AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > モータースポーツ

大車林の「モータースポーツ」のキーワード1232件


高熱、高温下で金属や塩類を溶解や保温を行う耐熱性のつぼ状の容器をいう。黒鉛、耐火粘土などでつくられることが多いが、白金、石英、アルミナが利用されることもある。各種金属材料の研究開発用とする小型のものから工業用の大型のものまで、ざまざまな種類がある。中の材料が直接火炎に接触しないので化学変化が起きにくく、成分比率が重要な合金の溶融に適する。
1910年に設立したイタリアのメーカー。20年代には天才設計家、ビットリオ・ヤーノを擁して、彼が設計したP2やP3がグランプリ・レースで、また、6C1750や8C2300がスポーツカーレースで目覚ましい活躍を見せた(例えばルマンで8C2300が4連勝を達成)。第2次世界大戦直前、ボワチュレット・クラス用に開発したティーポ158アルフェッタは、50年から始まったF1世界選手権の最初の2シーズンを制した。その後、一時レースから遠ざかった...
重心のこと。レースマシンの操縦安定性を決める重要な設計要因のひとつが重心位置である。また、速く走るためのマシンセッティングで、重心位置をあえてオリジナルから動かすことで対応する場合がある。
ホイールアライメントを計測する装置をいう。ボータブル式、定置式、実用の実車装着式がある。ポータブル式は、ターニングラジアスゲージおよびアライメントゲージ(水準器など)でキャンバー角、キャスター角、キングピン傾斜角を、トーインゲージなどでトーインを計測する(定置式には、車輪が静止状態のものと回転状態のものがある。前者は、4輪に発光器とセンサーを備えたジグを装着して、4輪同時にアライメントを測定する。後...
一般のウォームギヤのセットは、ウォームと歯数の多いウォーム歯車(ウォームホイール)で構成され、入力軸と出力軸は直交し、1:10~1:20の大きな減速比が得られる。動力の流れは、ウォームからウォーム歯車の方向である。デフの差動制限装置に、制限トルク(空転抵抗トルク)が入力トルクに比例するトルセンLSDがあり、差動制限機構にこのギヤが使用されている。トルセンに使用されているウォーム歯の場合は、傾斜角(軸直角線か...
Dr.ルドルフ・ボーへンジーペンとその息子、ブルカルトが1961年にBMW1500用のツイン・ウエーバーキャブレーターの開発を開始。アルピナの高品質なチューニングはメーカーの保証も受けられたほど。そして68年、ツーリングカーレースに参戦を開始。ETCを筆頭にスパ24時間、欧州耐久クラシック、すべてのドイツ国内選手権を制したのが70年。以降、レースでの快進撃は77年まで続き、翌78年にはアルピナB62.8(BMWE21ベース)をリリー...
日本の道路運送車両法では、1名分の座席寸法を「座面が幅380mm×奥行き400mm以上の面積をもち、座面上方の空間に400mm以上の幅を確保していること」と定めているほか、ヘッドレストや乗員拘束装置などに関する細かな保安基準と技術基準を満たすことが求められる。逆に、それらの規格を最低限満たせば、実際には大人が座るにはやや無理としても1名分のシートとしてカウントされる。例えば、後席座面の幅については760mm以上であれ...
ホイールバランサーのうち、タイヤとホイールを組み立てた状態でアンバランスを修正する装置をいう。実車に取り付けた状態でアンバランスを修正するオンザカー式のホイールバランサーと区別していう。定置式が多い。ホイールは通常、実車用のものが使われるが、タイヤ単体のアンバランスを計測し修正するために、精密に加工された代用ホイールもある。一般に静的アンバランスと動的アンバランスを分離して計測、修正でき、計測...
1986年にマーチにスポンサーを開始した日本企業。翌年からレイトンハウス・マーチとしてF1に参戦。92年撤退。シーズン最高成績は88年の6位。
金属元素のうち産出量が少ないもの、または産出量が多くても精錬に高度の技術が必要で生産量が少ないものをいう。明確な定義はなく、貴金属(白金、金、銀など)、希土類金属(セリウムなど)、高融点金属(ニオブ、モリブデン、タングステンなど)があげられる。
ビッグレースにおいて、初出場のドライバーに対して、予選出場を認可するために実施される。通常はプラクティスでのラップタイムをみて判断される。
