AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > 自動車 > 自動車業界動向 > 【最新!】世界自動車メーカー売上高ランキング  販売台数では圏外の「あの高級車メーカー」が上位に!!

【最新!】世界自動車メーカー売上高ランキング  販売台数では圏外の「あの高級車メーカー」が上位に!!

【モーターファンテック・キャリアから、転職にも役立つ最旬プレミアム情報を特集します】

最新のデータによると、世界の自動車メーカーで最も販売台数が多かったのはVWでした。では、最も売上高が高かったメーカーは・・・?

販売台数では目立たない、「意外な企業」が、上位にランクインしています!

オートモーティブ・ジョブズでは、最新技術の開発状況や自動車メーカーで働く人の動向など、自動車業界に関するさまざまな話題を取り上げます。
「自動運転って実際どこまで実現しているの?」という技術的な話題から、エンジニアのキャリア、大手自動車メーカーの年収事情まで…独自調査したデータやインタビューと合わせてお伝えします。

売上高トップ5 1位はトヨタで29.4兆円

最新の決算資料をもとに年間の販売台数が100万台を超える自動車メーカーの売上高を集計し、ランキングを作成しました。

2017年の売上高トップはトヨタ自動車。売上高は29兆3795億円で、前年から6.5%増えました。販売台数ではトップから陥落しましたが、売上高では1位の座を守っています。

2位はVW(フォルクスワーゲン)で、売上高は29兆2043億円(現地通貨ベースで6.2%増)。販売台数では世界トップを誇るものの、売上高ではトヨタに次ぐ結果となりました。

3位のダイムラーは、7.2%増の20兆8042億円を売り上げました。販売台数では12位でしたが、高級車ラインのメルセデス・ベンツ・カーズブランドが売り上げを支えており、売上高では上位にランクイン。自動車販売以外でも、商用車向けの金融子会社「ダイムラー・ファイナンシャルサービス」が3兆円以上を稼いでいます。

4位はフォードで売上高は17兆5903億円(3.3%増)でした。

5位のGM(ゼネラル・モーターズ)はトップ5の中で唯一の減収で、売上高は16兆3350億円(2.4%減)でした。赤字続きだったオペルとボクスホールを仏PSAに売却し、欧州事業から撤退したことが響きました。今後は自動運転や電気自動車の開発やモビリティサービスへの出資に投資し、収益力を高めていく方針です。

【総合ランキング】自動車メーカー20社の売上高と純利益を一挙に

前年と比べて売上高が大きく伸びたのは、12位のPSAと16位のスズキです。20.7%増加したPSAは8兆2556億円を売り上げました。GMから買収したオペルが販売台数を引き上げ、増収に貢献しています。

18.5%増加したスズキは3兆7572億円を売り上げ、前年の18位から2つ順位を上げました。主力市場のインドではシェア1位を握っており、販売台数で過去最高(165万4000台)を記録。18年6月にはインドでの累計生産台数が、2000万台を突破しました。

純利益率ランキング 1位は中国の長安汽車

今回調査対象とした自動車メーカーのなかで、最も純利益率が高かったのは中国の長安汽車で8.9%でした。売上高ランキングは20社のなかで最下位となりましたが、収益力ではほかの企業を上回りました。

2位と3位には欧州勢がランクイン。BMWは8.8%、ルノーは8.7%でした。

4位のトヨタは、17年の純利益が2兆4940億円で過去最高を記録。設計面の見直しなどの原価改善で1650億円の営業費用を削減し、純利益率は前年から1.9ポイントアップの8.5%となりました。5位はホンダで、純利益率は6.9%。米国法人減税が寄与し、純利益では同社初の1兆円超えとなりました。

今後は収益力重視 どれだけ投資できるかが明暗を分ける

自動車メーカーの勢力は、販売台数で示されることがほとんど。しかし、自動運転や電気自動車といった新技術の発展やシェアリングなどのサービスの拡大を背景に、「規模拡大を追わない」と表明している自動車メーカーも少なくありません。

現在の自動車業界は「100年に一度の大変革期」と言われており、新たな技術開発やサービスにどれだけ投資できるかがカギに。今後は稼げない企業が淘汰されていくことにもなりかねません。

(オートモーティブ・ジョブズ編集部 山岡結央)



大手有名企業から中堅・ベンチャーの自動車部品メーカーまでの最新転職情報を網羅。さらに、自動車業界に精通した転職 コンサルタントがアナタお成功をお手伝い。自動車業界で働く! 夢を叶えるなら今がチャンスです!!


オートモーティブ・ジョブズでは、最新技術の開発状況や自動車メーカーで働く人の動向など、自動車業界に関するさまざまな話題を取り上げます。
「自動運転って実際どこまで実現しているの?」という技術的な話題から、エンジニアのキャリア、大手自動車メーカーの年収事情まで…独自調査したデータやインタビューと合わせてお伝えします。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る