テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 安全運転支援システム開発

安全運転支援システム開発

求人企業名:ダイハツ工業株式会社

年収 400万円〜800万円
勤務地 滋賀県蒲生郡竜王町
職務内容 ■安全運転支援システムの開発を担当して頂きます。
【具体的には】
■画像認識ロジックの開発
■FPGAのプログラミング設計開発
■画像処理、圧縮技術の開発
■自動ブレーキ、自動操舵制御開発
■ミリ波レーダー波形処理技術の開発
■ディープラーニングを用いた機械学習技術の開発
※ご経験に応じて上記職務のいずれかを担当して頂きます。
【やりがい】
同社の設計はパーツごとに分業化するのではなく、チーム制で一つのモジュールを担当していきます。
例えば、エンジン開発であれば、エンジンの最適化を目指して15〜20名のチームを組み設計開発をしていく為、モノ作りの醍醐味を感じられる環境です。
担当製品 国内3拠点(大阪、滋賀、福岡に拠点あり)連動して対応しています。
レポートライン 本社(大阪)、滋賀工場、福岡工場
必要な経験・資格 【必須要件】以下いずれかのご経験をお持ちの方
■車載関連(カーナビ・ADAS・ディスプレイなど問わず)の組込みソフトウェア経験をお持ちの方
■画像認識ロジックの開発経験をお持ちの方
■自動車業界での制御開発経験をお持ちの方
■高周波回路設計経験をお持ちの方

【歓迎要件】以下のいずれかの経験をお持ちの方
■車両制御を伴う安全運転支援システムの開発経験者
■HILS、シュミレータで動作する予防安全システムの制御モデル作成経験者
■走行環境、ドライバー状態認識などの開発経験者
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:45〜17:30
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 退職金、財形貯蓄、自動車・住宅購入資金貸付、共済会、独身寮、診療所、保養所 他
教育・研修制度 自己啓発研修(語学、ビジネススキル等)、自動車知識
企業情報 【概要・特徴】
創立100年以上の日系完成車メーカー。国内自動車メーカーで最も長い歴史があります。国内の軽自動車比率は39%、3台に1台が軽自動車という時代の中で2006年に軽自動車販売トップシェアを獲得。以来、11期連続でシェアNO.1を獲得しています。

【技術力】
軽自動車業界でいち早く、交通事故低減の為の自動車予防安全装置に取り組み、2012年に軽自動車で初の衝突回避システム「スマートアシスト」を開発・搭載。2015年にはスマートアシストII、スマートアシストIIIでは新たに小型ステレオカメラを搭載し進化させています。現在は、トヨタやスバルなどの完成車メーカーでも採用されています。また、低燃費・低価格という軽自動車の本質を追求し、「e:Sテクノロジー(Energy Saving Technology)」技術を開発。従来通りのガソリン車でありながら、エネルギー効率を極限まで高める事で、低燃費・低価格を実現しています。そのほか通常、ボディの外板にも骨格の役目を担わせ剛性を確保していますが、骨格のみで高い剛性を確保できる「新型COPEN」を開発。加えてサスペンションやパワートレーンを新型COPEN専用のチューニングにより、操縦安定性と乗り心地の向上に注力しています。

【風土】
少数精鋭の組織で開発に取り組み、社歴や年齢に関わらず自由闊達に意見交換できる風土です。メリハリのある効率的な働き方を推奨し、平均有給休暇取得日数は19.5日(2015年度実績)と高い取得率です。
おすすめポイント 自動運転システムに力を入れており、その中でも軽自動車に搭載できるような大きさ等を重視して開発をしています。また完成車メーカーの中でも裁量権を持った開発を行える環境である為、これまでの技術を活かしていきやすい企業です。
お問い合わせ番号 179137

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス