テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/16
  • AnimeandManga illustrated編集部

ボッシュ:後付けeCall 用デバイスを使い福岡市のテレマティクス実証実験に参加

ドライバーの運転行動データを可視化させ、福岡市の交通安全向上計画達成への貢献を目指す

シガーソケットに挿入して使用する「テレマティクスeCallプラグ」
グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュは、加減速やハンドル操作といった運転行動に関するデータを収集するドングルを使って、福岡市がIoT向け通信ネットワークを検証する実証実験に参加する。

ボッシュが開発したシガーソケットに差し込む後付けeCall用デバイス「テレマティクス eCallプラグ(通称:ドングル)」には、3軸の加速度センサーとセンサーが 検知したデータを計算するアルゴリズムが組み込まれ、ブレーキ、加減速、 ハンドル操作といった運転行動データだけでなく、衝突事故を検知することができる。専用のスマートフォンアプリとドングルが通信することで、収集されたデータがアプリ経由でサービスプロバイダーのもとへ送信される。これにより、ドライバーの運転行動情報を収集したり、衝突事故が起きた際に自動でコールセンターへ通報するeCall(自動緊急通報)の提供が可能になる。テレマティクスeCallプラグは、2018 年後半には米国でも販売される予定。2018 年後半には米国でも販売される予定。

今回の実証実験では、約100名のモニターとなるドライバーを募集し、ドングルを搭載したうえで、最大2ヶ月間運転行動データを収集する。実証実験で収集されたデータを解析することで運転行動の可視化が可能になり、急ブレーキ多発地帯のハザードマップを作成するなど、交通安全の向上に寄与するサービスが実現する可能性がある。

実証実験により収集されたデータは、福岡市が策定した第10次福岡市交通安全計画達成に貢献するため、福岡市に提供される。この実証実験には、ジャパンシステムとソフトバンクがパートナーとして参加。ボッシュはドングルとデータを解析するソリューションを提供し、ジャパン システムは収集したデータの可視化を担う。ソフトバンク株式会社は、今回の実証実験の結果をもとにデータを用いたサービスの開発を検討する。

【モニター募集要項】
- 応募フォーム: https://www8.webcas.net/form/pub/japansys/fukuoka0
- 応募資格:運転免許証を所有し、福岡市在住で日頃から運転にご協力して頂ける
方で且つ、利用可能なスマートフォンiPhoneをお持ちの方。尚、提供するアプリは、iOS10.0 以上に対応しています。
- 募集期限: 2018年1月31日(水)
※ 但し、期限内で定員に達した場合、募集を締切りさせていただきます。
- 募集人員: 100名
- 実施期間: 2018年2月10日(土)~4月22日(日)まで

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://militarycenter.com.ua

pillsbank.net

all-diplomer.com/diplomy-bakalavra/