テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/12
  • AnimeandManga illustrated編集部

SUBARU:XV/インプレッサが2017年ユーロNCAPのベスト・イン・クラス・セーフティ賞に

「乗員(成人)保護」「乗員(幼児)保護」「歩行者保護」性能試験においてクラストップの得点を獲得

XV、フロントオフセット衝突テスト後
SUBARU XVとインプレッサが欧州の2017年ユーロNCAPにおける最高評価「ファイブスター」獲得全車中トップとなる「ベスト・イン・クラス・セーフティ賞」をスモールファミリーカー部門において受賞した。

SUBARU XVおよびインプレッサ(欧州仕様車)が、2017年ユーロNCAP(欧州で自動車の安全性能を評価する唯一の公的機関。1997年設立)における最高評価「ファイブスター」獲得全車中で、トップとなる「ベスト・イン・クラス・セーフティ賞」をスモールファミリーカー部門において受賞した。

スモールファミリーカー部門で試験されたのは下のクルマたち。

 アルファロメオ・ジュリエッタ(★★★☆☆)
 フィアット・プント(☆☆☆☆☆)
 キア・ストニック(標準★★★☆☆/セーフティパック仕様★★★★★)
 MG・ZS(★★★☆☆)
 シトロエン・eメアリ(★★★☆☆)
 ホンダ・シビック(再評価★★★★★)
→スバル・インプレッサ(★★★★★)
→スバル・XV(★★★★★) 
 キア・リオ(標準★★★☆☆/セーフティパック仕様★★★★★)
 オペル/ヴォグゾール・アンペラe(★★★★☆)
 ホンダ・シビック(★★★★☆)
 ヒュンダイ・i30(★★★★★)
 
ライバル勢もファイブスターを獲得しているが、それでもなおXV/インプレッサがベストに輝いたのは、「乗員(成人)保護性能」「乗員(幼児)保護性能」「歩行者保護性能」「安全支援性能」の各項目で最高得点を叩き出したおかげ。それらの総合評価が星の数と考えたほうがわかりやすいだろう。

ちなみにほかの部門については以下のとおり。 

 「エグゼキューティブ部門」フォルクスワーゲン・アルテオン
 「ラージ・オフロード部門」ボルボ・XC60
 「スモール・オフロード部門」フォルクスワーゲン・T-Roc
 「スーパーミニ部門」フォルクスワーゲン・ポロ
 「スモールMPV部門」オペル/ヴォグゾール・クロスランドX
 「スモール・ファミリーカー部門」スバル・XV/インプレッサ(!!!!!)

XV、フロントフルラップ衝突テスト後

安全性能の更なる進化にも貢献するSUBARU GLOBAL PLATFORMを新たに採用したSUBARU XVとインプレッサは、「乗員(成人)保護性能」「乗員(幼児)保護性能」「歩行者保護性能」についてスモールファミリーカー部門最高得点を獲得するとともに、SUBARU独自の運転支援システム「アイサイト」を標準装備し、「安全支援性能」についても高い評価を得た。

SUBARU XVとインプレッサは、JNCAP(Japan New Car Assessment Program、国土交通省と自動車事故対策機構が実施する自動車の安全性能評価)においても過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評大賞(衝突安全性能評価ファイブスター賞対象車種で、衝突安全性能評価の得点が従来の最高得点を超えた車種に与えられる)」を受賞している。

インプレッサ、側突テスト(photo:すべてeurocap)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.1cs.com.ua

https://shah21.com.ua

https://farkopi.com