AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備されている。また手動でチルトまたはテレスコピックさせることができるものもある。
柔軟性、たわみやすきの指標で、スティフネス、剛性、ばね定数の逆数である。サスペンションのコンプライアンスとしては、タイヤの復元モーメント、前後力による舵角変化に関するステアコンプライアンス、前後コンプライアンス、タイヤのコーナリングフォースによるキャンバー角変化に関するキャンバーコンプライアンスが代表的で、突起による衝撃を従順にいなす乗り心地に優れたコンプライアンス性、キャンバー変化に影響され...
ショット(鋼粒など)を圧縮空気または遠心力で加速させ、これを被処理物の表面に高速で衝突させて、鋳物砂、機械加工バリ、あるいは錆びなどの除去を行う表面加工のこと。使用されるショットとしては、鉄系の被処理物にはスチールショット(鋳鋼ショット)、カットワイヤ(鋼線ショット)、非鉄系、非金属系には砂、アルミニウムショット、ガラスビーズ、プラスチック粒、くるみの殻などの木質物がある。被処理物の材質と目的によっ...
ドアを開閉するときの強度、剛性、操作性などの性能をいう。ドアを強く閉めたときの大荷重や、クルマの一生涯に開閉する回数5~10万回に耐える開閉操作感のスムーズさ、閉扉時の音の大きさや音質、ドア開度(乗降性)などの性能のこと。ユーザーが直接操作するものは、予想外の千差万別な使い方を想定した性能開発が必要である。
ATのマニュアルモード操作時に、ステアリングホイールに取り付けられたステアリングシフト用ボタン型スイッチでの操作を可能にするためのスイッチ。これをオンしなければセレクトレバーによる変速しかできない。ダッシュボードやATセレクトレバー付近に設けられている。いったんキースイッチをOFFまたはACCにすると、このメインスイッチは解除される。
リーフスプリングを車体の横方向(平面図で見た場合の車体左右方向)に配置したサスペンションのこと。リーフスプリングの中央部分を車体あるいはフレーム側にマウントラバーで固定するが、マウンティングの強さを選ぶことにより、ロール剛性を調節できる。また、スタビライザー効果をもたせることもできる。端部をロワアームやアッパーアームに取り付けるタイプと、ロワアームあるいはアッパーアームを兼ねるタイプがある。リー...
大型トラックの3軸車や4軸車で、前方2軸上の4輪をかじ取りさせる操舵車輪配置方式のこと。前2軸構造の目的は、2本のタイヤを追加して車両全体の担荷能力を上げるとともに、荷重前後配分を改善することである。2軸とも車軸懸架方式で、それぞれのビームアクスルにクロスリンク式のかじ取りリンク機構を組み合わせて、2軸間でアッカーマンジオメトリーを成立させる。このために、ドラッグリンクの途中に中継レバーを設けるか、あ...
ホイールリム中央のドロップ部を深く落ち込ませて、タイヤの着脱を容易にする輪郭をもち、もっとも広く使用されるタイプである。リム輪郭記号DC。ISO(国際標準化機構)で輪郭を定めているのは5°DCと15°DCの2種類だけで、日本ではJIS D4218の1999年改定版でこの2タイプを本体に規定し、残りの輪郭を付属書で扱うことに改めた。5°DCはドロップ部に向かって5度の傾斜をもち、ドロップも浅い乗用車用でB、J、Kなどの輪郭をもつ。15°D...
パワーステアリングを作動させたとき、装置から発生するグー音やうなり音などの異音のこと。ポンプに起因するものはオイルの脈動によることが多く、ギヤボックスに原因のあるものは内部のバルブの振動によるものが多い。除去するにはバルブのタイプや取付け方法などのチューニングが必要。また、オイル不足が異音を出す原因にもなる。
鋼板をプレス加工して成型したリムとディスクを、溶接で一体化したホイールのことで、鋼板製ディスクホイールともいう。やや重いが、安定した製品が得られ、価格が安いのでアルミホイールとともに今日の主流である。軽合金ホイールに比べて見栄えが劣ることに対しては、ファッション性をもたせたデザインホイールがあるが、一般にはホイールキャップを装着してイメージアップをはかっている。
軽量で剛性の高い軽合金でつくられたホイールのこと。種類としてはアルミホイール、マグネシウムホイール、チタニウムホイールがある。リムとディスクで異なった材料を使う場合もある。リムとディスクの一方を軽合金、他方をスチールでつくったホイールも軽合金ホイールと呼ぶ。軽合金ホイールは、もともとレーシングカーでばね下重量を下げてロードホールディングを高めるために用いられた。アルミホイールはデザインの自由度...
