AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


シリコーンオイルの粘性トルクを利用した速度感応式カップリングクラッチである。密閉された容器の中にドライブプレートとドリブンプレートが交互に組み合わされ、シリコーンオイルが75~85%程度封入されると、残余が空気封入量となる。粘度の高いシリコーンオイルをせん断し、引きずる力から伝達トルクを生じる。伝達トルク特性は回転速度差に対して2分の1乗の曲線に近く、上凸のカーブである(下凸が望ましい)。スリップ速度...
刃工具や金型などを用いて板材、線材、または棒材の原材料にせん断応力を生じさせ、所定の寸法、形状に材料を切断する加工法を、一般にせん断加工という。これをさらにその目的により分類すると、大きくは打ち抜き、穴あけ、せん断・分断・切り込みの3種類に分けることができる。以上の加工は主として板金プレス、鍛造成形などの分野で広く行われている。自動車車体部品の多くがせん断加工工程やプレス成形加工を経て、組立て工...
法規で1軸の重量は最大1tに制限されているため、積載量の多いトラックやバスは、後車軸に荷重分担の車軸を追加する。舗装路走行がほとんどの場合は、駆動力は1軸の車輸のみで十分であるため、追加した車軸の車輪には駆動力を伝達せず、フリーホイールのかたちで転勤させ、荷重のみを分担させる。欧米のトラックには、空車時にこの車軸を吊り上げて、転動抵抗による燃費を節約するようにしたものがみられる。
大腿部をシート座面の前端部分で支持すること。支持圧が強すぎるとペダルの操作がしにくいとともに、下肢の血行を疎外して着座疲労を高め、弱すぎても下半身が安定しないため運転がしにくいうえ、着座疲労や衝突時の危険性が増す。サイは大腿部を意味する英語。
後輪の車軸を指す。アクスルハウジングが主要部分で、バンジョー型の場合は、車体にリーフスプリングあるいはリンクで取り付けられ、リヤデフ、アクスルシャフト、タイヤとホイールなどが組み付けられる。アクスルシャフトに曲げ荷重が加わる程度がアクスル上のホイールベアリング位置で異なり、半浮動、全浮動、4分の3浮動タイプがある。乗用車は半浮動タイプである。リヤアクスルハウジングの機能は、車両重量の後輪分担分を...
スプロケットは、チェーンを巻き付ける外周に歯の付いた円盤(ディスク)形状、または円柱(ドラム)形状の部品をいう。4WDのトランスファー出力部はギヤ式とチェーン式があるが、チェーン式の場合、トランスファーの主軸上にあるドライブスプロケットと副軸上のドリブンスプロケットの間を、チェーンで駆動トルクを伝達する。FR車用4WDトランスファーの例では、ドリブンスプロケットは動力を受ける側のスプロケットであり、前輪駆...
歯車の噛み合い状態で、接している相手歯面との間に隙間(ガタ)ができるが、そのガタのことをいう。歯車を噛み合わせるときに少しのガタは必要であるが、大きくなると問題になる。MT車で走行中にアクセルを軽くオン・オフすると(この操作をチップインチップアウトという)ガタを打つカタンという音が発生する。これは駆動系全体のガタが大きいときに出る。ディーゼルエンジン車では、ニュートラルでアイドリング時に、トランスミ...
ドライブシャフトの外側の等速ジョイントとして広く使用され、屈曲角を40度以上とることができるので、前輪駆動用シャフトの車輪側ジョイントに適している。前輪の舵角を大きくとれるため、車両の最小回転半径を小さくできる。軸方向に伸縮可能にしたタイプは、ダブルオフセット型ユニバーサルジョイントという。構造はアウターレースと、インナーレースの溝にはまった6個のボールおよび保持器からなり、駆動力はインナーレース...
流体がもっている運動エネルギーを意味し、流体継ぎ手(ブルードカップリング、トルクコンバーターなど)内のポンプインペラー(ポンプ羽根車)は、エンジンから回転エネルギーをもらい、オイルに速度エネルギーを与える。この場合オイルがもっているエネルギーが流体動力である。トルクコンバーター内のタービンランナーは、逆にオイルから流体動力を受け取り、回転エネルギーに変換し出力している。エネルギー伝達の間に流体が介...
油圧式のクラッチ操作回路にはマスターシリンダーとクラッチレリーズシリンダーがある。マスターシリンダーはクラッチペダル側にあり、ペダル踏力を油圧に変えてレリーズシリンダーへ油圧を伝える。油圧を発生させるピストン、ピストンをもどすリターンスプリング、油圧を発生させるプライマリーカップ(SBRなどのゴム製)、オイル漏れを防止するセカンダリーカップ(同ゴム)、鋳鉄またはアルミ合金製のシリンダーボディがあり、シ...
