テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 機械設計<建設機械用キャビン>

機械設計<建設機械用キャビン>

求人企業名:プレス工業株式会社

年収 350万円〜500万円
勤務地 広島県尾道市高須町大山田1050
職務内容 ■同社製品の建設機械用キャビンにおける機械設計に携わっていただきます。
※顧客起点でオーダーに沿った設計を行うことや、自社起点でご自身のアイデアを元に製品化を担うことも可能です。

【具体的には】
・建設機械用キャビンにおける様々な条件(機能、強度、レイアウト、生産性など)を満たす部品の検討
・構想設計/基本設計/詳細設計の流れを担当していただきます。
・社内各部署や顧客との情報交換、仕様検討
※CADは3D-CADを使用します。
※自動車部品の製造も手掛けております。
必要な経験・資格 【必須要件】
■下記いずれかのご経験をお持ちの方
・理系のバックグラウンド(機械工学、電気工学等)をお持ちの方
・機械設計のご経験のあるお方
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:00〜17:05
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、退職金、財形貯蓄、社員持株
教育・研修制度 資格取得支援制度、フォローアップ教育、新任役職者教育、社内通信教育、職種別教育
企業情報 【概要・特徴】
東証一部上場、プレス加工に強みを持つ自動車部品メーカー。中大型商用車向けアクスルやフレーム、小型自動車部品のほか、建設機械用キャビンなどの開発・製造を行っています。国内に7社と世界5カ国に10社の関連会社、6,000人以上の従業員を擁し、グローバルに事業を展開。2017年度の海外売上高比率は46.2%となっています。

【主要製品】
1929年に国内で初めてトラックのフレームを製作して以来、プレス加工のパイオニアとして確固たる地位を確立。現在ではフレーム・アクスル・建設機械用キャビンは、業界トップクラスのシェアを獲得しており、自動車部品ではいすゞやダイハツ、トヨタなどの完成車メーカー、建設機械用部品ではキャタピラーやクボタ、コベルコ建機などを顧客としています。

【技術開発】
主力製品であるフレームやアクスルの製造には、プレス加工のスプリングバックを抑制した「高精度BR工法技術」や、12〜17mmの鋼板を800℃に熱し3,000tのプレス機で成形する「熱間プレス技術」が用いられており、いずれも特許を取得しています。また、建設機械用キャビンの主要骨格部に世界で初めて「異形鋼管曲げ技術」を開発し採用。製品の強度・信頼性の向上を実現しています。
おすすめポイント 1925年創業の歴史ある東証一部上場自動車フレームメーカーで、今回は機械設計のポジションでの募集です。同社は全ての完成車メーカーでの導入や海外でも事業を幅広く展開しています。フレーム加工で培った技術力をもとに積極的な製品の開発や設備投資を行い今後のさらなる業績拡大を目指しています。
お問い合わせ番号 207933

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス