テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/06/08
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

[Honda Meeting 2017] クラリティ・シリーズの本命 PHV

日本発売も視野に入れるクラリティPHV

クライティ3兄弟。右からFCEV、PHV、EV、だ。
ホンダ・ミーティングでは、クラリティ・シリーズとして、燃料電池車(Fuel Cell)、電気自動車(Electric)、そしてPlug-In Hybridが勢揃いした。クラリティFCVは、すでに国内デビューを果たしているが、EVとPHVは未導入(北米では発表済み)。3兄弟のなかでも日本導入が予定されているPHVはどんなクルマなのだろうか?

クラリティは、2016年に登場した燃料電池車(FCV)でデビューしているが、当初から、BEV(バッテリーEV=電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)の開発を前提に企画されたという。当然、3種類のパワートレーンを想定したプラットフォーム開発が行なわれた。

ホンダがクラリティPHV=正式にはCLARITY PLUG-IN HYBRID」(クラリティ プラグイン ハイブリッド)と電気自動車「CLARITY ELECTRIC」(クラリティ エレクトリック)を発表したのは、2017年4月のニューヨーク国際オートショーだ。

2017年中に、クラリティ プラグイン ハイブリッドは米国で販売を開始し、クラリティ エレクトリックはカリフォルニア州とオレゴン州でリース販売する。ホンダ・ミーティング内での取材では、エレクトリックは国内導入の計画はないが、プラグイン ハイブリッドは日本国内での導入が予定されているという。

同一プラットフォームでPHEV、FCV、電気自動車(EV)をそろえるのは「世界初」(ホンダ)だという。写真をよく見ていただければわかるように、クラリティ・シリーズは細部が異なるデザインとなっている。

では、クラリティ・プラグイン ハイブリッドはどんなクルマなのか?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
раскрутка сайта харьков

http://www.steroid-pharm.com

read more generico-pro.com