テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/20
  • AnimeandManga illustrated編集部

パイオニアとHERE Technologies が業務・資本提携

自動運転時代に向けたグローバルな地図ソリューションの実現を目指す

自動運転技術と地図ソリューション、次世代位置情報サービス面での協力体制をとるパイオニアとHEREが、業務・資本提携し、地図を活用した事故リスク予測プラットフォームとADAS ソリューションの開発を進めることに合意した。(以下プレスリリース)

パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、社長:小谷 進、以下「パイオニア」)とオランダの地図および位置情報サービスのグローバルプロバイダーであるHERE Technologies
(本社:オランダ・アムステルダム、社長:Edzard Overbeek、以下「HERE」)は、2017 年9 月19 日、業務提携および資本提携に関し合意した。

1.業務・資本提携の目的

2015 年9 月以来、パイオニアとHERE は自動運転の開発に貢献することが可能な、それぞれが保有する技術の活用について協議してまいりました。2016 年5 月11 日、自動運転向け地図データの効率的な更新・運用を可能にする“データエコシステム”の開発にパイオニアの「3D-LiDAR」センサーを活用する実証実験に合意したことに続き、2017 年2 月8 日、グローバルな地図ソリューションと自動車業界などさまざまな業界向けの次世代位置情報サービスにおいて、戦略的な提携を進めていくことに合意しました。また、2017 年6 月26 日、パイオニアの子会社で地図事業を担うインクリメント・ピー株式会社(本社:東京都文京区、社長:神宮司 巧、以下「インクリメントP」)およびHERE は、自動運転時代に向けたグローバルな地図ソリューションの実現を目的とした基本契約を締結しています。
このたび、パイオニアとHERE は、ドライバーの安全性を高めることを目的としたグローバルなテレマティクス保険市場向けに、地図を活用した事故リスク予測プラットフォームとADAS ソリューションの開発を進めることに合意しました。さらに、両社は、業務提携を確実に進めていくために、資本提携についても合意しました。この資本提携により、両社の戦略的提携は、より緊密なものとなると考えます。

2.業務・資本提携の内容

2-1 グローバルなデジタル地図サービスHERE とインクリメントP は、従来より提供しているデジタル地図データのグローバルな提供において協業を進めています。両社は、各々が保有するデジタル地図データを既存および将来の商品やサービスに活用することが可能となり、今年中にグローバルにデジタル地図データの提供を開始する予定です。また、両社は、共通フォーマットなど一貫性のあるグローバルデジタル地図データの供給を検討していく予定で、これにより顧客にも品質管理などのメリットを提供できるものと考えます。

2-2 自動運転をサポートするグローバル高精度地図サービスHERE とインクリメントP は、安全・快適で効率的な自動運転を可能とするために必須となる高精度地図の共用化に向けて評価を開始しており、今後、自動運転車両メーカー向けに、グローバルで一貫性のある高精度地図データの提供を目指します。また、両社は、それぞれ日本で高精度地図の協調領域における基盤を提供するダイナミックマップ基盤株式会社の活動と連携して
いきます。インクリメントP は同社の出資者の一員であり、HERE は同社と高精度地図制作における協業に向けての議論を開始しています。

2-3 グローバルなテレマティクス保険市場向けに地図を活用した事故リスク予測プラットフォームおよびADAS ソリューションの開発
パイオニアとHERE は、両社の技術を活用したADASソリューションの開発について協業を進めています。地図および位置情報技術を活用し、自動車の速度や交通情報、天候、災害情報などの情報から、ドライブ時の事故リスクを予測するソリューションの開発を目的とし、保険業界を最初のターゲットに取り組みを進めていきます。

このほか、両社では、パイオニアが開発中の「3D-LiDAR」センサー技術を活用し、自動運転用地図の更新・運用を行う“データエコシステム”の開発検討のほか、自動車業界などさまざまな業界向けにパイオニアの市販用デバイスから収集したデータをHERE の位置情報サービスへ活用する検討や、HERE とインクリメントP の両社が地図を供給している地域については、両社のメリットが活かせる協業の可能性を検討していくなど、継続して協業を進めてまいります。

2-4 資本提携
パイオニアとHERE は、株式を相互に保有することにより、上記の業務提携を確実に進めていくことに合意いたしました。HERE は、パイオニアが新規に発行する普通株式11,117,500 株(本日現在の発行済株式総数に対する割合:約3%)を総額17,343,300 ユーロで取得します。一方、パイオニアは、AUDI AG、BMW Group、Daimler AG による持株会社であるThere Holding B.V.より、同社が保有するHERE の株式(本日現在の発行済株式総数に対する割合:1%未満)を同額で取得することについて合意しました。両取引のクロージング日は、2017 年10 月5 日を予定しています。

3. 日程

2017 年9 月19 日 パイオニア:取締役会決議
同日 業務・資本提携に関する合意書締結

4. 今後の見通し

本業務・資本提携は中長期的な業績の向上に貢献するものと考えますが、パイオニアの2018 年3 月期の業績に与える影響は軽微なものと考えています。


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации важный сайт про направление купить диплом http://all-diplomas.com
Провирон-вер

Написать текст на польском