AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > エンジンデータブック > その他の国のメーカー

エンジンデータブックの「その他の国のメーカー」のキーワード85


【フェラーリの主力エンジンとなるダウンサイジング直噴ターボ】 F40 以来 30 年ぶりに登場したフェラーリのターボエン ジ ン で 、フ ェ ラ ー リ 流 ダ ウ ン サ イ ジ ン グ 過 給 の 急 先 鋒 とも言える。F154BB ユニットは FR クーペのカリフォ ル ニ ア 用 に 設 計 、マ セ ラ テ ィ ・ ク ア ト ロ ポ ル テ G T S に 搭載されるダブルプレーン V8 ターボをベースにシン ク...
【フェラ ーリ 伝 統 の V 1 2 も 直 噴 化 され 現 代 流 に】 フ ェ ラ ー リ の 看 板 た る V 1 2 は 、ち ょ う ど 1 0 年 前 の エ ン ツォ・フェラーリに載せた F140A 型で、V8とボア径 を 共 用 す る 新 世 代 に 移 行 し た 。そ の 前 の 世 代 の V 1 2 と 同じく、変則的な65度バンクをもつこれは、フロントエ ンジン2座の旗艦である 599 に載せられるときに、 F140C 型に進化。その高性能版た...
【新型ギブリのためのスモールV6ユニット 】 かつてはプジョーやフィアット等の大衆車メーカーも 手駒を持っていた E セグメントも、今やドイツ御三家 が占有するようになってしまっている。その E セグメン ト・セダンのマーケットに打って出るべく、乾坤一擲 で開発されたのがマセラティの新ギブリ。そのギブリ のパワーユニットとして新設計されたのが 3.0lの V6 ツインターボ。か...
【最小排気量帯を担う小型軽量高性能機】 カッパ・エンジンは現在のヒュンダイ・グループ車の最小排気量帯を担う。かつ て0.8~1.1lを担っていた直列4気筒・SOHC・12バルブのイプシロン・エンジン の後継に位置づけられている。まずは直列4気筒の 1.2lと欧州向けに排気量を 拡 大 し た 1 . 2 5 l が デ ビ ュ ー し た 。こ の 2 機 の エ ン ジ ン は 、ど う や ら ユ ー ロ 4 規 制 に ...
【排 気 量 帯 の 穴 埋 め で は な くダ ウ ン サ イ ジ ン グ を 見 越 し た 最 新 機】 C セグメント車向けに 3 つに細分化した排気量帯の中間を担うのがニュー・エ ンジンで、1.8lと 2.0lのラインアップがあり、ヒュンダイの最新直列エンジ ン で あ る 。 当 初 か ら D - C V V T( デ ュ ア ル C V V T )の 装 備 や G D I 直 噴 化 を 視 野 に 入れて開発されたという。燃費向上を狙...
【オールアルミの近代的V6エンジン】 ラムダ・エンジンは、鋳鉄ブロック+アルミヘッドのシ グ マ ・ エ ン ジ ン の 後 継 と し て 、近 代 的 要 素 を 持 つ V 型 6 気筒エンジンを目指して開発された、オール・アルミニ ウ ム 製 、D O H C と い う ヒ ュ ン ダ イ の 野 心 作 だ 。2 0 0 6 年 に 3 , 3 l 版 と 3 . 8 l 版 か ら ス タ ー ト し 、2 0 1 0 年 に は 3 . 5 l版が、2012 年には ...
【世 界 市 場 の 主 力 を 担 う 最 量 販 帯 ディー ゼ ル エ ン ジ ン】 もともと U エンジンは 1.1l~1.6lの最小排気量帯を担うヒュンダ イ・グループのディーゼルエンジンで、1.1lは直 4 ではなく直 3 だっ た。2009 年に大改良を加えて環境性能と燃費性能に磨きをかけた U 2 に 進化 、現 在 は こ れ が 世 界 マ ー ケ ット の 主 力 機 で 1 . 6 l と 1 . 7 l が 存 在 す る 。最 ...
【マセラティ初のディーゼルエンジン】 欧州市場で売るならばディーゼルは必須。E セグメ ントも例外ではない。というわけで新型ギブリも V6 デ ィ ー ゼ ル を 用 意 し た 。と 言 っ て も フ ィ ア ッ ト に も 6 気 筒ディーゼルの手駒はないし、もちろんフェラーリに その開発能力があるはずもない。そこで白羽の矢がっ たのが、北イタリアにあって乗用ディーゼルのス...
【直 噴 へ と 突 き 進 む 、最 も 搭 載 車 種 の 多 い 標 準 機】 いわゆる C セグメント車への搭載を想定していた 1.6~2.0lの排気量帯は、もと もとはベータ・エンジンが担っていたが、基本設計、ひいてはブロックが同一の エンジンでは軽量化や車種ごと、仕向け地ごとの最適化の要請にかなわないた め、ヒュンダイはこの排気量帯を3つに細分化してエンジン戦略を再編した。その 3 つに分か...
【元 祖 ワ ー ルド エ ン ジ ン の 着 実 な 進 化 形】 かつてダイムラー・クライスラー、三菱自工、ヒュンダイの 3 社のジョイント・ベ ンチャーであるGEMA(Global Engine Manufacturing Alliance)がプロデュー ス し た 3 社 共 用 規 格 、“ ワ ー ル ド エ ン ジ ン ” の 母 体 と な っ た の が 、こ の シ ー タ ・ エ ン ジ ン で 、現 在 の ク ラ イ ス ラ ー の “ タ イ ガ ー...