鋼板の縁に、規定のピッチのねじ山の形状を下溝につくったゲージ。各種のピッチのものを重ねて1組としている。このゲージは自動車に限らず、ねじ部品のねじ山にゲージを当てて適合するものを選定し、ねじ部品のピッチを知るための工具の一種でもある。
リジッドアクスルで、ナックルとアクスルビームをキングピンで結合する方式の一種。エリオット型は、アクスルビーム左右端部の2股ボスが、ナックル側のボスをはさみ込む構造。メルセデス・ベンツは両部品を鍛造製にして、逆に単純な形状のアクスルビームを、ナックルの2股ボスではさむ独自な構造をファウストアクスルと名付け、伝統的に使用している。後者の基本構成を機能上、あるいは生産工程上有利と考える多くのメーカーが...
クルマのトレッドが、車輪の上下運動で変化することをいう。サスペンションのストロークに対して、サスペンションの形式やジオメトリーによって、各クルマ固有のタイヤ接地中心位置の横移動(スカッフ)が発生する。スカッフは擬似横滑り角を発生するため、路面不整でのふらつきの原因となるので、常用域では小さいほうが好ましい。一方、ロールセンター高とも密接な関係にあり、一般にトレッド変化の大きいほうがロールセンター...
ライブリジッドアクスルのドライブシャフト取付け構造の一種で、ドライブシャフトは曲げモーメントを受けず、トルクのみを負担する構造のもの。フルフローティングアクスルとも呼ぶ。総重量が大きく、複輪で使用するトラック、バスに用いる。アクスルチューブの両端部で、径を小さくした外側に2個のベアリングを配置、車輪はドライブシャフトフランジと共締めにし、ベアリングケースのフランジに取り付ける。ドライブシャフトの...
マツダのプレマシーから採用されたアルデヒド除去機能付きエアフィルターに用いられているアルデヒド除去剤のこと。活性炭のように単にアルデヒドを吸着するのではなく、科学反応によって無害な物質に変化させてしまうため、除去効果が高く、温度変化による再放出の心配もないというもの。
平面図で見て、前輪左右タイヤのトレッド面中心間距離が、車輪中心高さで測定すると、前方側が後方側よりもわずかに短くなっている。数値は、この中心間距離の差で示す。キャンバー、キャスターとともに前輪アライメント3要素のひとつである。トーはつま先という意味で、車輪の前側が内側を向いていることからこの名がある。
タイヤが路面に接している部分で、コンタクトパッチあるいはフットプリントともいう。接地面の大きさは小型乗用車クラスで葉書1枚ぶんくらいの面積しかない。わずかこれだけの面積で、大きな車輪荷重を支え、かつクルマの運動の源になる駆動力、制動力、横力を発生させる。そのような働きを可能にするのはタイヤの構造だけでなく空気圧によるところが大きい。接地面の形は標準タイヤでは縦長であるが、偏平度が増す(偏平比が小...
パルス入力信号に応じてステップ状に変位するモーターで、NCサーボの要素部品。10W以下の、精度や脱調による誤差の集積に影響されないシステムに使用する。ステップモーター、DCバルスモーター、あるいはステップモーターとも呼ぶ。可変ショックアブソーバーの制御や電子制御スロットルなど、採用例が増えている。
車両直進状態におけるステアリングホイールの中立位置からのずれをいう。ステアリングホイールは通常はコラムシャフトに設定したセレーションにはめ合わされているが、これがずれている場合がある。また、ステアリングのリンクの長さ調節部のずれにより、前輪の実舵角が狂っている場合も考えられる。
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
металлическая мебель

У нашей организации популярный веб портал про направление www.alex-car.com.ua.
cialis-viagra.com.ua