AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


スイングアーム式サスペンションの一種で、ピポット軸がアクスルより前方にあるトレーリングアームを用いたサスペンションのこと。ピボット軸が車両の横軸と平行なフルトレーリングアーム式とトーションビーム式、およびピボット軸が車両の横軸に対して角度(後退角) をもつセミトレーリングアーム式がある。フルトレーリングアーム式をトレーリングアーム式と呼ぶことも少なくない。構造は比較的シンプルで、ばね下重量は軽いが...
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロアエンジン方式で、ミッドシップに搭載していた。
車輸が路面の大きなへこみ部を通過したときなど、リバウンドストッパーで止められた、もっともばねが伸びた状態をいう。フルリバウンド時には激しくリバウンドストッパーに当たるので、車体に大きな衝撃が伝わる。
タイヤが路面に接している部分で、コンタクトパッチあるいはフットプリントともいう。接地面の大きさは小型乗用車クラスで葉書1枚ぶんくらいの面積しかない。わずかこれだけの面積で、大きな車輪荷重を支え、かつクルマの運動の源になる駆動力、制動力、横力を発生させる。そのような働きを可能にするのはタイヤの構造だけでなく空気圧によるところが大きい。接地面の形は標準タイヤでは縦長であるが、偏平度が増す(偏平比が小...
中心線と作用線などとのなす角度。例えば、振り子運動するときの中心線と振り子のなす角度のこと。また、風の流れに対する車両の中心線との角度もいう。エンジンにおいては揺動角ともいい、コネクティングロッドがクランクピンの回転によって揺動するが、この角度が大きいと、4気筒エンジンの場合、2次振動を発生させる原因となる不平衡慣性力が増大する。揺動角を小さくするためにコンロッドの長さとクランクの回転半径の比を...
自動車製造において、ボディを構成する外板、内板のパネル精度を検査するための板金検査具で、おもにチェッカー自体は樹脂、補強骨は鋼材でつくられる。部品の受け部はそれにパネルが固定されるように、パネル部品の形状に加工されて、一般測定部はパネルと2~3mmの隙をもって形成される。該当パネル部品をそのパネルチェッカーにセットしてロケートピン、クランプなどで固定し、組付け時の重要部(とくに相手部品との関連部)に...
タイヤの接地面の単位面積当たりに作用している垂直力のこと。平均接地圧は、タイヤ全荷重÷接地面積である。接地圧は一様でなく、接地面の各部で異なる。接地面全体における分布を接地圧分布という。接地圧分布は空気圧、タイヤ荷重、タイヤの姿勢、コーナリングフォースを発生させる横方向のスリップ、駆動力や制動力を発生させる前後方向のスリップの度合いによって、接地面の形とともに変わる。接地圧分布はクルマの運動に必...
全天候タイヤともいう。一般に使用されるタイヤは雪氷路面用のスノータイヤ(現在はスタッドレスタイヤが主)と、雪氷以外の路面で使用されるタイヤ(通称夏タイヤ)に分けられる。しかし、アメリカにおいては一般の路面で走ることを主とするが、雪が降っても安全に走ることのできるタイヤの要求があり、オールウェザータイヤが生まれた。日本での普及は少ない。
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備されている。また手動でチルトまたはテレスコピックさせることができるものもある。
直進走行時にステアリングホイールが傾いていることをいう。トー角や残留コーナリングフォースなどによる、左右前輪の横力がバランスしている直進状態に対して、ステアリングホイールがずれているために起こる。また、後輸のトー角やラテラルフォースデビエーションが、車体の直進姿勢を決めるためオフセンターに影響することがある。通常、ステアリングホイールのボスの差し替えか、前輪トー角を変えて修正する。
ステアリング、ハンドリング性能の評価、物理量特性計測)のために各種半径のコーナー、路面勾配、カント、路面形状が組み合わされた試験路をいう。コースは通常周囲路となっており、8の字に近い1周数百メートルの小規模のものから1周数キロメートルで各種のコーナー、へアピン、路面形状がウエット評価の設備などもある大規模なものまである。一般的に試験路は市場の道路が模擬されており、路面の幅は狭くラインどりの自由度は...
