AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > モータースポーツ

大車林の「モータースポーツ」のキーワード1232件


FIAの車両規則で定められた規格を表す言葉であり、一般には車両規定で決められるレース専用車両を指す。規格第1号はフォーミュラ1(F1)であり、そのほかフォーミュラ3000(F3000)、フォーミュラ3 (F3)などがある。現在は、タイヤとホイールが露出した屋根のない1人乗りのレーシングカーを総称して、フォーミュラカーと呼んでる。
1981年のWRCコドライバーチャンピオン、デイビッド・リチャーズが社長を務めるモータースポーツ会社。ポルシェでの活動を皮切りにBMW、そしてスバルとラリーで着実な地位を築き、100%自動車メーカーから独立したエンジニアリング、レーシング会社として大成功を収めた。ラリーだけではなく、サーキットレースの活動も行い、BMW、アルファロメオ、ホンダ、フォードなどのツーリングカーでの経験も深い。また世界各国の自動車メ...
鋳鉄製のブレーキローターをカーボンファイバー製に置き換えたたもの。1977年、ブラバムが用いたのが最初といわれている。軽量で比熱が高いため、ブレーキ性能は高いが、素材が高価て、加工も難しく、冷間時には本来の性能を発揮しないため、市販車では超高性能車の一部にしか採用されていない。競技車でもカテゴリーによっては、コスト抑制のため車両規則で禁止されることもある。ブレーキパッドもカーボン製を用いるのが一般的。
勝利者。そのレースの優勝者を指す。通常、表彰式においては3位まで表彰台の上で表彰されるが、優勝者は月桂樹の葉でつくったレイか冠を授けられる。また、レース主催者やスポンサーからの賞金やカップメダルなどを授与される。
イタリアのメーカー。1946年にピエーロ・ドゥージオが設立。ピニンファリナがデザインした流麗なスタイルの市販スポーツカーて知られるが、47年にタイプ360という先進的なF1マシンを製作したことでレース界にも名を残した。マシンの設計はポルシェ設計事務所(ただしフェルディナンド・ポルシェは関与せず)が担当。水平対向12気筒エンジンをミッドシップに搭載し、4輪駆動システムを組み合わせるという斬新なものだった。しかし...
世界で最初のレースとして記録に残っているのがパリ~ボルドー~パリ。1895年に開催されている。このレースばかりでなく1903年のパリ~マドリッドレースなど、黎明期のレースは、サーキットでは行われず、各都市を速く移動する都市間レースだけが行われていた。こうしたパリをスタートする都市間レースを総称してパリ・レースとも呼んでいる。
インスツルメントパネル本体のこと。運転席の前方には計器板が、助手席の前方にはグローブボックス(小物入れ)が、中央部の前方にはオーディオ装置(最近ではナビゲーションモニター)、デフロスターおよびエアコンシステム操作スイッチ類を設けている。助手席用エアバッグ装備車は、グロープボックス上部のファシア内にエアバッグを内蔵させている。日本ではアメリカ式にインスツルメントパネルと呼ぶのが一般的。衝突時の乗員保...
  • RS
  • -Racing Sport
クローズドサーキット専用のタイヤを覆うカウルの付いた、オープンタイプの単座席レーシングカー。エンジンは2000ccまでのレシプロ、ロータリーは13Bが使用可能。2002年のレースでは、トヨタ3S-GE(7600rpmのリミッター付き)と3ローターの13Bが勢力を2分した。以前はF4などのシャシーにカウルを載せたものもあったが、現在はオリジナルのシャシー、カウルが大半を占めている。最低車重は500kg。タイヤも自由。1983年に筑波でRJ、...
  • F4
  • -Formula 4
JAF国際競技車両規則に準じたフォーミュラマシン。入門カテゴリーであるFJ1600とF3の中間に位置する。エンジンは1850ccまでで、4気筒に制限、過給機は禁止。車重はドライバーを含めて545kg。車両諸元は全幅1700mm、最小ホイールベース2000mm、最小トレッド1200mm。マシンの車両規定はF3に酷似しており、タイヤも当初バイアスタイヤだったが、途中からラジアルタイヤに変更。また、リミテッド・スリップデフの使用も認められるこ...
ワールによって提唱された代表的なコイルばねの応力修正係数で、k=(4c-1)÷(4c-4)+0.615÷cで表される(c=ばね指数)。ほかにレーバー、ウッド、ゲーナーなどの理論があるが、JIS B2704ではワールの式を用いることとしている。
