AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

エンジンデータブックの「日本メーカー」のキーワード66


【N S X 用 に 新 開 発 さ れ た 高 回 転・高 出 力 型 V 6 ツ イ ン タ ー ボ】    新 NSX 専用のハイブリッドエンジン。 3.5lV6 というフォーマットは同じな がらレジェンドに搭載される JNB 型と は関連性はない、新規開発縦置き専 用。バンク角は一般的な 60 度と 90 度 の中間的な 75 度。高出力の少量生産 エンジンらしく、シリンダーは砂型鋳 造によるクローズドデッキで、オイル ...
【世界唯一のボクサーディーゼルエンジン】 スバルのアイデンティティである水平対向レイアウトを、ディーゼルにも適用した世界初の乗用車用ボクサー4 ディー ゼ ル と し て 2 0 0 8 年 デ ビ ュ ー 。ボ ア ピ ッ チ は 6 気 筒 ガ ソ リ ン の E Z 3 6 と 共 通 で 他 に も 多 く の 部 分 の 寸 法 を E Z と 共 用 し て いる。スバルでは、それまでショートストローク一辺...
【直噴&ポート噴射併用“D-4S”の嚆矢】 直列のJZ系・G系とV型のVZ系・MZ系を整理統合し、すべてV6化するため2002年に4.0ℓの1GR-FEから登場。それまで6気筒では2.0ℓ版が用意されているのが通例だったが、各社とも2.0〜2.5ℓクラスは4気筒が担うようになり、このGRシリーズも2.5ℓがボトムレンジである。2.5ℓから4.0ℓまで、縦置き、横置き、直噴にポート噴射併用、そしてハイブリッド用アトキンソンサイクル版まで、ないのは過給...
【トヨタ初のダウンサイジング過給エンジン】  エンジンにおける燃費&環境対策の方法論は、大別して主に欧州で普及が進むダウンサイジングターボと、日本が中心となって推進するハイブリッドのふたつ。日本では速度レンジや使用環境の面で電動モーターを使う方がメリットが大きいからだが、欧州市場に車種展開するためには、やはりターボエンジンが必須となる。トヨタ初のダウンサイジングターボエンジンは、欧米市場が主...
【唯一無二のV12至上ユニット】 30 年以上基本的に同一仕様で作り続けられてきたセンチュリーの V8 エンジンを、フ ル モ デ ル チ ェ ン ジ に 併 せ て リ プ レ イ ス し た 国 産 唯 一 の 市 販 V 1 2 。当 時 の 主 力 直 6 で あ るJZシリーズ×2という成り立ち。ボア径は縮小されコンロッドも軽量薄型。トラブ ルがあっても片バンクで走り続けられ、2重のフェイルセーフが採られている。
【横 置 き・縦 置 き が 用 意 さ れ た S K Y A C T I V の 中 核 エ ン ジ ン】 スカイアクティブGの小排気量版として登 場したのが G1.5 である。従来の MZR1.5 がスクエアプロファイルだったのに対し、 ボア/ストローク比を1.15とした。G1.5固 有の特徴が排気脈動を活用した専用の排 気システム。触媒とメインマフラーの間に プリサイレンサーを設けていて、これは消 音機能よりもむしろ、排気の...
【強 い 個 性 を 与 えら れ た 2 種 の 新 世 代 エ ン ジ ン】 トヨタと共同開発した FR スポーツカー・86/BRZ の専用エ ンジンとも言えるパワーユニットが FA20 だ。高出力と良 好 な 高 回 転 域 の フ ィ ー リ ン グ を 実 現 す る た め に ボ ア × スト ロークをあえて 86.0×86.0mm のスクエアとした。薄型オ イルパンの採用や、吸気系の寸法をミリ単位で詰めるなど の工夫により、FB20 よ...
【“ は た ら く 自 動 車 ” の た め の 実 用 エ ン ジ ン】 源流をたどれば1953年の1.5l4気筒にまで遡ることのできるシリーズ。1996年に3RZ-FEが狭角 ハイメカツインカム化、これが直接の祖先となっている。RZ 系とボア×ストロークは共通で、シリ ンダーブロックは頑に鋳鉄を使用する。インテークマニフォールドをはじめとする樹脂部品の多用 化と可変バルブタイミング機構 VVT-i の採...
【ハ イ ブ リ ッ ド 用 、U S ロ ー ド ス タ ー 用 縦 置 き と 多 彩 な バ リ エ ー シ ョ ン を 展 開】 圧縮比14という数字を掲げ、スカイアクティブが登場したのは2011年のこと。そのうちのガ ソ リ ン 第 一 弾 が G 2 . 0 で あ る 。圧 縮 比 と い う 概 念 を 膾 炙 し 、エ ン ジ ン の 高 効 率 化 を 促 進 し た 立 役 者 で あ る 。当 初 は 高 圧 縮 比 の キ ー デ バ イ ...
【欧 州で高評 価の 低エミッションDE】 「D-CAT(Diesel Clean Advanced Technology)」で当時のEURO4の基準をNOx を50%、PMを80% 低減するという低エミッションエンジンで、当然現在のものは E U R O 6 対 応 で あ る 。ト ヨ タ 独 自 の D P N R と い う N O x 吸 着 還 元 触 媒 に D P F を セ ッ ト し た四元触媒のほか、酸化触媒を使うD-4Dモデルもある。欧州専用であるが現地の評 価は高く、国内...