再スタート。おもにアメリカのレースで使われる用語で、正式スタート後、事故などで、全コース追越し禁止になったあとのレース再開のスタート。ほかのレースでも、赤旗でレースが停止されたときに、再度スタートのやり直しが行われることをリスタートと呼ぶ。
イギリス最大のモータースポーツイベント。以前はRACラリーと呼ばれたが、1998年から国名を冠したラリーとなった。冬のイギリスが舞台だけにグラベル路面は雨の影響を受けて泥濘状になることも多く、ターマック出身のドライバーに勝ち目が少ない。事実グレートブリテンの優勝者は北ヨーロッパ出身のドライバーたちによって占められている。例年WRC最終戦として開催され、シーズン最後を飾るビッグイベントとして知られている。
狙いの材料特性を得るために、異なった特性を有する複数の材料を積層して一体化する加工法。材料の組み合わせとしては鋼板とプラスチック、プラスチックと繊維布、複数のプラスチックなどがある。複数のシートを圧延して一体化し、複合材のシートにしたあと金型で成形して所望の部品を得る方法と、複数の材料を直接金型に挿入し、積層と成形を同時に行うなど多彩な加工法が可能である。ボンネット、フェンダーやガソリンタンク...
レースシーンでの競り合いで、マナーやルールなどの規範から逸脱した走行を指す。多くのスポーツで使われているが、モータースポーツでは直接的に人命にかかわる行為となるため、厳重なペナルティが科せられる。レースでは意図的な車両の接触などに関して使用されることが多い。
2点式の腰ベルトのこと。座席の左右に取付け点を設けて、腰から下腹部を拘束するタイプのシートベルトである。巻取り装置のあるものと手動調整タイプの2種類がみられる。近年では、セダン系の後席やRV系の後席などの中央席で使われるものが多い。シートベルトの初期には、ラップベルトは日本やアメリカなど欧州以外の地域で、運転席などの前席でも使用される例が多かったが、最近では前席や後席の外側席は3点式が使われている。...
ヨー角の変化する速さをいう。クルマの重心点を通る鉛直軸まわりの回転角速度である。横加速度とともに旋回運動を定義し、解析するための基本パラメーターとして広く使われる。操縦感覚からはヨー角がコースとの位置関係をみるうえで重要であるのに対し、ヨーレートは変化速度のため敏感に感じるとともに進路の予見性のためにより重視される。したがって、進路追従にあたって、クルマの挙動に対する信頼感を確保するうえでもス...
イタリアのコンストラクター。1970年代後半にF2チームを率いていたジャンカルロ・ミナルディが、80年からマシンを自製に変更、85年にはF1にステップアップした。以後、現在まで参戦しつづけているが、デビュー以来資金不足の状態が続いている。90年代に入るとチームオーナーが目まぐるしく入れ替わり、現在のオーナーはイギリス人のポール・ストッダート(ただしジャンカルロもマネージャーとして在籍)。だが、存続が危ぶまれる...
FIAミドルイーストラリー選手権(MERC)。ヨーロッパに続き、各国のラリーの歴史が古い中東での地域選手権として1985年に制定。選手権のラリーは、アラブ最大の国でモータースポーツを禁止しているサウジアラビアを除く、中東各国で開催される。最大のラリーはレバノン(ターマック)。また、中東とヨーロッパの中間に位置するキプロスではヨーロッパ選手権と中東選手権両方のラリーが開催されることもある。
ラリー競技は、主催者に指示されたコースに沿って走行するが、コマ図地点を間違って規定コースを外れてしまうケースもある。これがミスコース。通常、国内ラリーでは、コース図がスタート直前に主催者から手渡されるケースが多く、コース図以外にコースを知ることができないため、ミスコースする危険性が高い。
1232件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
yarema.ua

Наш нужный интернет-сайт с информацией про логистические услуги www.ukrterminal.kiev.ua
Наша организация предлагает Aquatest купить недорого с доставкой.