AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


ドリルの一部には、ドリル外周部が必要以上に穴内壁をこすらぬよう、先端部より柄に近いほうの外径を細くしたものがある。この外径差をバックテーパーという。また、同じように平バイトや突っ切りバイトなどのように、送りに対しバイトの逃げをとるために設けられたテーパーもバックテーパーという。
変速機や終減速機の変速比を標準的な値よりも、低速側(大きな値)に設定した場合のことをいい、ローギヤリングとも呼ぶ。一般的にエンジン出力が不足気味のクルマや加速性能重視のクルマではローギヤードにし、燃費や静かさを重視するクルマではハイギヤードに設定する。変速機はエンジン排気量に対応して、外側のトランスミッションケースは同じで、中身の変速比を各段位で何種類か用意しているのが普通である。終減速機でも同...
トランスミッションの故障のこと。故障が多いのは、誤操作しやすい部分でもある。例えばシンクロの同期不良では、クラッチを十分に切らずに操作したり、過大な操作力を加えたり、ギヤ鳴りを頻発させたりすると、シンクロナイザーリング作動時に傾斜のついたチャンファー面に傷がつくので(スリーブ側と相手のシンクロ側の両方)、以後は同期不良になりやすい。クラッチの滑りや焼損なども、半クラッチ操作を多く使う場合に発生し...
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。マニュアル式は、ホイールハブのところにドッグクラッチを設け、手動でカムをまわしロックとフリーの切り替えを行う。2WD走行時はホイールハブ部分で切り替えねばならない。最近は自動的に切り替えられるオート式が多い。2WD走行時に不要な4WD駆動系を切り離すと、走行抵抗が減少し、運行燃費がよくなり、駆動系の振動騒音が減少するなどのメリ...
トルクコンバーター内にある、ワンウェイクラッチをもつ羽根車で、トルク増幅作用を受け持つ。スリップ比(出力軸回転/入力軸回転)が0のストール状態から、約0.83のカップリングポイントまで、タービン羽根からステーターの羽根に当たるオイルの流れは、ステーターのワンウェイクラッチをロックさせ、その反力トルクがタービン(出力軸)にプラスされて出力トルクが増幅される。トルク比(出力軸トルク/入力軸トルク)はストール時に...
終減速機歯車による減速比のことをいう。減速比はドライブピニオンとリングギヤの歯数比で決まり、通常、乗用車では3~5、トラックでは、3~8の減速比に設定されている。トランスミッションでも変速ギヤ比が選択されるが、終減速機はその後ろにあることから終減速比と呼ばれている。終減速比とタイヤ半径は、車両の走行性能を決める値であり、減速比を大きくとれば、エンジン回転が高く出力の高い領域が使用できるため、登坂性...
MTの同期機構に使用されるシンクロナイザーリングの、内径部円錐面のことをいう。その相手はギヤのコーン面で浸炭焼入れし研麿仕上げされる。シンクロナイザーリングは黄銅製で、コーン面は円周方向にねじ状旋削溝を入れ、軸方向溝を何箇所か間に入れてオイル切れをよくし、摩擦係数が圧着初めから安定した値を得る。コーン角度は約7度で、真円度公差は厳しい。エンジンの高回転化で同期トルク容量を上げる必要があり、摩擦係数...
回転中に断続する継ぎ手をクラッチというが、これは噛み合いクラッチの一種。噛み合う歯形が軸方向に凹凸で全円周にあり、対向した同じ形状の相手と噛み合う。両者の回転が合えば素早く噛み合わせることができる。変速機のなかには、同期機構の代わりにこのドッグクラッチを使ったものがある。おもにレース用変速機に使用され、回転が合えば変速が速く、構造簡単で耐久性がある。それ以外にも各部に使用され、フロントアクスル...
ドイツのマーレ社の特許技術によるニッケルと炭化ケイ素の複合めっき皮膜のことをいい、オイルを保持しやすい構造をつくるため、マイクロポーラスめっきと同様に優れた潤滑性を示すので、レース用自動車エンジンのシリンダー内面やピストンに使用される。ニカジルめっきともいう。
スバル・プレオに採用されているCVTを手動で変速させ、スポーツ走行を可能にしたシステムで、7段階の変速比に固定できるもの。一般的には6速のものが多い。セレクトレバーをDレンジにして、運転席右側のスタンバイスイッチを1回押して(メーター内にランプが点灯する)からセレクトレバー先端のスイッチを押すとスポーツシフトになり、メーター内に変速段が表示される。ステアリングにあるアップまたはダウンスイッチを押すと、ア...
