AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


数値計算において、ある点での物理量がそれぞれの方向(例えば、前後左右方向)にどのように変化するかを表す近似精度。1次精度、2次精度、3次精度、高次精度と次数が上がるほど解析精度は高くなる。その反面、計算が複雑になり、多くの計算格子点を必要とする。
タイヤ接地部分のゴム層をトレッドという。このゴム層はカーカスなどのコード層を外傷や摩擦から保護するとともに、タイヤの摩擦係数やクッション機能を高める機能をもつ。タイヤ外周面に刻まれたさまざまな形態の模様はトレッドパターンと呼ばれ、接地部の路面保持力を確保して、制動、駆動、コーナリングなどのタイヤ特性を確実に作用させる。周方向に刻まれた複数のジグザグもしくは直線的な形状の溝を主としたトレッドパタ...
摩擦圧接ともいう。この方法は材料を軸方向に接触させ、加圧しながら、一方は固定し、他方を駆動系に取り付け回転させ、接触面の摩擦発熱により溶接し、溶接後、回転運動をブレーキで停止させるものである。接合面自体が発熱面となることから、熱発生の範囲は狭く、熱効率が高く、溶接変形が小さい。この溶接法はパイプや軸の溶接に適しており、自動車ではリヤアクスルハウジングやプロペラシャフト接合に利用されている。
タイヤの接地面の単位面積当たりに作用している垂直力のこと。平均接地圧は、タイヤ全荷重÷接地面積である。接地圧は一様でなく、接地面の各部で異なる。接地面全体における分布を接地圧分布という。接地圧分布は空気圧、タイヤ荷重、タイヤの姿勢、コーナリングフォースを発生させる横方向のスリップ、駆動力や制動力を発生させる前後方向のスリップの度合いによって、接地面の形とともに変わる。接地圧分布はクルマの運動に必...
アクスルとステアリングナックルがキングピンにより結合され、ホイールがキングピンを回転中心軸とする転舵方式をいう。FR車のフロントデッドアクスルに用いられる。ステアリングナックルの取付け方法に、エリオット型、逆エリオット型キングピン方式などがあるが、逆エリオット型が一般的に使用されている。
サーブのワゴンにオプション設定されている移動できる床板。車外へ50cmほど引き出すことができるため、荷物の積み降ろしを容易にし、かつ安全に行える。大人2人分の体重を支えられる(積載重量は最大200kgで、車内で荷物を固定する場合の安全重量は120kg)。また、テーブルとしても活用でき、収納時は床は平らになる。
ハーフミラー(反射ガラス)のメーターパネルにVFD(蛍光表示部)の実像を映して虚像を表示し、実際のメーターパネルの位置より奥に焦点を結ばせる特種なメーター。遠方焦点表示式、虚像表示式とも呼ばれトヨタの一部に採用されている。遠方を見る運転視界から視線を移した際の焦点移動が少なくなるので、メーターの視認性が向上するとともに眼の筋力が衰えた高齢者にも見やすくなる。トヨタのヴィッツやナディアなどでは運転席から...
ばね定数、すなわち、ばねに単位の変形を与えるのに必要な力を意味し、加えた力と変位量との比(N/mm)で定義する。回転系のばねに対しては加えたトルクと回転角との比(N・m÷rad)で表す。
リーフスプリングの各リーフ(ばね板)間に挿入しているゴム製あるいはプラスチック製の緩衝材のこと。リーフ間の金属接触をなくして板間摩擦による乗り心地の悪化、軋み音やリーフの摩耗を防ぐ。
リーフスプリングをシャックルおよび車体側のブラケットに取り付けるために、スプリングアイ部に使用するピンのこと。
リーフスプリングの両端にある円弧状に巻き込んだ部分で、目玉ともいう。普通はいちばん上のメインリーフのみにスプリングアイを付ける。トラックやバスでは2番目のリーフも全長リーフにして、その端部をメインリーフのスプリングアイに沿って巻き込んだ2番巻きにすることがある。スプリングアイの内側にスプリングブッシュを組み込み、片方をシャックルに、他方を車体側のブラケットに、スプリングピンで取り付ける。なお親子...