ドアロックに採用されている機構で、ドアロックが、完全にブロックされるもの。ウインドウガラスを砕いてもドアは内側からも外側からも開けることができない。ドアロックをまわしても解錠されずドアロックの操作は不可能になる。サーブに採用されている盗難防止機構。
パワーステアリングやATのオイルポンプに使用される羽根ポンプのこと。ローターが回転すると、ローターの溝に組み込まれたベーンが遠心力で飛び出し、偏心したカムリングの内側面に沿って回転する。このとき油室の容積が変化して吸入・吐出作用が行われる。送油量が多く静寂で、ベーンが摩耗してもクリアランスが増加しない利点がある。
デッドアクスルに対して、駆動輸を支えるドライビングアクスルのこと。リジッドアクスルで駆動軸を内蔵させ、終減速機を取り付けるアクスルケースは、その形状からバンジョーアクスルと呼ぶ。乗用車用には、終減速機のハウジングにアクスルチューブを圧入する構造もある。両端に駆動車曲(ドライブシャフト)用軸受けハウジングを設け、支持構造の違いで全浮動式、半浮動式に区分する。ステアリングアクスルの場合には、ドライブ...
ウインドウガラスの霜(曇り)取り装置のひとつ。熱線をガラス内側にプリント配線して、通電による熱で付着した霜や曇りを除去する仕組みで、おもにリヤウインドウ用として装備されている。寒冷地仕様車では、フロントウインドシールドに同様な機構を設けたクルマが一般的。これは、ガラスに凍結したワイパーを作動できるようにするための工夫で、ワイパーデアイサーと呼ばれる。
路面からのショックがステアリングホイールに伝わること。ラック&ピニオンの場合はとくにこの性質が強いが、これはシステムとして力の逆向きを許す、いわゆる可逆性であるため。キックバックがあまり大きいと危険だが、ある程度のものは路面状況をドライバーに伝えるステアリングフィールとして必要である。
車体に取り付けられている車輪を正面から見たときに、車輪の上方が車体の内側に傾斜している負(-)のキャンバーのこと。ネガティブキャンバーにより生じる横力であるキャンバースラストは、車輸の内向きに作用する。一般にコーナリング時には、車体のロールの影響で外輪の対地キャンバーが正になりやすく、コーナリング性能を低下させる。スポーティ車など高いコーナリング性能をもつクルマでは、バンプ時のキャンバー変化をネ...
プレスの絞り加工において、ブランクホルダーでつかまれている鋼板にパンチが当たって成形が始まる。その瞬間に、鋼板はダイ側のコーナーR、パンチ側の肩部において急激な引っ張りと曲げ加工を受けて、線状に板厚減少が起きる。その部位が成形後、製品上に痕跡として残るのをショックラインという。自動車ボディ部品では絞りが深く、材料の流入量の多いフロント、リヤフェンダーなどの外板パネルに現れやすく、その外観品質を著...
リン酸塩を用いて金属の表面を化成処理し、表面に生成した化成皮膜のことをいう。緻密で密着性がよく、防錆力が強い。鉄鋼にはリン酸亜鉛、リン酸鉄などが、アルミニウムや亜鉛にはリン酸塩が化成処理剤として使用される。
運転者がペダルを操作して、各輪のブレーキ機構を空気圧で制御する一連のバルブを、メインブレーキバルブと呼ぶ。そのなかでエアブレーキバルブは、ブレーキペダルの踏み込みを検出して、エアタンクからブレーキエアチャンバーへの空気圧の供給・排出を制御するバルブである。常用ブレーキ用2系統ラインの圧力を制御するデュアルエアブレーキバルブと一体構造にして、ブレーキペダルの下に直結配置する。デュアルブレーキバルブ...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации авторитетный веб сайт , он рассказывает про стратегии инвестирования.
Нашел в интернете нужный веб портал на тематику Mi Mobile Power Bank 2.
www.best-cooler.reviews/