自動防眩式ルームミラーのこと。夜間、周囲が暗く、後続車のへッドランプがルームランプに反射してまぶしいとき、ルームランプに内蔵されたフロントセンサーおよびバックセンサー(周囲の明るさと後続車からの光を検出)を利用して、ルームミラーの鏡面反射率を自動的に制御する装置である。ルームミラーのガラスと鏡面の間にゲル状の電解質層を設け、制御スイッチがオートの場合、センサーの受光量により高反射率(75%)から低反...
4WD車のトランスファー内で前輪と後輪に駆動トルクを与えながら、前後輪回転差を許容する装置。フロントデフとリヤデフの中間に位置することからこの名がある。4WDで、前輪と後輪の差動を吸収できないと、タイトコーナーを最大舵角で旋回するときに大きなブレーキがかかったような現象が発生する。これを解消するためセンターデフが装着され、前輪と後輪の差動を行う。センターデフの方式には、ベベルギヤ式やプラネタリーギヤ...
駆動車由のケース形状が、楽器のバンジョーに似ているのでこの名前がある。終減速装置のユニットを、プレスした上下2枚の厚鋼板を突き合わせ溶接したアクスルケースに組み込む。トラック、バスの駆動軸はほとんどこのタイプである。
前照灯、車幅灯、方向指示灯などの機能を一体として構成する前照灯。ときには、自動光軸調整装置、ヘッドランプウォッシャー、高輝度発光管用電圧昇圧器なども一体化される。
化学反応による硬化で塗膜を生成する塗料を熱硬化塗料という。この熱硬化塗料のなかで比較的低温で化学反応を起こし、しかもその速度が大きい場合には塗料の主成分と硬化剤を別々に分けておき、使用直前に混合して使用するタイプの塗料がある。このタイプの塗料を2液性塗料といい、代表的なものとして、ウレタン樹脂塗料やエポキシ樹脂塗料などがある。ウレタン樹脂塗料は主剤として水酸基をもつポリオールと硬化剤のイソシアネ...
トヨタのFF車用の、電子制御差動制限付きセンターデフ方式フルタイム4WDの呼び名。このセンターデフにはAT車の油圧を利用した湿式多板油圧クラッチに電子制御で差動制限する方式を付加している。電子制御ATの制御信号を利用して、差動制限クラッチを制御するものをEC-ハイマチックと呼んでいる。車速が低く、駆動力の大きいLレンジでは、差動制限力を大きく設定し、車速の高いDレンジでは差動制限トルクを小さく設定することも...
シルの前側とフロントサイドメンバーを結合する部材。フロントサイドメンバーに入るエンジンや、サスペンションからのねじれ荷重を受け止めたり、前から(正面、斜め、オフセット)の衝突荷重をフロントサイドメンバーからシルへ分散させる働きをする。
エンジンと変速機部の間にあって、トルクを断続する装置。クラッチ装置には発進の機能がある。内燃機関は、エンジントルクが出る回転速度まで上げて、クラッチをつなぐことで発進を可能にしている。発進時のクラッチ発熱量は、車両が得た運動エネルギーに等しい発熱量となるので、熱容量を大きくし(プレッシャープレート荷重を増し)焼けを防止している。変速機段位切替え時の、エンジントルクを断続する役目も果たす。クラッチ...
ATのフロアシフトやインスツルメントパネルシフトにおいて、根元にジグザグのガイドプレートがあるタイプの、シフトレバーのこと。N-D間はストレートであるが、N→Rは段差をつけ左右のセレクト操作を加え誤操作を防止している。このような考え方でジグザグ形状を決めている。これは従来の直線運動タイプシフトレバーの、垂直にセットしていたガイドプレート(隠れている)をベースに、水平にしてよく見えるようにし、それに+と-...
クルマの使用目的により、エンジンの配置と駆動輪の選択が行われるが、駆動方式はそれらを意味する。FF方式とは、フロント(F)にエンジンを配置し、フロント(F)ホイールをドライブする方式。FR方式はフロントにエンジンを配置して、リヤ(R)ホイールをドライブする方式。RR方式はリヤ(R)にエンジンを配置し、リヤホイールをドライブする方式をいう。一方、駆動動力源による駆動方式をいうこともあり、電動モーターによるモーター...
709件中 41-60件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る