AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


球面ジョイントのピロボールのまわりにゴム層を設けたブッシュで、ピロボール内蔵ブッシュとも呼ばれる。球面ジョイントは剛性が高く、回転が滑らかである。ゴム層を加えることにより、振動伝達を減らし、操縦安定性を維持しながら、乗り心地、ノイズを改良している。
生産量の少ない大型車では、クルマの構造に左右されやすいインテグラル型のパワーステアリングギヤボックスはコスト的に成立しないこと、また高い倍力要求をギヤボックス一体構造のスペースでは実現しにくいことから、別置きリンケージ型パワーステアリングが主流であった。リンケージに加勢するため複動型油圧シリンダーを、タイロッドあるいはドラッグリンクに平行に配置して、ボールジョイントで結んだものである。ギヤボッ...
鋼板プレス製のシャシー骨格部品で、これにエンジン、駆動系、足まわりほか走行必要部品が組み付けられ、最後にキャブあるいは車体が架装される。荷重応力の大きいトラックやオフロード車では強度、剛性上、必須の骨格である。車体仕様が多様化したバスでは、フレーム相当部分はあるものの車体構造に組み込まれ、一体化されるものが多くなった。乗用車は、歴史的にはフレームを使用したが、今では特別の例を除き、鋼板プレス製...
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および前後(テレスコピック)に移動させ、運転者がベストポジションがとれるようにしたステアリングコラム。一般に高級乗用車に装備されている。また手動でチルトまたはテレスコピックさせることができるものもある。
外観向上のための装飾用および雄ねじの突き出しによる引っかかり防止を目的に使われるナット。雄ねじの先端部がナットの上面から突出しないように、ナットの座面とは反対側を半球形もしくは浅皿形にして、ボルトの先端を囲い込むようにしたもの。したがってボルト長は使用部位により適正な長さのものを使用しなければならない。密封やボルトの防錆効果などのためにも使用される。また装飾的な意味合いもありホイールナットなど...
電動開閉機構付きスライドドア。運転席のスイッチまたはドアハンドルを軽く操作するだけでモータードライブにより電動開閉し、閉作動時は人や物などを検知して作動を中止するはさみ込み防止機構により、安全を確保しながらオートクロージャー機構が働いて確実に閉まる。一般にキーレスエントリーにも対応。リモコンキーの専用スイッチを押すだけで車外からも開閉可能なものが多い。ホンダ・ラグレイト、トヨタ・アルファード、...
ストラット式サスペンションで、ショックアブソーバーを内蔵し、コイルスプリングを取り付けた支柱(ストラット)のこと。ストラットはサスペンションの構造部材の役目ももち、車輪の動きをコントロールするリンクの働きをする。外筒に固定したナックルでホイールを支持し、上端はストラットマウントで車体に、下端はボールジョイントでロワアームに取り付けられている。ストラットには軸方向の力だけでなく、曲げモーメントが働...
ステアリングギヤ機構の一種で、ピニオンとラックによりステアリングの操作をホイールに伝達する。ステアリングシャフトの先端のピニオンがラックに噛み合っていて、ステアリングをまわすとピニオンが回転し、ラックの横方向の動きに変える。ラック両端にはタイロッドがあり、ホイールを左右に動かす。この方式はボールナット型のステアリングに比べ構造が簡単で、ボールジョイントの少ないリンクが構成でき、剛性が高く摩擦が...
段付きシリンダーをもち、リザーバー底部に切替えバルフや(リリーフバルブ)を備えたマスターシリンダーをいう。サービスブレーキのペダルストロークの減少を目的にして、消費液量の多い低圧時は、大径側でブレーキ液を送り、消費液量が少ない高圧時は、小径側で加圧し効きを確保する。その切り替えのためのバルブをもち、構造は複雑になるため採用例は少ない。ファーストフィル式やポートレス式はとくにABSの品質向上を狙ったも...
