テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/09
  • AnimeandManga illustrated編集部

ZF:AIコントロールボックスが百度の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社(以下ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表する。両社の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZFがアメリカの半導体メーカーNVIDIA社と共同で開発した車載AI・ProAIを活用している。この新しいテクノロジーは、カーシェアリング企業であるPand Auto社(以下、Pand Auto)の電気自動車に搭載され、デモンストレーションが行われている。

2017年秋、ZFと百度は中国市場における自動運転技術の開発を目的とした戦略的提携関係を締結。それから四か月が経過して、自動運転用コンピュータであるZF ProAIを活用した最初のアプリケーションが開発された。

このシステムは、例えばホテルの玄関口などで運転者が降車し、人間がステアリングやペダル等の操作をする事なしに自律走行でパーキングスペースに移動・駐車する事をサポートする。駐車場から出庫し、運転者や乗員の乗車場所までの移動も自動で行う事が可能。

ドライバーが行う全ての思考を代行するのは、ZFのインテリジェントコントロールボックス。これを活用し、スマートフォンのアプリを使って操作する。このシステムは、車載センサーとcar-to-xコミュニケーションから得られたデータを分析し、必要な指示がステアリングやブレーキシステムなどのアクチュエータに送られる仕組みで、中国最大のカーシェアリング企業の一社であるPand Auto社のテスト車両に搭載された。

「昨年のCES2017で発表したNVIDIA社との提携から一年、ZF ProAIの生産体制が整いました。百度とのプロジェクトによって、当社のAI技術が自動運転の進歩を加速させるとともに、モビリティ業界への新規参入企業による革新的なサービスの提供を容易にさせるものだという事を証明しています」と、ZFのアドバンスエンジニアリング責任者のトーステン・ゴレウスキーは語っている。

百度のインテリジェント・ドライビング・グループのゼネラルマネージャーZhenyu Li氏は以下の様に付け加えた。「高精細マップのリアルタイムでの処理など、膨大なデータを扱う事の出来るZFのコンピュータシステムは我々の自動運転アプリケーションに理想的です。また、人工知能やディープラーニングとも組み合わせ、現状、自動車に求められている機能全てに対応できます」

この自動駐車システムは、自動車メーカーおよびモビリティ業界から求められている機能である。当プロジェクトは、カーシェアリング企業の運営コストを大幅に削減しながら、顧客の利便性向上も実現する事を第一の目標としている。システムを搭載したPand Auto社のテスト用電気自動車は、CES2018に先立ち、本日カリフォルニア州シリコンバレー中心地で開催されているイベントで初公開されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://www.alt-energy.in.ua

look porn4you.info