AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


付加した補助質量と、ばねによる特定周波数共振を利用して、過大振動を吸収または制御する制振装置である。ダイナミックダンパーは慣用語で、正式には英語と同義の動的吸振器で、板ばね懸架装置やパワープラントのマウンティングなどに用いられる。当初のAT車には、車体のこもり音を低減するためにダイナミックダンパーを付加したものがあった。振動源、伝達系の特定周波数に合わせて調整したダイナミックダンパーの付加により...
ブレーキ時やコーナリング時のトー角の変化を好ましい特性に変えるために、サスペンションのリンク系に追加するリンクをいう。ブレーキ力やコーナリング時の横力がタイヤに作用すると、ブッシュなどの変形によるコンプライアンスステアの影響でトー角が変化する。通常、トーアウト方向に変化する傾向があり、車両の安定性を損ねる。そこで車体側の部材とホイール側部品の間にリンクを追加して、リンクの動く軌跡から、トーアウ...
車輸が路面の大きなへこみ部を通過したときなど、リバウンドストッパーで止められた、もっともばねが伸びた状態をいう。フルリバウンド時には激しくリバウンドストッパーに当たるので、車体に大きな衝撃が伝わる。
負圧取出し口からバキュームブースターの間に取り付けられ、バキュームブースターのバキュームを保持するバルブ。チェックバルブ内の空気は一方向にしか流れないので、ブースター内は高いバキュームで保持される。またなんらかの原因でバキュームが供給されなくなったときでも、少なくとも1回のブレーキは有効である。
タイヤの接地中心を通る、タイヤの前後方向軸まわりのモーメントをいう。路面からタイヤに作用するモーメントのうち、タイヤを横に倒す方向のモーメントであるが、簡易的な解析では省略されることが多い。
ストラット、平行に横置きされた2本のパラレルリンク、斜め前方に伸びるラジアスロッドによって構成されているサスペンション。バウンド、リバウンド時、制動時および突起乗越え時、コーナリング時のトー変化をラジアスロッドとパラレルリンクによって防げるため、操縦安定性が保たれる。なお、トーインの調整は、後側のパラレルリンクのサスペンションメンバー側取付け部に偏心カム式の調整機権で行う。
路面からのショックがステアリングホイールに伝わること。ラック&ピニオンの場合はとくにこの性質が強いが、これはシステムとして力の逆向きを許す、いわゆる可逆性であるため。キックバックがあまり大きいと危険だが、ある程度のものは路面状況をドライバーに伝えるステアリングフィールとして必要である。
ダイハツ車のフロント・マクファーソンストラット・サスペンションに採用されているコイルスプリングの呼称。コイルスプリングの中心線を、ショックアブソーバーの中心に対してクルマの外側にオフセットして取り付けられるため、タイヤからの横力によって発生するショックアブソーバーのピストンやロッドの摺動抵抗を減少させ、乗り心地や操縦安定性を向上させることができる。
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロアエンジン方式で、ミッドシップに搭載していた。
校正のこと。計測装置の示す値が正しいかどうかを、基準となる標準器や標準試料を使って比較し、その差異を修正すること。長さや重量などの計測装置だけでなく、材料の組成など化学成分測定装置などが対象になっている。
ドラムブレーキの形式のひとつで、2リーディング形式の変形。2個のシューをリンクで結合し、最初に入力を与えるシュー(プライマリーシュー)に発生するブレーキ力を2番目のシュー(セカンダリーシュー)の入力として働かせる方式。前進、後進とも自己サーボ効果を最大に得られるようにしたドラムブレーキで、わずかな入力で大きな制動力を発生する。効きがよく、小型にできる特徴を生かして、ドラムインディスクブレーキ(デュオサ...
ボンネットやトランクリッドが、衝突時にウインドウガラスへ侵入しないよう、前後で半分に折れやすくしたへこみビードのこと。実用の開閉操作で折れないのは当然である。またロッド式のボンネットステーが取り付いたままの全開状態から、誤操作で大荷重をかけて閉めようとしてもボンネットが折れず、ステーが先に折れるようしている(フェイルセーフ思想)。また、衝突エネルギー吸収特性をよくするため、フレームに大小の大きさ...
車両重量の大きい車両で、ブースター失陥時の制動能力を確保するためには、高いマスターシリンダー圧力を必要とし、これを満たすにはマスターシリンダーの断面積を小さくする必要がある。しかし、これでは制動時のブレーキペダルストロークが大きくなり、ブレーキフィーリングが悪化してしまうため、リヤブレーキに用いる油量を別系統から供給するようにしたシステム。フロントブレーキはマスターシリンダーで発生した圧力で直...
車高調整をするトーションバースプリングで、フレームに固定するアーム部分をいう。アンカーアームのアジャストボルトの位置で車高を調整する。
非駆動輪、すなわちFF車の後輪やFR車の前輪の回転中心軸となる、短いテーパー状の回転しない車軸をいう。スピンドルはナックルやハブキャリアに固定されている。ホイールは、ベアリングを介してスピンドルに取り付けられたハブとともに、スピンドルの周りを回転する。
パルス入力信号に応じてステップ状に変位するモーターで、NCサーボの要素部品。10W以下の、精度や脱調による誤差の集積に影響されないシステムに使用する。ステップモーター、DCバルスモーター、あるいはステップモーターとも呼ぶ。可変ショックアブソーバーの制御や電子制御スロットルなど、採用例が増えている。
ステアリングリンク系の幾何学的配置と、それによるリンクの動きのこと。具体的には操舵時の内外輸の角度関係を決めるアッカーマン、パラレルステアリングなどのジオメトリーをいう。実際には多くの車両で、アッカーマンジオメトリーとパラレルステアリングジオメトリーの間に設定される。なお、キングピン軸に関するキャスター角、キャスタートレール、キングピン傾角、キングピンオフセットなどもサスペンションジオメトリー...
シート横方向の、身体支持のために高く張り出させた座面と背もたれの両側部分のこと。また、サイドサポートの張出し角度を、体形や好みに応じて調整するための機構をサイドサポートアジャスターという。
スカイフック理論とは、車体を空から吊り下げて固定し、車体と空間の間をダンパー(ショックアブソーバー)で支持するように考えたもの。これにより路面からの入力を大幅に低減し、車体の動きを抑えるため車体姿勢を常にフラットに保つことで優れた操縦安定性と、しなやかで落ち着きのある乗り心地を実現する。
ブレーキが効きはじめてから停止するまでに走行した距離。制動操作から停止するまでの距離から空走距離(足の踏み替えとブレーキペダルの遊びによりブレーキが作用するまでに空走する距離)を減じたものが制動距離となる。制動距離は速度の2乗と車重に比例し、制動力に反比例する。
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации авторитетный веб сайт , он рассказывает про стратегии инвестирования.
Нашел в интернете нужный веб портал на тематику Mi Mobile Power Bank 2.
www.best-cooler.reviews/