テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/07/27
  • AnimeandManga illustrated編集部

HERE、複数の自動車メーカーからライブデータを収集する次世代の交通情報サービスを開始

アウディ、BMW、メルセデス・ベンツのライブ車両センサーデータを活用

HEREの「Real-Time Traffic」は、運転手へ交通情報を提供すると同時に、 車両のADASアプリケーションから取り込むことも可能。 配車サービス会社、都市、道路交通機関、 物流会社によって幅広く利用されています。
コネクテッドカー時代に向けて、各自動車メーカーは実際に走行する車両から入手したデータをもとに、リアルタイムな交通情報などのサービス提供を進めている。しかし、それはあくまで同じメーカーの車両を所有するユーザー間に有効な情報にすぎない。

オランダのHERE社は、次世代の交通情報サービスである「HERE Real-Time Traffic」を発表した。
これはアウディ、BMW、メルセデス・ベンツの3社の車両から、ライブ車両センサーデータと実際にクルマが走行した位置や車速情報を収集する業界初のグローバル・サービスとなる。

「HERE Real-Time Traffic」は、安定した基盤提供に向けて、すでに商用車から日々、何十億ものGPSのデータポイントを集約し、100種類以上の異なるプローブやインシデント情報のソースを活用している。2018年以降は、これらに加えて競合する3社の車両ボリューム拡大が見込め、膨大なデータ量が集約されることで、より高確度、かつ高精度な交通情報がタイムリーに通知されることになる。

さらには蓄積された豊富なライブデータをもとに、走行車線ごとに管理した交通状況や事故情報の提供や、現状処理を進めている急ブレーキセンサーデータを活用するなど、将来の自動運転化を見据えて、より安全で、より効率性を高めたサービスの実現を目指すという。





自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る