荷重があまりかからない部分のぜい肉を取り除くために穴をあけた軽減穴のこと。最大応力は最外側に発生する場合がほとんどである。荷重があまりかからないぜい肉部分に軽減穴をあけるのは、理にかなった軽量化手法である。軽減穴は切欠き効果の起こらない、スムースな形状であれば丸くなくてもよい。
一般の乗用車を小改造して行われるレース。改造範囲は最大でもグループNの範疇である。同じマシンを使うワンメイクレースも多い。レースの入門者や、レースをホビーとして楽しむ人たちに愛されるレースである。
接触した物と物とが相対的に変位するときに発生する音のこと。ワイパー作動時に、ワイパープレードとガラス面との間で生ずる音、ガラス昇降時に、ガラスとシールラバーやウインドサッシュとの間で生ずる音などが典型的な例である。
イギリスのレーシングエンジンメーカー。ジョン・ジャッドが1970年代初めに設立(正式社名はエンジン・デベロップメント)。F3エンジンなどのチューニングを経て、やがてF1用のコスワースDFVのメンテナンスを3青け負うようになった。また、80年代初めには、ホンダのF2エンジンのメンテナンスも担当した。その後、ホンダのエンジンをベースにCARTやF3000周にエンジンを製作。88年からは自らの名前を付けたV8エンジン、CVでF1にも進...
F1レースに出場するために必要なライセンス。過去の成績が発給の基本となり、毎年のFIA発行の国際スポーツ法典に保有者は記載される。新規の場合の審査基準としては、過去2年以内に国際F3000選手権の最終成績で上位4位以内とか、過去2年以内にF3000選手権で上位3位以内に5回入賞、6位以内に10戦入賞、インディ&CARTの最終上位を6位以内、さらにはイギリス、フランス、イタリア、日本のF3チャンピオン、F3000の最終上位3位以内(...
車軸を支えるハブと、サスペンションを支えるピボット、ブレーキキャリパーのピックアップポイントなどを備える部位をいう。軽合金の一体鋳造、あるいは鋼鈑を溶接組立てによって製造する。
1890年代末にオレステ・フラスキーニとチェーザレ・イソッタが共同で設立したイタリアの自動車メーカー、コーチビルダー。1909年に世界で初めて4輪制動付き自動車を製造し、翌年のインデイレースに持ち込んだ。イソッタ・フラスキーニ製のマシンは強力なエンジンに頑丈なシャシーをもっていたため、多くのコーチヒールダーたちがツーリングカーに仕立てている。14年からの生産車にはすべて4輪制動が装備され、47年には斬新なモ...
ピラーに沿って取り付けられているラジオ受信用のアンテナのこと。ピラーへ内蔵され、使用時は引き出されるものと外側へ取り付けられるものがある。ピラーの外へ取り付けられたものはピラーに影響されFM受信性能が落ちる。また風雨にさらされ、錆び付きなどで受信性能の劣化がある。水、錆び、振動、風切り音、雑音性、突起感、美観などに配慮が必要である。自動車用アンテナはJASO規格D501に規定されている。
フラッシャーランプを点滅させるための断続電流を発生するユニット。従来の熱線式やコンデンサー式のものから、最近では半導体を用いた電子式が主流になってきている。またフラッシャーユニットはハザードユニットと兼用したものが多く、4輪車ではほとんどこの方式である。電子式フラッシャーユニットの構成は、発振回路と断線検出回路から成り立っており、発振回路はハイブリッドIC化され、時計を内蔵して間欠ワイパーなどにも...
アメリカのコンストラクター、レーシングチーム。元ドライバーで現在のアメリカ・レース界の大立者であるロジャー・ペンスキーが1966年にチームを設立。最初は市販のマシンでCan-Amシリーズやインディカーレースに出場していたが、やがてメーカーからレース活動を委託されるようになり、72、73年にはポルシェのワークスマシンでCan-Amシリーズを制覇。74年からは自ら開発したマシンでF1に参戦、76年に1勝したがシーズン終了後に...
1232件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
штори на люверсах

Наш нужный интернет-сайт с информацией про логистические услуги www.ukrterminal.kiev.ua