AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


ATのフロアシフトやインスツルメントパネルシフトにおいて、根元にジグザグのガイドプレートがあるタイプの、シフトレバーのこと。N-D間はストレートであるが、N→Rは段差をつけ左右のセレクト操作を加え誤操作を防止している。このような考え方でジグザグ形状を決めている。これは従来の直線運動タイプシフトレバーの、垂直にセットしていたガイドプレート(隠れている)をベースに、水平にしてよく見えるようにし、それに+と-...
クルマの使用目的により、エンジンの配置と駆動輪の選択が行われるが、駆動方式はそれらを意味する。FF方式とは、フロント(F)にエンジンを配置し、フロント(F)ホイールをドライブする方式。FR方式はフロントにエンジンを配置して、リヤ(R)ホイールをドライブする方式。RR方式はリヤ(R)にエンジンを配置し、リヤホイールをドライブする方式をいう。一方、駆動動力源による駆動方式をいうこともあり、電動モーターによるモーター...
リヤバンパーの下側に取り付けて外観デザインを構成しているパネルのこと。リヤバンパーと一体成形されたものもある。デパーチャーアングルの最下位部品として、路面干渉のチャンスが高い。サイレンサーパイプや牽引フックの逃がし形状もある。燃料タンクやリヤサスペンション類が見えないようにカバーする目的もある。リヤボディの強度、剛性にはあまり貢献していない。
ダブルカルダンジョイントを構成する部品で、十字軸とベアリングカップを組み込む部位をいう。チューブヨークともいう。これと反対側にソケットヨークがあり、カップリングヨークがこれら2つを連結する。ピンヨークの先端にセンタリングボールがあり、ソケットヨークがそれを保持し、カップリングヨーク両端の十字軸中心間の垂直2等分線上にボールを位置させ、等速性を保つ構造である。
MTにおいて、リバースへシフト時にギヤ鳴りがしないように、リバースへシンクロ機構を入れたもの。少しクルマが動いているときには主軸上のリバースギヤは回転しており、クラッチを切っても副軸上のリバースギヤは慣性で回転しているため、停止しているリバースアイドラーギヤをスライドさせてこれらに噛み合わせようとすると(選択摺動式)、歯の側面先端同士が当たってガリッという音が発生する。手にもそれが伝わり不快なため...
ジョイントのアウターレースボール溝とインナーレースのボール溝を、軸方向から対象に傾けた直線溝とし、ボールを入出力軸の2等分線上に保持して、等速性をもたせたジョイント。伸縮も可能であり、ボールのガタつめをすることができる。内部ガタをつめて高回転で使用するプロペラシャフトのジョイントにも使用されている。
AT車の始動時の安全機構。セレクターレバーをPまたはNレンジにすると、インヒビタースイッチ内で電気回路が接続される仕組みのスイッチ。このスイッチでイグニッション回路が形成されて、エンジンを始動することができる。それ以外のレンジではインヒビタースイッチ内の電気回路はオフになり、エンジンが始動できないスタートセーフティ機構である。
ヒーターコアへ流す混水流量を調整し温度制御する方式。流量を変えても吹き出しの温度変化にタイムラグが発生するので、エアミックス式温度コントロールに比べて温度調整が難しい。また、流量調整バルブは流水音の発生源となることがある。温水流量を下げるため、バルブを閉じ気味の状態にした場合に流水音が出やすく、流水音防止としてはバルブの形状、構造の改善や、エンジンからの送水能力を落として対処することになる。
軸間距離が離れた2つのシャフトを、チェーンで動力を伝達する方式の4輪駆動車用トランスファー。前輪駆動と後輪駆動用のシャフトをギヤではなく、チェーンで連結するタイプの駆動伝達機構。おもにFR車で用いられ、トランスミッションわきに設けたトランスファーから前輪駆動用のプロペラシャフトを取り出す。
側面衝突のこと。自動車の側面に衝突を受ける事故では、車体の基本的な構造から横方向の力に対し剛性が低く、クラッシャブルゾーンが少ないためキャビンの生存空間が損なわれ、乗員へのダメージが拡大されやすい。日本における車両相互の事故では、側面衝突は正面衝突の約5倍の発生率であり、後遺症害を含む死亡者数は、事故全体の5%を超えているとされている。
トルクコンバーターの単体性能のことで、横軸はスリップ比(出力軸回転数÷入力軸回転数の比)で、縦軸はトルク比(出力軸トルク/入力軸トルクの比)や、効率(トルク比×スリップ比)、容量係数(入力軸トルク÷入力回転数の2乗)を示す。ここでトルク比はトルク増幅作用の程度を示し、スリップ比が0(ストール状態という)で一般に2.0くらいが多く、クラッチ点(スリップ比約0.83)になると、1.0になる。容量係数はおよそトルクコンバーター...