急激に作用する駆動力や制動力によって、車輪に生ずる上下力で車輪が地面から離れたり接地したりを繰り返す振動現象のことで、ホップあるいはホッピングとも呼ばれる。前進時駆動輪に、急激に大きい駆動力が作用したときに発生するものをパワーホップ、後退時に発生するものをリバースホップ、急制動時に発生するものをブレーキホップと呼ぶ。
車両を減速、停止、またはある位置に保持するシステムの総称。摩擦ブレーキ式とリターダー式がある。ブレーキシステムは、(1)ブレーキ力を車輪に加える機構(ブレーキ本体)、(2)エネルギー源と供給、調節装置、(3)運転者が操作する制御装置、(4)制御バルブや制御システム、(5)エネルギー媒体の伝達ライン、などで構成される。摩擦ブレーキを機構別に分類すると、ドラムブレーキとディスクブレーキがあり、またエネルギー別での分...
自車の後方を視認するための後写鏡。トレーラーを除くすべての車両に装備義務がある。車外のアウターミラー(ドアミラー、フェンダーミラー、リヤアンダーミラーなど)と室内のインナーミラーの2種に大別される。日本ではバックミラーともいうが、これは和製英語。正しくはリヤビューミラー、ドライビングミラーと呼ぶ。構造は、規定の障害物が確認できるよう調節が可能なことと同時に、走行中の風圧や振動で動かず、一定の位置を...
板ばねを用いた車軸式懸架で、コントロールリンクの機能を果たす板ばねが、駆動・制動時に車軸にかかるトルクを十分には制御できない場合、車軸の位置と姿勢を整えるために、車軸の上または下の位置から前方または後方に配置するロッド。空気ばね式懸架装置でも、同様の機能をもつ部材をトルクロッドと呼ぶ。乗用車が板ばねを使っていた時代はオフセットリーフスプリングを採用してワインドアップ対策としていたが、さらなる高...
ドライバーがステアリングホイールの位置と角度、および運転姿勢を調整するために、ステアリングコラムの角度を調整できる機構をチルト、長さを調節できるようにした機構をテレスコピックという。ステアリングホイールの位置は操作性に大きく影を与えるため、ドライバーの好みに合わせて設定できることが望ましい。同時に、対衝突安全性も考慮した構造である必要がある。
ステアリングの操作をギヤボックスに伝達する機構のこと。ハンドル、ステアリングシャフト、コラムチューブ、ジョイントなどで構成される。ハンドルはステアリングシャフトにテーパとセレーションで嵌合され、ナットで固定される。シャフトの下部はユニバーサルジョイントなどを介してギヤボックスに接続される。コラムチューブは内部にステアリングシャフトを通し、それを支える役目をする。乗用車には衝突時、運転者を保護す...
ナックルは車輸を支持し、リジッドアクスルの場合はキングピン軸に取り付ける。独立懸架式の場合は、リンクのボールジョイントに接続してステアリングアクシスを構成する部品である。ナックルは、ナックルアームを介して、ステアリング系の操舵力または操舵作用を受け、車輪にかじ取りを伝える。
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高めるために、やや角度をつけて取り付けられている。前に角度をつけるキャスター角、内側に角度をつけるキャンバー角やキングピン傾斜角、フロント方向にハの字にするトーイン(トーアウト)の4つの要素から構成される。クルマを水平状態にあるときのそれぞれの角度で示される。
運動方程式をマトリックス表示したときの剛性項。変位変数にかかるマトリックス。
ウイッシュボーンは、鳥の首と胸の間にあるV字形の鎖骨。最初に開発された上下2枚のダブルウイッシュボーン式独立懸架で、下側アームにコイルばねを配し、上側アームはばねを避けた中空き形状を採用して以来、この通称名で親しまれている。2枚のアームを4本のリンクに分解した構造でも、ダブルウイッシュボーン式と呼ぶ。
1990年代初めに提唱された概念で、ダイナミックダンパーのアクティブ型のこと。ダイナミックダンパーは、自らが補助質量、ばね、減衰の振動系3要素を備え、補助質量の慣性力を利用して制振対象の振動を制御するシステムで、アクティブ型はこの作用をアクチュエーターと制御系で実現するものである。これは航空機の自動制御技術を利用したアクティブ制御とも同義である。サスペンションの場合には、主ばねとショックアブソーバー...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る