AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > エンジンデータブック

エンジンデータブック一覧

【過 給 至 上 主 義 に 反 旗 を 翻 す シン グ ル プ レ ーン ク ラン ク 採 用 の ハ イレ ブ エ ン ジ ン】 マスタングの高性能バージョン・シェルビーGT350R に搭載されるエンジンは、高 性能エンジンのターボ化という趨勢に敢然と挑戦する正統派 NA スポーツパワーユ ニットだ。アメリカン V8 の常道であるクロスプレーン・クランクシャフトはシングル プレーンに改変され、高回...
【現行フォードラインアップ中で最大排気量ユニット 】 フォードを代表するトラックであるFシリーズに搭載される6.2l V8エンジ ン 。3 0 2 k W と 5 8 9 N m を 発 揮 す る た め に ブ ロ ッ ク は 鋳 鉄 で 作 ら れ て お り 、そ こ に シ ン グ ル カ ム の ア ル ミ 合 金 製 シ リ ン ダ ー ヘ ッ ド が 備 わ る 。し か し な が ら 可変バルブタイミングも備わり、大排気量な...
【ア スト ン マ ー テ ィン D B 1 1 搭 載 の V 1 2 ツ イ ン タ ー ボ 】 アストンマーティン DB11が搭載する新世代 V12 エンジン。6.0l自然吸気 V 1 2 に 変 わ っ て 5 . 2 l の ツ イ ン タ ー ボ で 過 給 す る V 1 2 は 、ア ス ト ン マ ー テ ィ ン の自社開発だという。バンク角は 60 度。両バンクの外側に装着されるターボ チャージャーは三菱重工製で電子制御ウェイストゲート付きだ...
【アストンマーティン専用のV12】 デュラテック V6 をベースに仕立てられたユニットに大幅に手を加えたこと で 基 本 性 能 を 飛 躍 的 に 向 上 さ せ た 。実 際 は 、コ ス ワ ー ス デ ザ イ ン の V 1 2 に デュラテック V6 の部品を流用したというイメージのほうが近いようだ。ヴァ ンテージSに搭載されるAM28型はone-77と同じ製法のステンレス製排気 システムの採用などでベース仕様...
【クリーンパワーを実現したディーゼルの末弟 】 プ ジ ョ ー / シ ト ロ エ ン と の 共 同 プ ロ ジ ェ ク ト と し て 開 発 さ れ 、軽 量 の ア ル ミ 合 金 シ リ ン ダ ー ブ ロ ッ ク 、同 シリンダーヘッド、DOHC4 バルブ、第3世代コモンレール高圧インジェクション、インタークーラー付き ターボチャージャー、電子スロットルと、そのメカニカルスペックはまさに最新ディーセ...
【新世代ディーゼルの先駆けとなった名機 2.0~2.2l [ 2.0/2.2 Duratorq ]】 2 1 世 紀 に 入 る と 、そ れ ま で は 低 燃 費 と 引 き 替 え に 失 う も の も 決 し て 少 な く な か っ た 小 排 気 量 デ ィ ー ゼ ル に 技術革新が訪れることとなった。コモンレールを使った電子制御燃料噴射と高効率のターボ過給である。 フォードにおいてこの技術を導入したのが 2.0lのデュラトルクと呼ば...
【直列ディーゼル最大排気量ユニット】 大 型 ピ ッ ク ア ッ プ や 商 用 車 へ 搭 載 さ れ る デ ィ ー ゼ ル エンジンで、直列型では最大排気量。縦置きを前提と したエンジンだけに搭載要件には制限が少なく、同等 排 気 量 の V 6 に 比 べ て エ ン ジ ン 単 体 重 量 が 軽 く 済 む と いうメリットがあるだろう。ブロック材は鋳鉄で、4 バ ルブの駆動はローラーロッカ...
【フルサイズピックアップトラックに積まれるV8DE】 フ ォ ー ド の 稼 ぎ 頭 で あ る F シ リ ー ズ の 最 高 峰 、ス ー パーデューティに搭載される 6.7lのV8ディーゼル であり、2011年に搭載が発表された。ライバルであ る G M( い す ゞ )に 対 抗 す べ く 、 4 0 0 p s / 1 0 8 5 N m を 発揮しており、出力ではデュラマックスに劣るものの、 DEF(ディーゼル・エキゾー...
【ディーゼル版に続いてようやくガソリン仕様が登場】 2015年に登場したブランニューの直4DEとモ ジュラー設計のガソリンエンジン。長らく使い 続けたフォード設計の直4は完全に置き換えら れ、10 億ポンドという巨額の投資を受けて設 立した英国内のエンジンセンターで製造され る。電動&油圧の可変バルブタイミング機構、 シリンダーヘッド一体型エキゾーストマニ フォールド、低フ...
【ジャガーが 用いるスーパーチャージャー 過 給 V 6 】 従来の 5.0l・V8 自然吸気エンジンの代替となるのが、3.0lV6 スーパーチャー ジャー。ジャガーによると、このオールアルミ製のV6は、V8で使われた主要技術を 受け継いでいるという。受け継いでいるのは、スプレーガイデッド直噴、吸排気可 変バルブタイミング、スーパーチャージャーなどだ。V バンクの間にマウ...
