターボの最大過給圧は105kPa。先代(C30・C32)から引き継がれたエンジンのバランス調整は、部品の選択組み付けから一歩進んで、完成後のエンジンをフライホイールやクランクプーリー締結ボルト設定で実施する。

直噴はノッキングに厳しい低中回転領域に使用を限定し、常用域での燃焼制御の精度を高める方向。高負荷領域での燃料追加増量にも直噴は加勢する。インジェクターはサイド配置。
吸気経路にバルブを配した「インテークサウンドコントロール」、サイレンサーには「アクティブエキゾーストバルブ」を設置。通過騒音規制を見越してスポーツカーの商品性を高める昨今の常套手段。
Vバンク角は75度というイレギュラーな設定。搭載性を担保しつつ、吸気レイアウトに余裕を持たせ、低重心化を図る観点から設定された。重心高はドライサンプによっても低くなっている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る