大きな冠(輪)形状の歯車と、それに噛み合う小歯車のこと。自動車では、終減速機(ファイナルドライブ、いわゆるデフ)、スターターリングギヤアンドピニオン、または遊星歯車装置における外側の歯車をクラウンホイール(またはリングギヤ)、中間の遊星歯車をピニオン(またはプラネタリーピニオン)という。なお遊星歯車装置の中心歯車はサンホイール(またはサンギヤ)という。
FR用MTにおいて、1~5速の減速回転と後退の回転を取り出すために入力と出力の2つのギヤが噛み合っているが、主軸の下側にあり入力側の各ギヤが列になっている軸のことをいう。副軸は、クラッチディスク軸に嵌合するメインドライブギヤで駆動され、前から副軸駆動ギヤ、3速~1速ギヤ、5速と後退ギヤなどがある。副軸の慣性モーメントはクラッチディスクの約6分の1と小さいが、走行中に1~3速にダウンシフトすると、クラッチと副...
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。マニュアル式は、ホイールハブのところにドッグクラッチを設け、手動でカムをまわしロックとフリーの切り替えを行う。2WD走行時はホイールハブ部分で切り替えねばならない。最近は自動的に切り替えられるオート式が多い。2WD走行時に不要な4WD駆動系を切り離すと、走行抵抗が減少し、運行燃費がよくなり、駆動系の振動騒音が減少するなどのメリ...
遊星歯車列が1つでなく、複数使用した場合に複合遊星歯車列という。単一遊星歯車を2列使う方式はシンプソン式と呼ばれる。それは2つのサンギヤを連結し、片方のキャリアともう一方のリングギヤを連結したものである。単一遊星歯車とダブルピニオン遊星歯車を組み合わせたギヤ列は、ラビニュー式という。ピニオンが、ロングピニオンやショートピニオンの2種類6個からなり、2つのギヤ列のリングギヤとキャリアを連結し共用化した...
駆動系をねじり振動モデルで考えた場合に、左にエンジンの慣性モーメントがあり、右に車両重量相当の慣性モーメントがあり、その間をねじりばねで結ぶもっとも簡単なモデルが考えられる。このとき、ばね部が節になって両端の慣性モーメントが互いに反対方向のねじり振動を行うのを、駆動系一節ねじり振動という。この場合の節は1つで、周波数は2~10Hzの低周波振動である。急加速や急減速したときに、クルマがガクガクとした前...
アルファロメオのツインスパーク16バルブエンジンに採用されているトランスミッション。ステアリングホイール上部の押しボタンでシフト操作を行う5速のオートマチックモード付きシーケンシャルトランスミッション。電子制御式油圧作動クラッチを装備し、両手の親指で2つのボタンでシフトチェンジを行うが、右側ボタンがシフトアップ用、左側ボタンがシフトダウン用。また、センターコンソールに設置されたジョイスティックでも...
カップリングは主にセンターデフを持たない4輪駆動車(FF横置きベース、もしくはトランスファーを持つFRベースのパートタイム4WD)の前後車輪間に装着され、走行状況に応じて前後輪へ最適な駆動力伝達を行う駆動系の部品。カップリングの機構は基本的に湿式多板クラッチで、ケース内部に満たされたシリコーン系オイル、もしくはATFなどのフルードが、クラッチプレートにかかる圧力によって粘性抵抗を発し、駆動トルクの接・断を行...
前輪駆動AT仕様車のトランスアクスルなどにおいて、変速機部の出力を終減速機のリングギヤへ伝えるためのギヤをいう。ファイナルドライブギヤと呼ぶこともある。一般にヘリカルギヤが使われている。ATのトルクコンバーターのトルク比(約2.0)と1速ギヤ比(約2.8)で増幅されたトルクが負荷されるので、軸受け部は変形を起こさないように剛性を上げ、歯当たりをよくし、歯面の耐ピッチング性や歯車強度にも配慮する必要がある。クロ...
CVTを含むAT車で、アクセルペダルを離している状態で下り坂を検知した場合、クルマが必要以上に加速しないように自動的にシフトダウンしてエンジンブレーキ力を強くする制御のこと。それでも加速を続けるときは、フットブレーキを踏んで、減速しなければならない。
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドライブピニオンとリングギヤはともにデフキャリアに回転支持されるが、取付け剛性が重要で、とくに負荷がかかった状態で相対変位が少ないよう、デフキャリアの形状を検討する。ドライブピニオンベアリングにはテーパーローラーベアリングが使われ、プリロードが加えられている。プリロードには適正値があり、大きすぎるとベアリングが焼き付き、小...
709件中 21-40件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る