AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


横向きに配置され、ホイールの横方向の動きをコントロールするサスペンションのリンクをいう。ストラット式サスペンションのロワリンク、マルチリンク式サスペンションのアッパーリンクとロワリンクが代表的である。
運転席から直接視認しにくい、前後バンパー付近の障害物を超音波センサーで感知し、その状況をアラームや液晶インジケーターで伝え、狭い駐車場などでの取りまわしをサポートする装置。バンパーと障害物との距離が約35cmになるまでは、パーグラフのインジケーターでその状況を表示し、障害物との距離が約35cmを切るとアラーム音が鳴り、さらに注意を促す。インジケーターはダッシュボードとリヤウインドウ手前のルーフトリム部...
エアバッグを膨らませる火薬の入った容器が2個装着されていること。衝撃の大きさによって、2個を同時に点火するか時間差をつけて点火するかを判断し、エアバッグの点火出力を2段階にコントロールする。
クルマの前後方向に配置して、ホイールの前後方向の動きを規制するサスペンションロッドのひとつ。車体への取付け部がアクスルより後方にあるものをいう。逆にアクスルの前方に配されるものをテンションロッドという。
路面状態や走行条件に対応して、自動的に、またはドライバーの選択によりばね定数を変更できるばねシステム。空気ばねの受圧面積A、内圧p、大気圧p0、容積V、たわみδとすると、ばね定数kは、k=(A2γ(p+p0)÷V)+p・dA÷(dδ)となる(γ=ポリとロープ係数)。トラック、バス用空気ばねはAを一定に保つ構造なので、右辺の第2項を無視して、Vまたはpを制御すればよい。補助タンクを設けてVを可変にする構造をハイドラクティブサスペンシ...
トレッドの中心線に対して、直角(ラジアル方向)に配置したカーカスプライコード構造をもち、ベルトにより円周方向を拘束する空気入りタイヤ。カーカスのコードはラジアル方向の力を柔軟に支え、ベルトがタイヤの外周面を強固に補強する構造である。バイアスタイヤに比してサイドウオール部の剛性が低いので、ビードフィラーと呼ばれる硬質ゴムがビード部に配置される。ベルト層が強固であるので、トレッドゴムの変形が小さく抑...
ボールスクリュー式採用以前のトラック、バス用ステアリングギヤボックスの方式。ステアリングシヤフトのヒンドレーウォームギヤ(カム)がローラー外周の連続歯面と噛み合う構造のステアリング減速機構。ギヤ歯面の担荷力、加工精度、生産性は、ボールスクリュー式におよばない。また当時、乗用車用などに、シャフト先端のウォームねじと、これに作用するピンとアームを備えたクロスシャフトからなるウォームピン式や、ボールス...
ねじり振動している系において、作用しているトルクの周波数が増大あるいは減少しても、振動が減少する状態または現象で、ねじり振動系の共振のことである。車体、エンジン、駆動系、懸架系などの構造体や各部品は、それぞれの、あるいはつながった系全体のねじり剛性と、慣性モーメントとによるねじり振動系を構成しており、トルク変動なと、入力の周波数が、これらねじり振動系の共振周波数に一致すると、小さいトルク変動量...
ステアリングリンク系の幾何学的配置と、それによるリンクの動きのこと。具体的には操舵時の内外輸の角度関係を決めるアッカーマン、パラレルステアリングなどのジオメトリーをいう。実際には多くの車両で、アッカーマンジオメトリーとパラレルステアリングジオメトリーの間に設定される。なお、キングピン軸に関するキャスター角、キャスタートレール、キングピン傾角、キングピンオフセットなどもサスペンションジオメトリー...
ドアガラスの保持と昇降のガイドをするもの。単独ではなくて、ガラスとグラスランとの組み合わせで、ガラスの保持とガイドを行う。さらにウエザーストリップとの組み合わせでドア開口部をシールして、水、外気、挨、音などの浸入を防止する。フルドアはアウターパネルとインナーパネルでサッシュを形成し、その中に単純断面の補助サッシュをアッセンブリーしている。ハードトップ車のドアにはサッシュが見えないが、ドアボディ...
