テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/28
  • AnimeandManga illustrated編集部

愛知製鋼「リングギヤ用熱間ローリングミルライン」建設着工

次世代車を含む需要拡大を見据えた国内トップレベルの高速生産ライン構築

新熱間ローリングミルライン(イメージ)
愛知製鋼株式会社は、鍛造・鋼材分野の生産プロセス改革における鍛鋼 一貫モノづくりの競争力強化と、同社の主力鍛造品であるデファレンシャルリングギヤのタイムリーな供給対応を目的に、新たな熱間ローリングミルラインの建設に着手することを決定し、1月15日に起工式を行なった。

デファレンシャルギヤ

本ラインの特徴は、これまでの愛知製鋼の特徴である高歩留り・高速生産性を維持しつつ、将来のグローバル展開を見据えた新開発の縦型ローリングミルを採用したことで、電動サーボによる数値制御で作業者のスキルに依存しない生産を可能としていることにある。
ローリングミルとは、ドーナツ状に成形した製品を圧延し外径を広げる工法で、愛知製鋼が得意とする工法のひとつ。
さらに、金型を縦型に配置することで、部品点数を低減し設備のコンパクト化を図るとともに、成形工程で発生する酸化スケールの巻き込みを防止することで、高品質を実現している。
また、段替時間の短縮による小ロット化を実現するとともに、熱処理工程を一貫化することでリードタイムの短縮を図 り、省エネルギー化やCO2排出量削減にも貢献する。
今回の熱間ローリングミルライン導入を皮切りに、HV、PHV、EV、FCVなどを含め、グローバルでますます需要拡大が予想されるデファレンシャルリングギヤの生産性および競争力をいっそう強化することで、次世代自動車を見据えたモノづくりに貢献していく。

【デファレンシャルリングギヤ用熱間ローリングミルライン整備概要】
1.建設内容::ディファレンシャルリングギヤの鍛造から熱処理工程まで一貫した高速自動鍛造ライン
2.設置場所:愛知製鋼 鍛造工場内(東海市新宝町)
3.設備構成:高周波加熱炉、トランスファー搬送式自動プレス、ローリングミル、FIA炉、搬送装置(産業用ロボット)
4.生産品目:デファレンシャルリングギヤ
5.生産能力:約18万個/月
6.稼動開始:2019年3月 (予定)
7.投資額:18億円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
progressive.ua

Узнайте про интересный интернет-сайт , он описывает в статьях про https://imagmagnetsns.ua.
https://aboutviagra.info