ハンドル操作のアシストに、モーターの駆動力を利用するパワーステアリング。車速センサーとトルクセンサー(ステアセンサー)信号をコントロールユニットに入力し、演算された制御電流をモーターに与え、操舵方向により最適な補助動力を与える。モーターの取付け位置により、コラムアシスト式とピニオンアシスト式がある。前者はステアリングシャフトの回転、後者はピニオンシャフトの回転にそれぞれ補助動力を与えている。油圧...
リーフスプリングを車体、あるいはフレームに取り付ける際に、リーフスプリングの一端に使用され、リンクの作用をする金具のこと。アクスルが上下に動いたとき、リーフスプリングが変形して、スパン(前後長)が変化するが、それを吸収する働きをする。乗用車および小型トラック用は長方形の鋼板2枚で構成され、一端はスプリングアイに、他端は車体側のブラケットに、スプリングブッシュを介してスプリングピンで取り付けられる。...
衝突時の衝撃で、2点式シートベルトを着用した乗員の上体と下肢が、くの字に折れ曲がる姿勢になることをいう。また、連結車両の制動時において、牽引車(トラクター)の後輪がロックしたときに、連結部でくの字に折れ曲がることをいう。トレーラーの後輪がロックしたときに、トレーラー後部が外に飛び出す現象をフィッシュテーリングといい、ジャックナイフ現象と区別される。
摩擦クラッチをつなぐ過程、あるいは走行中、摩擦ブレーキを作動しているとき、摩擦面の摩擦力が不均一な場合に、スティックスリップを生じ、それが振動入力となって発生する駆動系、あるいは懸架系のねじり共振である。これらの振動は、共振によってスティックスリップがさらに助長され、振動振幅が大きくなるとともに振動が持続する。
ブレーキを踏んだときに車体振動を起こしたり、ブレーキペダルが前後に振動し、ガタック現象をいう。一般的には高速で強いブレーキングを行ったときに起こりやすく、車輪の回転と同じ周期で発生する。おもな原因はローターの厚みが不均一で、ローターをはさみ込んだ2枚のパッドの間が広くなったり狭くなることの繰り返しが、サスペンションを通じて車体に伝わったり、ブレーキ配管を通じてペダルに伝わる。わずか数十ミクロンの...
サスペンション、ステアリング、ブレーキ、タイヤ、ホイールなどの足まわりの部品を指す。クルマにおいては重要な機能部品であり、操縦安定性、ブレーキ性能などの走行性能や安全性、およびNVH (振動、騒音、乗り心地)などの快適性に大きな影響を与える。
路面の代わりにダイナモメーターを連結したローラーに駆動輸を載せて実車走行試験を行う装置のこと。ローラーと駆動力の吸収、計測装置、走行抵抗(転がり、勾配、空気)調節装置、加速抵抗(フライホイール)調節装置、降坂の逆駆動装置、車速比例の送風装置などからなっている。用途は、実車動力性能、燃費測定が主であったが、排気ガス、燃費試験の頻度の高まりからから急速に広まり、環境室、無響室、減圧室、電波暗室などの設...
構造は、大別してエンジンシャシーと車体の2つから成立している。トラックの場合、自動車の骨格にあたるフレームにはエンジン、トランスミッション、プロペラシャフト、サスペンション、アクスル、タイヤ、ラジエーター、フューエルタンク、エキゾーストシステムなど、走行に必要なすべての装置が組み付けられ、運転席を載せれば自走可能である。普通はキャブを組み付けてラインオフし、車体架装に出荷される。乗用車やバン、ワ...
車両構成部品としてのユニット(組立て品)または部品をいう。自動車においては、エンジンやトランスミッション、アクスルなどのユニットを指すことが多いが、乗用車などの室内装備、すなわち計器板、フロントシート、リヤシート、ステアリングホイール、ドアトリム、ヘッドライニングなどを指す場合もある。これらの部品、装置は自動車の走行性能、操作性、居住性など、顧客の好みにより仕様の選択や組み合わせが設定されており...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации авторитетный веб сайт , он рассказывает про стратегии инвестирования.
Нашел в интернете нужный веб портал на тематику Mi Mobile Power Bank 2.
www.best-cooler.reviews/