テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/12
  • AnimeandManga illustrated編集部

ZF:Car eWallet事業を行う新会社を設立

自動運転車、電気自動車の機能を補完する革新的な決済サービス:Car eWalletの市場展開に向け開発を引き継ぐ新会社
ZFは12日、ベルリンにCar eWallet社を設立した。同社が今後、決済サービスCar eWalletの事業を運営する。プロジェクトパートナーのIBM社およびUBS社との6カ月にわたる立ち上げがこの春完了し、今後はこの新会社が本サービスの開発とマーケティングを進める。Car eWalletを使用する事で、ガソリン代や電気自動車の充電費用、有料道路の通行料金、駐車料金、カーシェアリングの支払なども可能。Car eWalletの試験導入は、2018年後半には開始の予定。

 高度な運転支援機能を備えた車や完全自動運転車、電気自動車では、車両が決済サービスと接続している必要がある。それによってはじめて有料道路の走行や駐車料金の支払い、バッテリー充電などの有料サービスを運転者がいなくても利用することが可能となる。ZFは2017年1月にCar eWalletサービスを発表した。これは、自動車メーカー、サプライヤー、サービス事業者、顧客間の技術サービス、デジタル取引、キャッシュレス決済を簡素化する自動車関連サービスの汎用性のある車載決済基盤だ。ZFでCar eWalletの開発に携わり、現在同プロジェクトの責任者を務めるアレクサンダー・グラフ氏は、「現在、Car eWalletは市場展開に向けて開発を進めています」と述べている。

 今後、ZFはCar eWalletの開発およびマーケティングに関する全活動をCar eWallet 社にアウトソースする。同社の立ち上げにあたってはZFがシードキャピタルを投資した。今後の資金は、同社が投資家からの調達を目指す。「我々はベンチャー企業としての俊敏性を活かし、大きな企業組織よりも自由かつ迅速に革新的なアプローチで様々な開発活動を行うことができるようになります」とグラフ氏は説明している。

 IBM社およびUBS社とのプロジェクト段階におけるパートナーシップは、この春に無事完了した。「当社はZFとその製品群との技術的な連携を維持しつつ、同時にCar eWalletを自動車業界全体、そして金融サービス事業者に拡大していきます」とグラフ氏は述べている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る