【直 噴+スーパーチャージャーのジャガーV 8 最 強 版】 米イートン社製のスーパーチャージャーを組み合わせ ることで、最大出力:405kW/最大トルク:680Nm という圧倒的なパフォーマンスを発揮する、排気量 5.0lの V 型 8 気筒エンジン。アルミ製のシリンダーブ ロックや1気筒あたり4バルブのDOHCシリンダーヘッ ド、スプレーガイド式のガソリン直噴システムなどと いった基本要素は...
【PSAと共同開発したパラレルターボディーゼル】 AJD-V6型は、フォードとPSAの共同開発による2.7 lの 60 度 V 型 6 気筒のディーゼルエンジン。生産は 2004 年から始まり、当時フォード傘下にあったジャ ガ ー も S タ イ プ 用 と し て 供 給 を 受 け る こ と と な り 、同 社のモデルに搭載される初のディーゼルとなった。そ の後ジャガーはインドのタタモータースに売却され、 ...
【DTV8 大型SUVのための大排気量ディーゼル】 フォードとPSA が共同で開発を行なったディーゼルエ ン ジ ン 、A J D シ リ ー ズ の 流 れ を 汲 む エ ン ジ ン で 、シ リ ン ダ ー ブ ロ ッ ク に 黒 鉛 鋳 鉄 を 採 用 し 、シ リ ン ダ ー ヘ ッ ドはアルミ合金製、DOHC が採用されるなど、両社 にとっての意欲作である。当初は V6 のみであったが、 2 0 1 0 年 に 3 . 6 l と...
【ダ ウ ン サ イ ズ & レ ス シ リ ン ダ ー の 急 先 鋒 、依 然 と し て 孤 高 の 2 気 筒】 直4を直3にするのでなく一気に直2まで持っていったダウンサイズ過給ユニット。これによって単室容積は 437.5ccと理想に近い数字になった。エンジン全長は、直4の435mmから330mmに。ブロックはアルミ合 金 で 重 量 は 8 5 k g 。5 0 0 に 載 せ ら れ て お 目 見 え し 、続 い て イ プ シ ロ ン 、ハ...
【フ ィ ア ッ ト の ボ ト ム レ ン ジ を 支 え 続 け る N A エ ン ジ ン】 1 9 6 0 年 代 か ら 7 0 年 代 に か け て 労 働 争 議 に よ る 生 産 の 遅 滞 で 苦 し ん だ フ ィ ア ット は 、組 み 立 て 工 程 を 大 幅 にロボット化したエンジンの企画を立案した。ファイアユニットと呼ばれたその直 4 ユニットは、80 年代中 盤 に 7 6 9 c c 、9 9 9 c c 、1 3 6 8 c c の 直 4 S O H C が 送...
【油 圧 可 変 バ ル ブ 仕 様 を 含 む さ ま ざ ま な 仕 様 を そ ろ え る】 FPT(Fiat Powertrain Technologies)は2009 年に、マルチエアと呼ぶ画期的な動弁系を開発、 こ れ を フ ァ イ ア 系 の 1 3 6 8 c c に 載 せ て 市 場 投 入 し た 。4 バ ル ブ の そ の 動 弁 系 に は 、カ ム シ ャ フト は 1 本 だ け で 、こ れ は 排 気 側 に 設 け ら れ る 。そ し て こ のカムには排気弁を押す...
【フ ィ ア ット と ク ラ イ ス ラ ー の 技 術 融 合 が 実 現 し た エ ン ジ ン】 GEMAエンジン(ワールドエンジン)をベースに、その次世代を担うべく開発されたエンジンシリーズがTIGERSHARK。2.4l版では、FPTからの技術供与によるマルチエア機構を採用。GEMAエンジンが1気筒あたり4バルブのDOHCという動弁系の構成を持つのに対し、TIGERSHARK ではバルブ数こそ変わらないものの、...
【日 米 韓 の ア ラ イ ア ン ス に よ っ て 生 ま れ た 世 界 戦 略 エ ン ジ ン 】 2004 年に当時のダイムラー・クライスラー、 三菱自動車、現代自動車の三社による合弁事 業 と し て ア メ リ カ に 設 立 さ れ た G E M A( G l o b a l Engine Manufacturing Alliance/09 年より ク ラ イ ス ラ ー グ ル ー プ の 完 全 子 会 社 化 )に よ っ て開発された「ワールドエンジン」をベースにクライ...
【いよいよ復活したバイパーの心臓部】 2 年の空白期間を経てラインアップに 戻ってきたバイパーとともに復活した V10 エンジン。8.4lという排気量をは じめ、アルミ製ブロックや、気筒あたり2 バルブのOHVという動弁系の構成など といった基 本的な要素はそのままだが 、 インテークマニフォールドへの樹脂系素 材の採用や、アルミ製の軽量フライホ イールなどの導入により、従来のものと 比...
【フィアットグループの最小排気量ディーゼル】 昔からフィアットは、欧州で熱心にディーゼルに取り 組んできたメーカーだった。彼らは 1980 年代に大型 ディーゼルの世界に直噴ターボが出現してくると、こ れを乗用車用に適応させる開発を進め、1987 年に フィアット・クロマに載せて市 販 投 入して世 界 初とす る。ちなみに、そのターボは可変ジオメトリー式だっ た。そして 90 年代に...
207件中 41-60件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る