AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • DIS
  • -Draft International Standard
ISO国際規格案。
  • FF
  • -front engine, front wheel drive
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい路面で、前輪が外側にふくらむ傾向はあるが走行はできる。プロペラシャフトはなく、デフは変速機と一体化され軽量コンパクト化がはかられる。前輪荷重が大きくタイヤの摩耗は大きい。
  • NEDO
  • -New Energy & Industrial Technology Development Organization
新エネルギー産業技術総合開発機構。1980年に政府および民間の協力で創設された、石油代替エネルギーの総合開発を主業務とする機関。太陽光、風力、燃料電池などの技術開発、フィールドテストなどの導入促進事業の展開により、新エネルギー、省エネルギーの導入拡大をはかるとともに、これらの知見をもとに地球温暖化問題にも取り組んでいる。また、民間部門では実施困難な基礎的、先導的な研究開発支援や、実用化研究開発によ...
  • NTA
  • -National Type Approval
国家型式認可制度。欧州各国におけるクルマの認証制度のことで、クルマをある国に導入しようとする場合、認可申請書類および認証車を提示し、その国で義務づけられた車両法規に準じて審査を受け、認可を受けることにより、その国でクルマを販売できる仕組みをいう。EU(欧州連合)内においては、NTAの代わりに統一型式認証制度が実施されており、1998年以降乗用車(M1)に義務づけられている。
  • PP-GF30
  • -polypropylene glass fiber
グランドポリプロ(グランド・ポリマー社の商品名)は熱可塑性樹脂であるポリプロピレンに、重量比30%のガラス繊維を入れたものである。ガラス繊維を入れることにより、その製品の剛性を高めることができる。ラジエーターのサブタンクなどに使用されている。
  • T/M
  • -transmission
トランスミッションの略語。エンジンのトルク特性をもとに、発進、登坂、加速ができるよう、また最高速が出せるように、終減速機との間でエンジン回転数やトルクを変える装置である。騒音や燃費や排ガス規制に対応するために最適変速比を選定している。手動変速機、自動変速機、半自動変速機がある。
  • SUS
  • -stainless steel
ステンレス鋼。Cr(クロム)を添加して、強靭で耐食性を高めた鋼のこと。全面腐食には強いが、局部腐食や引張り応力下での応力腐食にはやや弱い。対策としては不純物S(硫黄)を低減すること。一般的にCrが多いほど錆びにくい。普通鋼より熱伝導度が低く、変形抵抗が大のため、鋼板の圧延条件は厳しい。錆びにくいので美観用のモール、耐熱性が高いので排気系部品、日常では台所の流しやバスタブに使われる。
  • CD値
  • -coefficient of drag
空気抵抗係数。抗力係数ともいい、空気6分力係数のうちクルマの前後方向に作用し、クルマを押しもどそうとする力で、理論上の最大値は1.0となる。この値を10%小さくすると燃費は約2%向上するといわれている。その値は空気抵抗、空気密度、車速、前面投影面積などに関係する。
  • HDV
  • -heavy duty vehicle
重量車。アメリカおよびカナダにおける排出ガス規制上のカテゴリーのひとつ。GVWR(定格車両総重量)が8500ポンド、または空車重量が6000ポンドを超えるクルマ、または、前面投影面積が45ft2を超えるクルマをいう。EPA発行のCFR・Title40・Part86に定義されている。なお、カリフォルニア州では定義が異なる。
国連・欧州統一法規であるECE規則や、EUにおけるEC指令のなかで定義づけられている車両カテゴリーのひとつで、貨物の輸送に用いられるクルマのなかでもGVWが3.5t以下のものをいう。また、GVWが3.5tを超え、12t以下のクルマはN2になり、GVWが12tを超えるクルマはN3に分類される。
  • UNEP
  • -United Nations Environment Program
国連環境計画。都市、淡水資源管理のため、国連の下部機関として1972年設立され、さらに活強化のため、92年、傘下に国際環境技術センター(IETC)を、日本を本拠に設立、発展途上国と経済体制移行国を対象に、下水、大気汚染、廃棄物、騒音などの都市環境問題、および淡水資源の管理を促進する活動を実施している。
  • N2O
  • -dinitrogen monoxide
一酸化二窒素。1997年のCOP3京都会議において、二酸化炭素、メタン、対流圏オゾン、クロロフルオロカーボン(CFC)などとともに、代表的な温室効果ガスのひとつとしてクローズアップされた。二酸化炭素の約100~280倍もの温室効果能をもつといわれるガスである。おもな排出源は自動車、燃焼、アジピン酸(ナイロンの原料)製造、自然界(土壌や湖、湿地など)、排水処理があげられ、排出量の究明や早急な削減対策が求められている。
  • CIM
  • -computer integrated manufacturing
企業全体の情報システムの一環として、すべての製造過程をコンピューターによって統合管理すること。CAD、CAM、FAなどを含む製造、技術、管理情報など、生産現場で発生する各種情報を統合している。
  • SEA
  • -selective enforcement auditing
排出ガス抜取り監査。アメリカで適用されている監査で、生産されたクルマが市場に出される前に、当局によって行われる排出ガス検査をいう。監査の対象車両はEPA長官により決定され、メーカーの生産ラインまたは新車置き場からクルマを無作為に抽出し、認証試験と同様の方法で排出ガスが測定される。
4座席以上の量産車(年間2500台以上生産されるクルマ。JAF用語ではツーリングカーという)で、JAFに公認されているか、JAF登録車両として登録されているもの。原則として安全設備以外の改造は許されていない。オーバーフェンダーも禁止。各サーキットでは、N1規定に準じたフレッシュマンレースやワンメイクレース(ひとつの車種だけで競われるレース)が盛んに行われている。シビック、カローラ、パルサー、マツダ・ロードスターな...
  • TPS
  • -throttle position sensor
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。スロットルチャンバーのバタフライ弁の外側端部に、ポテンショ式(抵抗体上を接点が摺動する方式)角度センサーを装着して使う。エンジン燃料噴射、トラクション制御、電子制御ATなどがこの出力信号を使用する。
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動車の国連であり、本部はフランスのパリにある。ユーザーサービスなどは各国の自動車協会が行うので、モータースポーツ関連の国際レベルの調整が主たる役割である。自動車競技規則の制定、車両、サーキットの公認、国際モータースポーツカレンダー制定、国際競技者ライセンスの発給など、モータースポーツにかかわる幅広い調整統括機能を有す。FI...
  • JAIA
  • -Japan Automobile Importers Association
日本自動車輸入組合。海外の自動車メーカーと直接輸入契約を結び、国内にクルマを輸入、販売しているインポーターによって構成される業界団体をいう。クルマの輸入貿易の健全な発展をはかるため、1965年に設立された。毎年、日本各地で開催される輸入車ショウを主催、共催あるいは後援するなど、輸入自動車にかかわる幅広い事業を行っている。
  • ACV
  • -air control valve
空気流量制御弁のこと。必要に応じエンジンに供給される1次、または2次空気の流量増減制御を行う。
  • PS
  • -polystyrene
ポリスチレンは熱可塑性プラスチックの汎用プラスチックに分類され、ベンゼンとエチレンから、まずスチレンモノマーをつくり、これをさらに重合させたものである。このようにつくられたポリマーを一般用ポリスチレン(GPPS)といい、これに合成ゴムを添加して耐衝撃性を改良したものをハイインパクトポリスチレン(HIPS)と呼ぶ。特徴としては硬く、透明性がよく、着色自由であるが、もろい(これを改良したのがHIPSである)。用途と...
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る