テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/12/26
  • 遠藤正賢

2018年5月より異常破裂の危険性が高いタカタ製エアバッグのリコール未改修車は車検NG!

国交省、タカタ製エアバッグのリコール改修促進策を正式発表

国土交通省は12月8日、インフレ―ター(ガス発生装置)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているタカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両(自動車メーカー9社、97車種、約130万台(10月末時点))について、2018年5月より、車検を通さない措置を講じることを正式に発表した。

タカタ製エアバッグについては、2009年以降リコールを実施しており、未改修車に対し車検時に警告文の交付や職員による個別宅への訪問などを行っている。だが、今年10月時点で国内の改修率は83.2%に留まっており、今なお約320万台の未改修車が残っている。しかも、異常破裂による死者が、全世界で少なくとも18人に達している。

そのため、異常破裂する危険性が高い未改修車は車検を通さない措置を取ることで、一刻も早くエアバッグを対策品に交換するよう促すこととなった。

対象車両は、施行日までに車検時に警告文を交付するなど、すでにユーザーに対して改修の必要性について周知している、2016年4月以前にリコールの届出が行われた、異常破裂する危険性が高い特定のインフレーターを使用したエアバッグを搭載した未改修車約130万台。

これら約130万台は、異常破裂の原因が特定されているか、予防的リコールのうち国内で異常破裂したインフレーターと同じ、2010年以前のSDIタイプ(運転席用)またはSPIタイプ(助手席用)を使用したエアバッグの装着車が対象となっている。

今回の措置に伴い、ユーザーやディーラー以外の整備工場は、自動車メーカーがWebサイトに構築した検索システムを活用し、車検を受けようとする車両が措置対象未改修かどうかを確認。該当する場合には、ディーラーなどで改修を行った上で車検を受けなければならない。

また、車検申請を受けた運輸支局などは、自動車登録検査業務電子情報処理システム(MOTAS)などで自動判定し、措置対象未改修車両の場合は車検で有効期間を更新しない対応を取る。

国交省は「本措置の対象車両のユーザーの皆様は、車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします」と述べ、早期対応を強く促している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Был найден мной нужный портал , он описывает в статьях про np.com.ua.
Поможем вам подобрать и https://xn--e1agzba9f.com в любом городе.
www.proffitness.com.ua