タイヤとホイールの重量アンバランスの位置と大きさを検出し修正する装置。アンバランスは通常、最小5gから5g間隔で準備された鉛のチップを、ホイールのリムなどに、つめや両面接着テープなどで取り付けて修正する。アンバランスにはスタティックアンバランスとダイナミックアンバランスがあり、バランサーのタイプによって両者を分離して検出するか前者のみを検出するが、最近では品質の向上によりスタティックのみでも多くの...
高速走行時、風圧で作動中のワイパーが浮き上がり、視界が十分に確保できないことがある。それを防ぐために、ワイパーの押さえ圧を車速に合わせて変えるシステム。価格的なことから一般的には使われていないが、一部高性能車に採用されている。
せん断とは物体をはさみ切るような作用をいう。物体のある断面に平行に、互いに反対向きの一対の力を作用させると物体はその面に沿って滑り切られるような作用を受ける。これがせん断作用で、このような作用を与える力をせん断力といい、このせん断力により物体の断面に生じる内力をせん断応力という。
自動車用品店などで購入できるもので、ヘッドレストに装着できる乾電池式の小型蛍光灯をいうことが多い。簡単に取り外せ、ハンディライトとして使える。マグネット付きのものが多く、クルマの外部にも取り付けができる。また、単品として蛍光灯部を立てて使用することもできる。
MTのキー式同期機構のなかで、カップリングスリーブからエンジントルクを受けて出力軸に伝達する部品で、クラッチハブとも呼ばれる。このハブの内径スプラインは出力軸に嵌合し、外周スプラインはスリープに嵌合する。スリープは軸方向に摺動し、歯車のギヤスプラインに嵌合してエンジントルクを受け、このハプはそのトルクを受ける。外周切欠き部3箇所にシンクロナイザーキーがはまり、ハブの外周スプライン部の内周面前後2箇...
クラッチハブに固定された板ばね(クッションスプリング)にリベット止めされた摩擦材をいう。クラッチフェーシングの材料は適度な摩擦係数を有し、それが温度、面圧、滑り速度に対し安定していること。耐熱性、耐摩耗性に富み、かつ、比重が小さく抗張力が高い(耐バースト性)ことなど性能要件が多く、基本的材料の規格(JIS D4311)も制定されている。現在は、過去長年にわたって使用されてきたアスベスト(石綿)に代わるものとして...
自動車の衝突実験に用いられるコンクリート製の固定壁のこと。JAS07104(日本自動車規格)では、高さ3m、横幅4~5m、重量90~180tと規定されており、圏内の衝突用バリアはこれに準拠している。アメリカおよびECEでは、SAE規格、ECE規格によりサイズが規定されている。衝突面の形状により、平面バリア、斜めバリア、固定ボールなどの試験が行われるが、おもに前面衝突試験に利用され、後面・側面衝突にはほとんど使用されることは...
製品としてきちんと成立するかどうかを調べるなど、開発を目的とした試験に使用する車両のこと。とくに性能、品質、重量、原価などが開発目的に沿って進捗しているか否かは、開発試験車が具体的な仕様・性能を満足しているかどうかにかかっており、試験車の出来栄えはきわめて重要な事項となる。とりわけ車両運動性能、燃費をはじめ、車体やサスペンションの強度、車両重量の計画値とのズレなどの結果によっては、各種部位の設...
MTにおいて、カップリングスリーブ内周のスプライン先端面取り部や、噛み合い相手のシンクロナイザーリング外周の面取り部、ギヤ側の同部をいう。チャンファーは同期作用時に重要な役割をもつ。リングキー溝幅に規制されスリーブチャンファーがシンクロチャンファーに接触し、押付け力が作用すると、シンクロ内径コーンがギヤコーンに押し付けられ、後者の回転を前者の回転に同期させはじめる。同期終了で回転方向力は減少しチ...
709件中 61-80件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る