テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/06/09
  • 遠藤正賢

【オートサービスショー2017】イヤサカ・パネルリペアシステム

アルミや樹脂、超高張力鋼板など軽量素材の軽微な損傷を短時間で安価に修理

「アル・T-ホットボックス」を用いたアルミボンネット凹み修理実演の様子。ペンを当てては戻す操作を数回繰り返すだけで、凹みが徐々に戻っていった
ディーラーやカー用品店のピット、整備工場、鈑金塗装工場などで使われるクルマの整備・修理用ツール・機器類の展示会「オートサービスショー2017」が6月1~3日の3日間、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催された。

「オートサービスショー」は、日本自動車機械工具協会という、自動車整備・修理用ツール・機器類(自動車機械工具)の商社を中心にメーカーなども会員となっている業界団体が主催しており、1948年の第1回よりほぼ2年に1度、過去35回開催されている、自動車アフターマーケット業者向けの展示会。その中から、ユーザーがクルマのメンテナンスを受ける際に役立つ整備機器をピックアップする。
イヤサカが扱うスイス・ベータグイノベーション社の「パネルリペアシステム」。写真は鋼板修理用「フラットライナー」(手前)および「T-ホットボックス」(ボンネット上)

自動車機械工具四大商社のひとつであるイヤサカ(大山喜佐男社長、本社:東京都文京区)は近年、鈑金塗装用ツールの拡充に注力しており、2015年からはスイス・ベータグイノベーション社の「パネルリペアシステム」を輸入・販売している。

「プラスチックリペア」を用いたバンパーひび割れ修理実演の様子。PPの薄い板に熱を加えて損傷個所に溶かし込み、大型のペンチで挟み込んで、冷やしながら形を整えていく

「パネルリペアシステム」は鋼板の小さな凹みをIH(誘導加熱)で簡単に引き出せる「T-ホットボックス」をはじめ、超高張力鋼板の大きな凹みにも対応する引き出し鈑金ツール「フラットライナー」、同じくアルミパネル用の「アル・フラットライナー」、バンパーなど樹脂パネルの擦り傷やひび割れを修復できる「プラスチックリペア」などで構成されており、様々な素材の外板修理に対応できるのが特徴。

今回のオートサービスショー2017では、アルミパネルの小さな凹みをIHで引き出す「アル・T-ホットボックス」が新製品として初公開され、その修理作業実演も行われた。

アルミパネル用の「アル・フラットライナー」(手前)と「アル・T-ホットボックス」(ボンネット上)

作業そのものはいたって簡単で、「ペン」と呼ばれるスイッチ付きの加熱ツールを、アルミパネルの凹んだ部位に当て、スイッチを押して1秒弱通電、離していったん冷やすのを数回繰り返すだけ(凹みの大きさによっては外側から内側へ絞っていくなどのコツが必要)。1ヵ所あたり1分もかからずに凹みが消えた。

昨今のクルマでは軽量化による燃費・運動性能向上のため、超高張力鋼板やアルミ、樹脂などの採用車種・部位が急速に拡大している。だが、これらの素材はいずれも加熱しすぎれば大幅に強度が低下し、その後冷却しても元の強度にまで回復しない傾向にあるため、損傷した個所を元に戻すには修理せず部品ごと交換するのが一般的だ。

しかしながら、2012年10月から自動車保険の等級制度が改定され、クルマの修理に保険を使えばほとんどのケースで3等級下がるだけではなく、割引率が半分程度になる「事故有係数(じこありけいすう)」が3年間適用されるようになったため、軽微な損傷では保険を使いづらくなっている。

さりとて自腹を切っても部品を交換すれば少なくない出費となるため、結局直さずそのまま走り続けるクルマは確実に増加した。あいおいニッセイ同和損害保険によれば、同社の請求棄却率(保険会社に事故を報告しながら最終的に自動車保険を使用しなかったケースの割合)はすでに約3割に達している。こうした中、軽量素材が用いられた部位でも短時間でキレイに、不具合なく修理できるツールが開発され、徐々に普及しはじめている。

走りに支障を来すほどではないが、凹みや傷がついていて気になる、でも直すにはサイフへの負担が重い……と悩み諦めていた人も、これからは今後安く修理できるお店が増えることで、キレイな状態でクルマに乗り続けやすくなることだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
ворсистый ковер

www.profvest.com

http://casinoworld123.info