AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


MTのシンクロ機構において、同期作用を行うコーン(円錐)面がトリプル(3つ)あるものをいう。一般にはシングルコーンやダブルコーンであるが、同期作用を強力に行い、操作力を軽減するために円錐面を3つにしたものである。2速に使用されている例が多く、高速から1~3速へシフトダウンする頻度が多いクルマ、クラッチディスクの慣性モーメントが大きい場合、変速機のオイルによる回転抵抗が大きい場合に、同期力を高める目的で使用...
MTの同期機構において、シンクロナイザーリングを1箇所で2個採用した方式。相手のギヤコーン面はコーン形状のリングで、コーン面は表裏で2面ある。同期容量を上げて変速操作力を軽くするためであり、2~3速に使用するのが一般的である。エンジン高回転化に伴って必要性が高まった。シンクロナイザーリングとギヤコーン間の同期作用を、軽く短時間に行うためには同期容量(コーン部の摩擦伝達トルク容量)を大きくする必要があり、...
摩擦板式クラッチの押付け荷重を与えるばねのことをいう。クラッチの押付け荷重は、クラッチの伝達トルク容量を決めるひとつの要素である。伝達トルクは、クラッチスプリングのセット荷重、クラッチフェーシングの摩擦係数、有効半径などで決まり、一般にエンジントルクの1.5~2.5倍程度に設定する。以前はコイルスプリングが使われていたが、最近はほとんどダイヤフラムスプリング(皿ばね)が使用されている。ダイヤフラムスプ...
AT車がクリープ現象で、ゆっくり動いている状態のとき、エンジンのトルク変動によって発生するクルマの前後方向の揺れをいう。
油圧で操作するクラッチの油圧系に、絞りを設けることがある。この絞りをオリフィスといい、このオリフィスを一方向のみに効くようにしたもの。油圧系の絞りをクラッチのもどし方向で効くように入れると、オイルのもどりが遅くなり、クラッチペダルをゆっくりもどしたときと同作用となってクラッチ伝達トルクの立ち上がりが遅くなる。これによって、急発進しでもゆっくり発進したのと同じ状態になり、駆動系にショックトルクが...
高速走行時、風圧で作動中のワイパーが浮き上がり、視界が十分に確保できないことがある。それを防ぐために、ワイパーの押さえ圧を車速に合わせて変えるシステム。価格的なことから一般的には使われていないが、一部高性能車に採用されている。
受信用アンテナが受ける変調波(搬送波)の周波数のことをいう。現在世界中で行われている放送は、変調方式によりAM(振幅変調)とFM(周波数変調)の2つに大別され、AM放送は短波(SW)・中波(MW)・長波(LW)で利用されているが、一般的には中波放送(530~1600kHz)のことを指す。障害物の影響を受けにくく、伝播エリアが広いので全世界に普及しているが、周波数帯が低いために局間の周波数差が小さく混信しやすい。また音域も狭くなり、...
横置きエンジンFF車では、駆動軸アウトプットが車体の中心にないため、ドライブシャフトの長さが左右で異なってくる。このため駆動系のねじり剛性が左右アンバランスとなり、トルクがかかったときに左右タイヤに働く駆動力がずれて、ハンドル操作に影響が出る。このアンバランスを解消するため、長いほうのドライブシャフトは径を太くして剛性を高めたり、中間サポートベアリングを設けて等長にし、バランスをとることが多い。
軸に直角な荷重(ラジアル荷重)を受ける場合に使用し、転動体がローラー(ころ)である軸受け。ボール型よりも耐荷重は高く、摩擦抵抗はやや多く、使用回転数は多少低い。円筒ころ軸受けには単列と複列があり、円錐ころ軸受け(テーパーローラー)、球面ころ軸受け、針状コロ軸受け(ニードル)などがある。MTでは、副軸の軸受けに円筒ころ軸受けを使い、主軸上の各ギヤ軸受けに針状ころ軸受け、メインドライブギヤ先端がクランク軸に...
