テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/08
  • AnimeandManga illustrated編集部

AGC:5Gコネクテッドカーに向けた「車両ガラス設置型アンテナ」による5G通信に成功

世界初、28GHz帯対応アンテナで高速走行車両と8Gbpsの超高速通信を実現

AGC、NTTドコモ、エリクソン・ジャパンは、第5世代移動通信方式(5G)コネクテッドカーの実現に向け「車両ガラス設置型アンテナ」(オンガラスアンテナ)を用いた5G通信の実証実験を共同で行った。そして、2018年7月25日(水)に、約100km/hで高速走行中の車両との間で、最大8Gbpsの5G通信に世界で初めて成功した(2018年7月25日現在、ドコモ調べ)。

 実証実験に使用したオンガラスアンテナは、AGCが新たに設計・開発したガラス面に設置できる28GHz帯対応の5Gアンテナ。外観から見えにくく、車両のデザインを損なわずに設置ができる。

 28GHz帯の周波数は、電波の減衰が大きく、遠くまで届きづらいという特徴がある。オンガラスアンテナを車両に設置することで、電波を特定方向へ集中させる「ビームフォーミング機能」や、複数アンテナから異なるデータを同時に伝送して通信速度を向上させる「MIMO機能」を利用した5G電波の送受信を安定的に行うことが可能となり、走行中の車両に対しても安定した高速通信を行えるようになる。

 今回の実証実験では、茨城県の国土技術政策総合研究所において、オンガラスアンテナを設置した車両に対し、ビームフォーミング機能やMIMO機能を利用した5Gの高速通信を行った。そして、走行速度約100km/hの高速移動時で最大8Gbpsの通信に成功した他、走行速度約30km/hの移動時においても、最大11Gbpsの通信を実現し、オンガラスアンテナを用いることで、28GHz帯の高い通信速度を、車両内で享受できることを確認した。

 AGC、ドコモおよびエリクソンは、今後も5Gコネクテッドカーの実現をめざし、車載通信モジュール等の幅広い環境における5Gの活用に向けた取り組みを進めていく。

「車両ガラス設置型アンテナ」を用いた5G通信実証実験の内容

1.実証実験概要と成果

 国土技術政策総合研究所のテストコース(約2.2kmの直線区間)において、オンガラスアンテナおよび5G移動局を搭載した走行中の実験用車両と、コース脇に設置した3つの5G基地局との間で、28GHz帯の周波数を用いた5Gデータ通信を実施した。
 今回の実験では、実験用車両のフロントガラス、両サイドのリアクオーターガラス、リアガラスに合計8素子のオンガラスアンテナを設置し、様々な方向から到来する電波を受信できるようにした。

 垂直・水平偏波に対応した最大4ビームによるビームフォーミング機能と、MIMO機能を組み合わせてオンガラスアンテナで受信をすることで、約100km/hの走行速度で最大8Gbps、約30km/hの走行速度で最大11Gbpsの5G高速通信を実現した。

2.実験期間
2018年6月28日(木)~2018年7月25日(水)

3.使用周波数帯
28GHz帯(帯域幅:732MHz)

実証実験のシステム構成

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る