フィラメントから放射した電子を、蛍光体に衝突させて発光させる3極真空管とほぼ同じ原理を使い、特定パターンに配した蛍光体を光らせて任意の表示を行う表示灯。自発光式メーターなどに採用されている。蛍光管表示のため、液晶ディスプレイや発光ダイオードなどよりかさばるが、輝度が高く視認しやすい。発光色は青緑色が多いが、オレンジ色や赤色に光る蛍光表示灯もある。
ブレーキペダルを踏んだとき、車体振動を起こしたり、ブレーキペダルが前後に振動するなどのガタツク現象をいう。一般的に高速で強いブレーキングを行ったときに起こりやすく、車輪の回転と同じ周期で発生する。おもな原因はローターの厚みの不均一で、ローターをはさみ込んだ2枚のパッドの間が、広くなったり狭くなったりすることの繰り返しが、サスペンションを通じて車体に伝わったり、ブレーキ配管を通じてペダルに伝わった...
校正のこと。計測装置の示す値が正しいかどうかを、基準となる標準器や標準試料を使って比較し、その差異を修正すること。長さや重量などの計測装置だけでなく、材料の組成など化学成分測定装置などが対象になっている。
自動車の衝突安全に関する用語で、相手のある衝突において、他と共存できる能力をいう。対自動車の衝突では、車両重量が重く堅牢なほどダメージは少ないが逆に相手に与える影響は大きくなる。この相手に対する攻撃性を減少させるために、大型乗用車の車体構造を小型車に合わせ、柔軟性をもたせ、つぶれやすくする方法や、重量そのものをアルミボディで軽量化しようとすることが検討されている。
ゴム製品は多くの場合は原料ゴムに加硫に必要な薬剤、酸化防止剤などのほかに、プロセスオイルや充填材、補強材などが添加混合されて成形される。これらのうち加硫に必要な硫黄、加硫促進剤、酸化亜鉛、ステアリン酸のみを添加した配合ゴムまたは加硫ゴムをいう。この加硫ゴムの強度は低いが、充填材による2次結合(疑似架橋)が少ないため、より理想的なゴム弾性を示すが、実用化例はほとんどない。
4リンク式サスペンションを構成する部品のひとつ。アクスルの上下をはさむように、アッパーコントロールアームとロワコントロールアームの2本の腕でホイールの動きをコントロールする。
2個のシングルマスターシリンダーを横に並べて、プッシュロッド間にリンクを渡し、ペダルで押すリンクの中間点を左右に調整できるようにしたブレーキ入力装置。リンク長によって、マスターシリンダーの入力が配分されるので、制動力配分が変えられる。レーシングカーでは、車両の仕上がり、走行条件やその変化に応じてブレーキバランスを微妙に調整できることが要求されており、コックピットのダイヤルで調整する機構をあわせも...
リン酸塩を用いて金属の表面を化成処理し、表面に生成した化成皮膜のことをいう。緻密で密着性がよく、防錆力が強い。鉄鋼にはリン酸亜鉛、リン酸鉄などが、アルミニウムや亜鉛にはリン酸塩が化成処理剤として使用される。
タイヤケーシングの構成要素である合成繊維や鋼鉄線のこと。初期は、綿布が用いられたがレーヨン(人造絹糸の要素)の発明とともに、綿コードに代わった。その後、ナイロン、ポリエステルコード、スチールコードへと変遷。現在のカーカスコードは乗用車用でポリエステル、トラック・バス用ではスチールベルトを採用。また、ベルト層の役割は遠心力による膨張変形を円環状のベルトで抑えることであり、スチールコードが好適。これ...
タイヤのカーカスは、ゴムに覆われた平行な炭層、もしくは複数層の繊維線、または金属線のコード層を左右一対のビードコアに巻き返して、タイヤの骨格を形成する強度部材。ブレーカーやベルトを加えてホイールのリムに組み込んだ状態で空気を保持し、空気量の増加に対応して圧力を上昇させる機能、いわゆる圧力容器を形成する。その意味で、タイヤのケーシングとも呼ぶ。コードは構造上の役割に応じてプライ、カーカス(集合体)...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
У нашей организации авторитетный веб сайт , он рассказывает про стратегии инвестирования.
Нашел в интернете нужный веб портал на тематику Mi Mobile Power Bank 2.
www.best-cooler.reviews/