ネット出力に対する用語で、マフラーや触媒などのエンジン出力を低下させる要素を取り除いた、エンジン単体での理想的な出力。一般にグロスパワーはネット出力より5~15%程度大きくなる。最近はネット出力がカタログ用語として多く使用されている。
鎚(ハンマー)をある高さまで引き上げ、自重で自然に落下させて加熱した金属を鍛造成形する方式。ハンマーをある高さまで引き上げる方法に、ボード、エア、蒸気式などがある。またエア、蒸気では落下スピードをコントロールする機構を有している。自動車部品の鍛造成形ではプレス機が主体であるが、ドロップ式ではエアハンマーが主流である。
対象物の存在あるいは通過を、光の受光あるいは遮断により感知し、スイッチを作動させること。センサーとして光を受けると電流、電圧を発生するフォトダイオードを使用する。逆方向にバイアスを与えておいて光を当てると、照度に比例した逆電流が流れる。
前輪駆動車または4輪駆動車において、駆動力の変化に応じて操舵力や保舵力が変化する現象をいう。とくに駆動力変化の大きい発進時や加速時にみられ、ハンドルがとられたり進路が乱れたりすることがあり、過大になると運転に支障が出る。大トルクのパワートレーンを搭載するクルマに発生しやすいが、作動装置による駆動力の左右差、ドライブシャフトの傾き角の左右差、アライメント、接地荷重、路面摩擦係数などの左右差がおもに...
電圧降下用抵抗器のこと。CVTの場合、ライン圧ソレノイドのニードル弁始動時は大電流を必要とするため、CVTコントロールユニットは、このドロッピングレジスターを通さずにライン圧ソレノイドに直接電流を通し、いったん動き出すと保持電流は比較的小さな電流で制御できるため、ドロッピングレジスターで電圧を下げて、ライン圧ソレノイドに電流を流す。
45度に面取りをした面。面取り。
クラッチペダルを踏んでもクラッチが切れないことに、大きく分けて2とおりの現象がある。ペダルを踏んで、もクラッチ内部のストロークが不足するものと、ストロークはしていても切れない場合がある。前者は、油圧クラッチ操作系にエアが混入している場合や、操作系の遊び調整が悪いときに起こる。後者は、プレッシャープレートは正常にストロークしているのに切れないという現象で、クラッチディスクスプライン部の錆びによって...
変速機や終減速機の変速比を標準的な値よりも、低速側(大きな値)に設定した場合のことをいい、ローギヤリングとも呼ぶ。一般的にエンジン出力が不足気味のクルマや加速性能重視のクルマではローギヤードにし、燃費や静かさを重視するクルマではハイギヤードに設定する。変速機はエンジン排気量に対応して、外側のトランスミッションケースは同じで、中身の変速比を各段位で何種類か用意しているのが普通である。終減速機でも同...
タイヤとホイールの重量アンバランスの位置と大きさを検出し修正する装置。アンバランスは通常、最小5gから5g間隔で準備された鉛のチップを、ホイールのリムなどに、つめや両面接着テープなどで取り付けて修正する。アンバランスにはスタティックアンバランスとダイナミックアンバランスがあり、バランサーのタイプによって両者を分離して検出するか前者のみを検出するが、最近では品質の向上によりスタティックのみでも多くの...
正確にはバンドサーボピストンと呼ばれ、バンドブレーキを締結したり解放する油圧作動ピストンのことをいう。例えばバンドは2速のときに締結し、3速にするとき解放するとして、ピストンの上下面に解放と締結圧が作動する構造になっている。解放タイミングは巧妙な機構でワンウェイクラッチ並みとなる。解放側の油圧作動面積が締結側より大きくしてあり、解放側の動圧が上昇を始めて、締結側の静圧によるバンド締結力に釣り合う...
前照灯自動切替え・減光装置。周囲の明るさによってヘッドランプおよび、テールランプが自動的に点灯・消灯する機能と、下向きヘッドランプビームで停止・発進する場合、その明るきを、25~100%の範囲で減光する機能を有する。昼間トンネルに入った場合、フォトダイオードの光センサーが周囲の明るさを検出し、自動的にヘッドランプが点灯、出ると消灯するので消し忘れを防止できる。信号待ちなどの場合は、車速センサーが停止...
709件中 41-60件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る