テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/10
  • AnimeandManga illustrated編集部

ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング:EV化が決定したFIA 世界ラリークロス選手権のバッテリーサプライヤーとして提携

ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングは2020年から2023年までの間、世界ラリークロス選手権車両のバッテリーの単独サプライヤーとなることをFIA(国際自動車連盟)と合意した。

 マニラにて開催された世界モータースポーツ評議会において、2020年より現行の「FIA世界ラリークロス選手権」を電気自動車によるレースカテゴリーに変更することが採択された。この時、ABB FIA フォーミュラEにおいて大会初年度からサプライヤーとしての実績があるウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが同じく単独サプライヤーとして選定された。

 ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングのCraig Wiliams氏は「ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングはFIA世界ラリークロス選手権の電気化への大きな力となれることをうれしく思う。我々はFIA フォーミュラEを開催初年度からサプライヤーとして参加しており、世界レベルの支援をラリークロス選手権参加チームに提供できるだろう」とコメントした。

 ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングはバッテリー分野におけるデザインや流通技術のイノベーションが評価され、英国の企業に授与される賞では最高の誉れである2018年英国女王賞・企業部門を受賞している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る