テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/08
  • AnimeandManga illustrated編集部

ジェイテクト:CNC円筒研削盤「GL4i-SWITCH」を開発、販売開始

ジェイテクトは、ストレート研削とアンギュラ研削の切替えが可能なCNC円筒研削盤「SelectGⅡ」の後継機としてCNC円筒研削盤「GL4i-SWITCH」を開発し、7月30日より販売を開始する。

開発背景

 2015年、『高精度と生産性を両立するベストマシン』をコンセプトにCNC円筒研削盤「GL4i」を開発し、多くの顧客から好評を得た。2017年はさらなる進化を行うべくIoT時代にマッチするHMI「TOYOPUC-Touch」を搭載し、ユーザーの利便性向上を図った。2018年はといし台切替え機能や熱変位の低減、心間の短いモデル、ワーク重量300㎏仕様等に対する多数の要望を受け「GL4i-SWITCH」を開発した。

製品の特長

1)といし台切替え機能
ストレート、アンギュラ45度、アンギュラ60度の3パターンの切替えが可能

2)安定した研削精度
・アイソレーションカバー、といし軸ファンクーラーを標準付属
・高精度仕様として、主軸台・といし台冷却、リニアスケール仕様等の選択が可能(オプション)

3)豊富なバリエーション
・心間500mm、2000mmの2種類を追加ラインナップ
・ワーク重量300㎏仕様をラインナップ(オプション)
・作業性に優れたフルカバー仕様をラインナップ(オプション)

4)最新HMI
IoT時代にマッチする最新HMI「TOYOPUC-Touch」標準搭載により、操作性、保守性、視認性を向上

製品仕様

センタ間距離 [mm]  500、1,000、1,500、2,000
テーブル上振り [mm]  φ320[φ400]
研削直径 [mm]  φ0〜φ300
センタ間負荷質量 [kg]  150[300]
といし外径 × といし幅 [mm]  φ510 × 75[100]
といし周速度 [m/s]  45
機械寸法(幅 × 奥行)[mm]  3,600 × 1,920(センタ間距離500mmの場合)
主な加工物  工作機械スピンドル、ボールねじ、ツールホルダー、ミッションシャフト、カムシャフト、超硬工具、建機用シャフト等
販売目標  20台/年
メーカー希望小売価格(税抜き)  13,700千円(標準本体 センタ間距離500mm)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る