AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > エンジンデータブック

エンジンデータブック一覧

【バ ン ク 内 排 気 レ イ ア ウト の シ ー ケ ン シ ャ ル タ ー ボ V 8 デ ィ ー ゼ ル】 前ペ ー ジ で 解 説 し た 4 . 0 l ガ ソ リ ン V 8 と 同 様 に 、基 本 的 な 設 計 要 素はアウディの EA896 を踏襲した上で、ポルシェ独自のノウハウ が詰め込まれる。ガソリン版とは異なりディーゼル版は 90 mmのボ ア ピ ッ チ と 8 3 mm の ボ ア 径 を E A 8 9 6 そ の ま ま 利 用...
【2 0 年 に 渡 っ て 進 化 し な が ら 使 い 続 け ら れ る 長 寿 ス モ ー ル ユ ニ ット】 1996 年に供給がスタートした鋳鉄ブロックエンジンシリーズ。主にオペル&ヴォグゾールブランドのスモールカー向けに開発され、セミクローズドデッキのシリン ダー、カムチェーンドライブの DOHC、ローラーロッカー+油圧タペットという当時 先端の技術内容を伴って、ボア 78 mmの仕様て...
【ロータス由来のDOHCヘッドを持つ鋳鉄ブロック4気筒】 元 を 辿 れ ば 1 9 8 2 年 に オ ペ ル 用 エ ン ジ ン を 代 替 す る 目 的 で 開 発 さ れ た シ リ ー ズ 。当 初 は ベ ル ト カ ム ド ラ イ ブ の S O H C で ス タ ー ト し た 。途 中 1 9 9 2 年 に 当 時 傘 下 に あ っ た ロータスの開発で DOHC4 バルブ化され、2005 年に「ECOTEC」シリーズの名で第 三世代に進化した...
【技 術 的 タ ー ゲ ット と な る 可 能 性 を 秘 め た 完 全 新 設 計 の 高 性 能 V 6】 2006 年に登場した V6 第四世代。ボアピッチ を 従 来 の 1 0 6 mm か ら 1 0 3 mm に 縮 め 、冷 却 シ ス テムを全体で見直すことにより暖機時間を短 縮して、触媒の早期活性化を図っている。シ リンダーヘッドも完全に新設計され、吸排気 ともバルブ径は拡大。VVT には中間ロック機 構を備えた。ターボ版の...
【旧 世 代 V 6 を 一掃し 欧 州 ハ イ パ フ ォ ー マ ン ス セ ダ ン に 拮 抗 す る 高 性 能 を 発 揮】 そ れ ま で 旧 式 の 鋳 鉄 ブ ロ ッ ク・ O H V で あ っ た G M 製 V 6 を 一 新 させたアルミブロック・DOHCエンジンシリーズ。VVTと電子 制御スロットルを最初に採用したGM製マルチシリンダーでも ある。初期シリーズのうち、2.8lターボの LP9 は、オペルと サーブの高性能車種に...
【ハ イ パ フ ォ ー マ ン ス V 6 ス ポ ー ツ ユ ニ ット】 90年代に特徴的な54度V6を設計したオペルのエンジン開発チームと、世界的な エンジニアリング会社リカルドがGM本社とタッグを組んで開発したHigh Feature V 6( H F V 6 )は 、 当 時 G M グ ル ー プ だ っ た サ ー ブ の 主 力 6 気 筒 と な っ た の を は じ め 、 キャデラック、オペル、ホールデン等のブランド...
【筒 内 ガ ソリン 直 噴 方 式 を 採 用した 最 新 鋭 V 8】 2013 年、コルベットに搭載されて登場した第五世 代のスモールブロック V8 の最大の特徴は、筒内ガ ソリン直噴システムの採用だ。予混合急速燃焼を 旨とするガソリンエンジンでは、ボア径が大きくな ると燃焼室末端まで火炎伝播が行き渡らず燃焼が 不安定になりやすい。直噴では筒内の空気流動を 制御できればこの欠点は目立...
【最 新 の 技 術 ト レ ン ド 満 載 の オ ー ル ニ ュ ー・ア ル ミ ブ ロ ッ ク D E】 かつて資本提携していたいすゞやフィアットから乗用車 用ディーゼルエンジンの供給を受けていた GM が、欧州 の DE ムーブメントに対応するため、本腰を入れて開発 した新型ディーゼル。1.6l新型ガソリンエンジン同様 「Medium Diesel Engine」と呼ばれる。GM 製初のオー ル ア ル ミ 合 金 製 で 、 D ...
【フ ィ ア ット 製 D E を G M が 大 改 変 し た 2 ス テ ー ジ タ ー ボ・デ ィ ー ゼ ル 】 フィアット製 DE・JTD(マルチジェット)の GM 版。元設 計は最もポピュラーな 1.9l版だが、2008 年に GM が 主 体 と な っ て ボ ア × スト ロ ー ク か ら 見 直 し し て 改 良 を 行 なった 2.0lが登場すると、オペル/ヴォグゾールだけ でなく、当時 GM グループであったサーフ...
【ノ イ ズ & 振 動 対 策 に 留 意 し た ヘ ビ ー デ ュ ー テ ィ ー デ ィ ー ゼ ル 】 重量物をトーイングするピックアップトラック用に開発された新型4気筒ディーゼ ル。ターボチャージャーは VG 水冷式。インジェクターは 200MPa 噴射圧のソレノ イ ド タ イ プ で 、ア メ リ カ で は 高 い シ ェ ア を 誇 る デ ル フ ァ イ 製 を 採 用 し て い る 。吸 気 量の制御にクロ...
