テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/20
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

進化するW12エンジン 新型コンチネンタルGTのW12TSI

ベントレー新型コンチネンタルGTのW12ツインターボ[フランクフルト・モーターショー2017]

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランクフルト・モーターショーのベントレーのブースにはフルモデルチェンジを果たしたコンチネンタルGTが搭載する6.0ℓW型12気筒ターボが鎮座していた。

新型ベントレー・コンチネンタルGTが搭載するW12エンジンは、新型に合わせてさまざまな改良が施されている。

そもそも、W型の自動車用エンジンをもっているのは、現在ではVWグループだけだ。ブガッティ・シロンが搭載するW型16気筒とベントレーが搭載するW型12気筒である。コンチネンタルGTが搭載するのは、ターボ版の6.0ℓW12TSIである。
高級車用に特化した少量生産のW12だけに、294の部品を6.5時間かけて手組みされる。

TSIの名前通り、燃料噴射は直噴だ。今回、直噴にMPI(マルチポイントインジェクター=ポート噴射)を組み合わせている。つまりDI/PFI併用になったわけだ。
直噴の噴射圧は20MPa(200bar)、MPIは6barである。DI/PFIを併用するのは、燃費向上とPN(パーティキュレート・ナンバー)対策だ。

CO2排出量は278g/km。ユーロ6フェイズ2とUS ULEV 125(LEV3)に対応。CO2排出量は先代コンチネンタルGTより16%も改善されている。

シリンダー表面には、大気圧プラズマスプレー(APS)法を用いたコーティングを施している。もちろんフリクション低減のためだ。

エキゾーストマニフォールド一体型のターボはツインスクロール・ターボである。
燃費対策は、このクラスとしては徹底していてギヤが3速ー8速で3000rpm、300Nm以下の場合、エンジンの片バンクが止まる気筒休止システムを搭載している。もちろん、スタート/ストップシステム、コースティング機能も搭載している。

エンジンマネジメントシステムは最新世代のボッシュMG01を採用。デュアルECUアプリケーションで作動する。ハードウェアで毎秒3億回の計算を実行する一方、ベントレーのエンジニアは、1500近くの機能に対して5万項目のソフトウェア設定を最適化したという。
エンジンマウントはアクティブ式。
組み合わせるトランスミッションは、8速DCTである。これは新型ポルシェ・パナメーラと同じZF製8速DCTだろう。

巨大なW12ターボで得られるパフォーマンスは0-100km/h加速:3.7秒、最高速度:333km/hである。

新型ベントレー・コンチネンタルGT

6.0ℓW12TSI
W型12気筒DOHCツインターボ
排気量:5998cc
ボア×ストローク:84.0×90.2mm
最高出力:467kW(635ps)/6000rpm
最大トルク:900Nm/1350-4500rpm
ブロック材:アルミ合金
燃料噴射方式:筒内燃料直接噴射(DI)
可変バルブタイミング:In-Ex

W12のシリンダーブロックを見てみよう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated