テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/27
  • AnimeandManga illustrated編集部

【東京モーターショーTECH】ガラスよりはるかに軽量! 豊田自動織機 樹脂製バックウィンドウ

ワイパーに対する耐傷付き性を克服

バックドア全体の様子。ボディ同色の白い部分は樹脂外板。リヤワイパーに対応したPGでECE(国連欧州経済委員会)規格をクリアしているものは珍しい。
豊田自動織機はワゴンやSUVへの使用を想定した樹脂製バックウィンドウを開発した。ガラスで作るよりもはるかに軽量化できるのがメリットである。ブレークスルーは、耐傷付き性の向上だ。
TEXT & PHOTO:牧野茂雄

豊田自動織機が開発したのは、リヤクォーターウィンドウとバックウィンドウ、さらにルーフスポイラーまで一体化された大型の樹脂グレージング(以下=PG)を使ったウィンドウである。厚みは5mm程度で素材はポロカーボネート。同じ面積をガラスで作る場合に比べて約40%の軽量化が可能だと言う。

最大のポイントはリヤワイパーを動かしたときの「引っかき」に対して樹脂窓表面の耐傷付き性が保証されている点だ。ワイパーブレードとPG表面との間に細かい砂粒が入った状態でワイパーを作動させると傷付きの原因になる。この問題を克服するため、特殊なハードコーティングが開発された。この点が最大のブレークスルーである。

リヤコンビネーションランプはPG内に収まるため、分割線がまったくない。よく見るとリヤクォーターウィンドウとリヤウィンドウが一体であることがわかる。
ルールスポイラー部分のスリットもリヤウィンドウと一体成形されている。リヤクォーターウィンドウはボディサイド後端に張り出し、側面の気流を乱さない造形。そこからリヤウィンドウに連続する一成形部分は、一度インバース(凹んだ)面になったあとで湾曲したリヤウィンドウのカーブになる。ガラスでは絶対にできない造形だ。

もう一点は大型で複雑な局面を持ったPGを歪みなく成形する製造技術だ。豊田自動織機は過去にプリウスαのパノラマルーフやトヨタ86特別仕様の熱線デフォッガー入りバックウィンドウなどを製品化してきたが、そうした実績をベースに複雑な形状の再現性やスモークガラスを再現する着色技術など、製造技術面でのブレークスルーを行った。すでに技術面では市販可能だと言う。

今回の展示は、ボディ外板となる部分も樹脂部品で仕上げてある。このサイズのバックドア全体を鉄とガラスで作ると重量は40kgほどになるが、豊田自動織機の試作品は20kg程度に収まっている。リヤオーバーハングの重量軽減という点でも注目すべき技術である。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Наш авторитетный веб портал со статьями про форд мондео цена ford.niko.ua
Наша организация предлагает готовые шторы в спальню купить украина в любом городе.
kls-agency.com.ua