【へ ビ ー デ ュ ー テ ィ ー カ ー の た め の タ フ な デ ィ ー ゼ ル】 1980 年代までオールズモビルとして乗用車用ディーゼルエンジンを手掛けていたGMだ が 、 現 在 は い す ゞ と の ジ ョ イ ン ト ベ ン チ ャ ー D M A X 社 に お い て V 型 8 気 筒( 6 . 6 l )と V 型 6 気筒(3.0l)の「Duramax」シリーズを生産。いすゞのディーゼルエンジン生産拠点とし て設立さ...
【20世紀の掉尾を飾る技術で今を生き抜く長寿エンジン】 コードネーム「Sigma」と名付けられた系列で、1990 年代半ばにエンジン開発に於いて、フォードと密接な関係があった ヤマハ発動機の協力のもと開発された。樹脂製のインテークマニフォールド、ラダービームクランクケースベアリング、 焼結成型のコンロッド等、当時の最新のエンジン技術が数多く盛り込まれており、今なおフォード...
【完成度の高いプレSKYACTIV・マツダ設計の直4】 990 年代後半に日欧の自動車メーカーを次々に買収して規模拡大を図ったフォー ドだが、技術的な投資は手薄になっており、エンジンに関しても専ら傘下メーカー の技術力に頼っていた面があった。2.0lクラスのエンジンではボルボのモジュラー エ ン ジ ン と マ ツ ダ の L シ リ ー ズ が そ れ に あ た る 。 特 に マ ツ ダ L エ ン シ...
【ハ イ ブ リッド 車 に 用 い ら れ る 高 圧 縮 比 版】 圧縮行程で吸気弁の閉じを遅くすることで、圧縮比よりも膨張 比を稼ぐアトキンソンサイクルとしたエンジン。エコブーストも 可変バルブタイミングが備わっており、直噴と相まって燃焼室 の温度を低下させることに成功していたが、一段と低下させる ことに成功している。加えて触媒の負担を下げられることから、 より効率に優れるエン...
【フォードが誇るエンジンシリーズの末弟】 シリンダー内に直接燃料を噴射する、直 噴ターボを核とするエコブースト・エン ジ ン シ リ ー ズ 。こ の 1 . 0 l 直 3 タ ー ボ は 小 径 タ ー ボ を 組 み 合 わ せ 、低 回 転 域 か ら の 厚いトルクとピークパワー、そしてエミッ ションコントロールを高次元で実現してい る 。ボ ア × スト ロ ー ク は 、7 1 . 9 × 8 2 . 0 m m のロング...
【ダウンサイジングターボの潮流を作った主役ターボ直噴】 EcoBoost はフォードの直噴ターボ過給ガソリンエンジンの総称であるが、4 気筒バー ジョンはDuratec(旧ZetecとマツダL系列)をベースにターボ化されたものである。特に D u r a t e c 2 . 0 は マ ツ ダ 開 発 時 代 に 直 噴 タ ー ボ 化 が 実 現 し て お り 、シ リ ー ズ 全 体 の 技 術 的 ベ ー ス は こ こ か ...
【ア メリ カ ン V を い よ い よ 代 替 す る 過 給 エ ン ジ ン】 2.0 EcoBoostをベースに仕立てられた直列 型 の 最 新 ユ ニ ット 。2 . 0 と と も に ス ペ イ ン ・ バ レンシア工場で生産される。フォード・マスタ ングに搭載されて話題をさらったが、フォード 自身はもともと台数の多いミッドサイズカーへ の「適正なサイズ」の代替ユニットとしてミシ ガン工科大とともに 2010 年から...
【5 . 0 l V 8 の パ ワ ート ル ク を V6 過 給 で 実 現】 フォードのアイコンたるピックアップトラック・F-150の2015年モデルに搭載がアナウンス さ れ た V 6 ツ イ ン タ ー ボ 。既 存 の ど の エ ン ジ ン と も 近 似 性 の な い ブ ラ ン ニ ュ ー エ ン ジ ン で あ る 。 従来の 5.0lV8 よりパワー・ウェイトレシオで 15% 上回り、ピックアップトラックの重要な性 能指標て...
【S U V か ら ス ポ ー ツ カ ー ま で 幅 広く使 わ れ る 汎 用 性 の 高 い V 6 タ ー ボ 】 5.0~6.0lV8 をダウンサイジングする目的で開発された V6 ツインターボエン ジン。17 万 rpm で回転するボルグワーナー製ターボチャージャーは大気圧+ 0 . 8 b a r の ブ ー ス ト 圧 を 発 生 し 、N A よ り 2 5 % 以 上 多 い 空 気 を シ リ ン ダ ー に 押 し 込む。600Nm 以上の高トルク...
【多 くの 他 メ ー カ ー 技 術 が 集 約 さ れ た 現 在 進 行 形 V 6】 原 型 は 1 9 9 3 年 ま で 遡 り 、そ の 開 発 に は コ ス ワ ー ス と ポ ル シ ェ が 深 く 関 与 し た 。ジ ャ ガ ー & ラ ン ド ロ ー バーの主力 V6 エンジンだった AJ-V6 のルーツでもある。現在の 3.5&3.7l仕様は 21世紀初頭にマ ツダが開発した V6 の技術の多くを採り入れてリメイクされた 3.0lの拡大仕様。...
207件中 21-40件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る