テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/30
  • AnimeandManga illustrated編集部

クルマが暴れたと思ったらさらにアクセルを踏めばいい。AWD その2 日産GT-R編

雪上AWDドライブで日産GT-Rはどうだったか?

日本が世界に誇るスポーツカー、日産GT-Rは、FRベースのAWDだ。日産GT-Rを雪道に連れ出して、その駆動方式、特徴を考えてみる。

日産GT-Rは、フロントに3.8ℓV6ターボ(VR38DETT)を積み、車両後方に配置されるトランスミッション(DCT)を介して車輪に駆動力を伝える。DCTは、GR6型である。トランスミッションの前方右下に配置されるアテーサETS機構は、GKNのEMCDを使う。ソレノイドとカム+湿式多板クラッチ構造で、オンデマンドAWD化している。トルクチューブを使ってエンジンからトランスミッションに伝えられたトルクは、GR6からGKNのEMCD〜トランスファーで前輪へ送られる。

日産GT-Rの雪上コーナリング
日産GT-Rの雪上坂道発進
GKNドライブラインのEMCD

GT-Rは、その素性通り基本的にFRの特性を持つ。リヤが滑り出すとフロントにも駆動力を流す制御だが、実際に走らせてみるとコーナーでお尻が出てもESCが働く。前輪が地面を掻いている感触はあまりなく、ひたすら強大なパワーで後ろから押されている印象だ。
旋回においても前輪のスリップ角がつき気味で、アクセルを開けてリヤが滑り出すとESCあるいはフロント駆動で姿勢を立て直す。センターデフ式のように、トラクションも使ってハンドルを切った方向に前からも引っ張っていくという感じではない。

コーナーに進入してリヤが横滑りすると、まず制御で姿勢を作り、そこからアクセルコントロールしようとドライバーがペダルを踏むと前輪が掻いて姿勢を立て直す。つまり、クルマが暴れたと思ったらさらにアクセルを踏めばいいという特性を持つのが日産GT-RのAWDである。

日産GT-R
車両重量:1770kg
前後重量配分:55:45(前軸970kg/後軸800kg)
前後トルク配分:0:100〜50:50
試乗車タイヤ:ダンロップ GRASPIC DSX(前255/40R20 後285/35R20)
タイヤ指定空気圧:前後200kPa

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
showroom-kiev.com.ua/

магазин книг

прорезыватель