【最 新 の 技 術 ト レ ン ド 満 載 の オ ー ル ニ ュ ー・ア ル ミ ブ ロ ッ ク D E】 かつて資本提携していたいすゞやフィアットから乗用車 用ディーゼルエンジンの供給を受けていた GM が、欧州 の DE ムーブメントに対応するため、本腰を入れて開発 した新型ディーゼル。1.6l新型ガソリンエンジン同様 「Medium Diesel Engine」と呼ばれる。GM 製初のオー ル ア ル ミ 合 金 製 で 、 D ...
【フ ィ ア ット 製 D E を G M が 大 改 変 し た 2 ス テ ー ジ タ ー ボ・デ ィ ー ゼ ル 】 フィアット製 DE・JTD(マルチジェット)の GM 版。元設 計は最もポピュラーな 1.9l版だが、2008 年に GM が 主 体 と な っ て ボ ア × スト ロ ー ク か ら 見 直 し し て 改 良 を 行 なった 2.0lが登場すると、オペル/ヴォグゾールだけ でなく、当時 GM グループであったサーフ...
【油 圧 可 変 バ ル ブ 仕 様 を 含 む さ ま ざ ま な 仕 様 を そ ろ え る】 FPT(Fiat Powertrain Technologies)は2009 年に、マルチエアと呼ぶ画期的な動弁系を開発、 こ れ を フ ァ イ ア 系 の 1 3 6 8 c c に 載 せ て 市 場 投 入 し た 。4 バ ル ブ の そ の 動 弁 系 に は 、カ ム シ ャ フト は 1 本 だ け で 、こ れ は 排 気 側 に 設 け ら れ る 。そ し て こ のカムには排気弁を押す...
【ラ ン ボ ル ギ ー ニ の 主 軸 を 担 う 高 回 転 型 ユ ニ ット】 2003 年デビューのガヤルドに載せるべ く 、ラ ン ボ ル ギ ー ニ は V 1 0 を 新 規 設 計 し た 。こ の V 1 0 は 、バ ン ク 角 が 9 0 度 で あ る ことや、イタリア製スーパーカーにある まじきロングストロークを採るあたりか ら 、親 会 社 で あ る ア ウ デ ィ の エ ン ジ ン の 改変版ではないかと噂...
【今後のGMグループ主力ダウンサイジング・ターボエンジン】 ユーロ6に適合し、CO2 排出量を既存エンジンより13%削減するGMの次世代ダウンサイジング・ターボ エンジン。シリンダーは GM 製直4の伝統ともいえる鋳鉄製ながら、タービンブレードの空力特性を最適 化したターボチャージャーを使用し、ハイパフォーマンス版では 300Nm の最大トルクを発生する。クラン クジャーナ...
【ロータス由来のDOHCヘッドを持つ鋳鉄ブロック4気筒】 元 を 辿 れ ば 1 9 8 2 年 に オ ペ ル 用 エ ン ジ ン を 代 替 す る 目 的 で 開 発 さ れ た シ リ ー ズ 。当 初 は ベ ル ト カ ム ド ラ イ ブ の S O H C で ス タ ー ト し た 。途 中 1 9 9 2 年 に 当 時 傘 下 に あ っ た ロータスの開発で DOHC4 バルブ化され、2005 年に「ECOTEC」シリーズの名で第 三世代に進化した...
【技 術 的 タ ー ゲ ット と な る 可 能 性 を 秘 め た 完 全 新 設 計 の 高 性 能 V 6】 2006 年に登場した V6 第四世代。ボアピッチ を 従 来 の 1 0 6 mm か ら 1 0 3 mm に 縮 め 、冷 却 シ ス テムを全体で見直すことにより暖機時間を短 縮して、触媒の早期活性化を図っている。シ リンダーヘッドも完全に新設計され、吸排気 ともバルブ径は拡大。VVT には中間ロック機 構を備えた。ターボ版の...
【ハ イ パ フ ォ ー マ ン ス V 6 ス ポ ー ツ ユ ニ ット】 90年代に特徴的な54度V6を設計したオペルのエンジン開発チームと、世界的な エンジニアリング会社リカルドがGM本社とタッグを組んで開発したHigh Feature V 6( H F V 6 )は 、 当 時 G M グ ル ー プ だ っ た サ ー ブ の 主 力 6 気 筒 と な っ た の を は じ め 、 キャデラック、オペル、ホールデン等のブランド...
【4 C が 搭 載 す る 直 噴 過 給 仕 様 の 高 性 能 ス ポ ー ツ ユ ニ ット】 近年のフィアットの直4は、マルチェア機構とターボ過給をオプションにしたファイア系で構成されていたが、そこに加わった新設計の直4エンジン。ターボ過給を前提としたユニットで、排気量は1742ccだが、伝統の1750を名乗らせる。フィアット連合では、付加価値ブランドのアルファやランチアに載せるガソリン直4の高性能版という位置づけだ...
【将 来 の 担 い 手 として 期 待 され る 新 世 代 V 6 エ ン ジ ン】 ジープ·グランドチェロキーの搭載エンジンとして、2010年に登場4.7LV8エンジンを上回るパワーと、優れた燃費性能を併せ持つ。シリンダーブロックは鋳鉄製スリーブを鋳込むかたちで高圧鋳造されたアルミ合金製。各バンクに2本のカムと1気筒あたり4本のバルブを配置したシリンダーヘッドも同様にアルミ合金製だが、これに組み合わされるヘッドカバーは...
85件中 61-80件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る