【SKYACTIV思想を最初に具現化した革新的エンジン】 スカイアクティブ G の第一弾として先代デミオ後期型に 搭載されたP3-VPS。クールドEGRを用いて筒内酸素濃 度を抑え、燃焼温度を下げることでノッキングを回避し、 圧 縮 比 1 4 . 0 を 実 現 す る と い う 、ト ピ ッ ク に 溢 れ る エ ン ジ ンだった。しかしデミオのモデルチェンジに伴って大幅 にリファイン。先代P3-VPSは吸気側に「...
【V 6・3 . 7 l → 3 . 0 l に ダ ウ ン サ イ ジ ン グ し た 新 型 V 6 直 噴 タ ー ボ】  長らく日産マルチシリンダーエンジンの代名詞であった VQ シリーズに代わっ て、20 数年ぶりに登場したブランニューV6。VQを生産しているいわき工場で 製作されることから、ボアピッチ(108 mm)は踏襲されるが、ターボ化をはじめ として内容は完全に刷新された。北米用 5.0lV8 の代替となるダウ...
【ミニバン&SUV用 量産4気筒】 2 0 0 0 年 に 直 噴 シ ス テ ム D - 4 を 伴 っ て 登 場 。初 期 の D - 4 はト ラ ブ ル や リ ー ン 領 域 の 狭 さで早々に放棄され、ポート噴射仕様に置き換わり、2.0l以上の SUV、ミニバンに 一気に採用された。以前は 2.0l版も存在したが、現在は 2.4l(2AZ-FE)とその HEV 用アトキンソンサイクル仕様に収斂している。AR 系と排気量ゾーンがバッティ ングしている...
【国産唯一の大排気量V8ディーゼル】 軽 量 か つ 高 強 度 を 図 り 、 ブ ロ ッ ク 材 に バ ー ミ キ ュ ラ 黒 鉛 鋳 鉄( F C V )を 用 い た 。 製 造 も加工も非常に難しい素材だが、高い燃焼圧に耐える構造ながらアルミに匹敵する 軽 量 薄 肉 形 状 に 仕 上 げ て い る 。ラ イ ナ ー レ ス 構 造 に で き る の も メ リ ッ ト 。A D 型 の オ ー プン型に対し、本機はクローズドデッ...
【V6から置き換えられたスズキ最大排気量エンジン】 エスクード用 2.0lがベース。V6 がなくなった現在、スズキの四輪エンジンでは最大排気量となる。ターボ化でノーマル比 3 倍もの出力を引き出すようなモータースポーツ用途にも 耐えるブロック剛性を持つユニットだが、排気量拡大をボアアップで行なう等いささか古めかしい手法で作られており、実際に旧世代設計のエンジンだ。...
【ダ イ ナ ミッ ク・プ レ ッ シ ャ ー・タ ー ボ を 採 用 し た 2 . 5 lタ ー ボ】 直 4 最 大 排 気 量 の P Y - V P R を ベ ー ス に 過 給 仕 様 と し た S K Y A C T I V シ リ ー ズ 初 の ガ ソ リ ン タ ー ボ 。R O N 9 1 のレギュラーガソリン仕様のため、オクタン価の低いガソリン使用で問題となるノッキング対策に独自の 解決手法を用いている。燃焼後の筒内に残った熱い燃焼ガ...
【フィットに搭載か? ホンダの1.0l直3直噴ターボ】 ホンダのパワートレーン戦略「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」 では、既存のガソリン NA エンジンの多くをターボエンジンに置 き換える方向性が示唆されている。すでにシビック Type-R 用の K 2 0 C 、ス テ ッ プ ワ ゴ ン 等 に 搭 載 さ れ る L 1 5 B / T C で 、実 現 が 図 られているが、1.5~1.8lNA エンジンの代替として、1.0l直列...
【スズキ4気筒の主役。スポーツ性も健在】 G M と の 提 携 を 解 消 し 独 自 に 世 界 市 場 を 開 拓 す る た め の 戦 略 エ ン ジ ン と し て 登 場 。い か に も 古 か っ た G 型を一新し、性能面だけでなく振動と騒音を洗練させることに留意している。78.0 mmのボア はシリーズ共通でストロークの変更により1.6lまで対応。例外としてボア 83.0 mmの M18A が存在 するが、国内向けには生...
【一時 代を築いたパワー型ボクサーエンジンApplication:WRX】 1989 年の登場以来、永くスバル・ボクサーエンジンの代名 詞 と し て 、1 . 6 ~ 2 . 5 l の 排 気 量 、S O H C と D O H C 、N A に タ ー ボ、ローンバーンや LPG 仕様等、多種多彩なラインアップを 誇 っ た シ リ ー ズ だ が 、燃 費 & 環 境 指 向 に 反 す る シ ョ ー ト ス ト ロ ー ク 設 計 が 徒 と な っ て 、一 気 ...
【HEV用もラインアップするトヨタの中核エンジン】 2ZR-FXEは2ZR-FEをベースにハイブリッド用に性能を特化させたもの。1.5ℓの1NZ-FXEから300ccの排気量アップはダウンサイジングの時流から外れるように見えるが、エンジンのみの走行となる高速域では、アイドルストップや回生ブレーキが使えず、エンジンそのもののパワー&トルクを上げないと結果的に燃費が稼げない。エンジンに余裕を持たせてシステム全体の効率を高めるた...
66件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る