AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


2種類の材料を配合、反応させて使用するウレタンシーラント。自動車用としては構造接着剤として、フロントガラスとリヤガラスのボディへの組み付けに用いられるホットメルト2液型ウレタン接着剤(シーラント)がある。これはまずガラス内面の端部に、ウレタンがボディ表面の外部あるいは室内側にはみ出すのを防ぐ、ゴム成形物のダムを取り付ける。次に2液型ウレタンシーラントを、ダムの内側あるいは外側にビード状に塗布し、これ...
MTにおいて、カップリングスリーブ内周のスプライン先端面取り部や、噛み合い相手のシンクロナイザーリング外周の面取り部、ギヤ側の同部をいう。チャンファーは同期作用時に重要な役割をもつ。リングキー溝幅に規制されスリーブチャンファーがシンクロチャンファーに接触し、押付け力が作用すると、シンクロ内径コーンがギヤコーンに押し付けられ、後者の回転を前者の回転に同期させはじめる。同期終了で回転方向力は減少しチ...
電磁クラッチの一種で、電磁紛がコイルの磁束により連鎖状に結合し、トルクを伝えるクラッチ。電磁力によってクラッチディスクを押し付ける構造ではないため、クラッチディスクが焼ける不安もない。このため摩擦力が比較的安定している。伝達トルクは電流に比例し、トルクを制御しやすいのでAT、例えばCVTの発進用クラッチとして使われている。トルクコンバーターと同じようなクリープも自由に設定することができる。
4輪駆動車など、多軸駆動車の各車軸へ動力を分配する装置。通常、トランスミッション後方にトランスファーを取り付け、複数の推進軸により各車軸に駆動力を伝達する。一般にオフロード用4輪駆動車には、高速と低速の2段に変速可能なトランスファーが多く、かつ差動装置内蔵(センターデフ)や電子制御摩擦クラッチなどにより、前後輪の動力配分を制御し、走行性能改善、駆動装置の過負荷防止、タイヤの偏摩耗防止をはかっている。
多極点溶接ともいう。通常のスポット溶接は、1点ずつ溶接していくが、多数の電極で母材を同時または順次に加圧、通電して、2点以上数百点におよぶ多数の点のスポット溶接を行う方法をマルチスポット溶接という。同時多点溶接することで単一車型を大量生産する場合に適している。この溶接は溶接ロポットが導入されるまでは、よく使われた方法であるが、モデルチェンジごとに大幅な設備改造が必要となり、近年は設備投資の削減、...
2つ以上の修正面を用いて、回転体の動不釣合い量を許容限度内に修正する作業をいう。剛性ローターの場合、不釣合い量は静不釣合いと、回転させて初めて検知できる偶不釣合いに分けることができるため、最低2面で不釣合い量の修正が可能である。工作機械の主軸や砥石軸、並びにそれらを回転駆動させる誘導電動機のローター、クルマのクランクシャフト、フライホイールなど高速回転する部品の振動防止や、軸受け部の偏摩耗対策な...
MTのキー式同期機構のなかで、シンクロハブの内周面の前後2箇所へこれをセットし、シンクロナイザーキーの内周の前後2箇所で、キーを内間から外周方向に押す、C形状のリングスプリングである。
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドライブピニオンとリングギヤはともにデフキャリアに回転支持されるが、取付け剛性が重要で、とくに負荷がかかった状態で相対変位が少ないよう、デフキャリアの形状を検討する。ドライブピニオンベアリングにはテーパーローラーベアリングが使われ、プリロードが加えられている。プリロードには適正値があり、大きすぎるとベアリングが焼き付き、小...
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦面保護をしているクラッチ。ATや2輪車用として用いられる。とくに常用回転数の高い2輪車では、クラッチフェーシングの耐久性を向上させるには湿式がよいとされる。
ボディシェルの後端で、リヤバンパーの上側に位置したところにあるパネルをいう。リヤボディ構造の強度、剛性を担うパネルであり、トランクルーム開口部の後端を構成する。リヤコンビネーションランプ、ワイヤハーネス、ライセンスプレート、トランクリッドストライカー、トランクリッドウエザーストリップ、トランクルームトリムなどが通常取り付けられている。リヤエンドパネルの高さは荷物の出し入れ性を左右し、近年、バン...
ダイヤモンドのコーン、または鋼球を圧子として用い、試験荷重を加えて生じる永久くぼみの深さを基準荷重の状態においてはかった値から算出される硬さであって、試験条件によって同一試料の硬さが異なった数値で示される。自動車の製造現場でもっともよく使われるのがCスケールで、ベアリング鋼や焼き入れされた鋼の硬度測定に用いられる。ロックウエル硬さは試験力、圧子の組み合わせによりスケールを選択することが必要ではあ...
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでいる。エンジンからの入力トルクはメインドライブギヤから入り、カウンタードライブギヤからカウンター軸に伝わり、カウンター軸の各ギヤから主軸上の常時噛み合いのギヤに回転が伝わり、そのギヤは主軸上を遊転している。主軸上のクラッチハブに嵌合しているカップリングスリーブが、そのギヤのギヤスプラインに嵌合すると、エンジントルクがその...
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示しており、トラクション係数は駆動力を無次元化するために押付け荷重で割算したもので、摩擦係数と同じ値である。このように係数にしておけば車両重量、タイヤ、路面の違いなどがあっても、この数値で比較できる。駆動係数はクルマの最大加速度、最大登坂能力など、路面状態から制限されるクルマの性能比較に使うと便利な値である。
ATのシフトレバーをいう。フロアシフトとコラムシフト(ハンドルコラム横にシフトレバーがある)が一般的だったが、フロアシフトの操作感とコラムシフトの前席間ウオークスルー性、双方のよさを考慮したインパネシフトも採用される。フロアシフトは、ストレート式(前後方向に直線的に動かす)、ゲート式(前後方向と左右方向にゲートに従い動かす)がある。ストレート式は、グリップの押しボタンを押すと、例えばN→Rレンジへシフトで...
実際の移動量からみたタイヤの有効半径で、車輪1回転当たりの移動距離を2πで割って得られる。タイヤはクルマの重量によってたわみ、見かけの半径(静的負荷半径)は無負荷時の半径に比べ相当小さくなっているが、実際の移動量からみた有効半径は静的負荷半径より大きい。スチールベルトタイヤでは高いベルトの剛性により、周長そのものがほぼ移動量になり、無負荷時の半径にかなり近くなる。また、高速回転時の遠心力によってバイ...
CVTにおいて、動力を伝達するために用いられているベルト。約400個のスチールのコマと、10枚前後重ねたスチールリング2本で構成され、ゴムベルトなどが引張り作用で動力を伝達するのに対して、プーリーにはさみ付けられたスチール製のコマが次々と送り出されていく圧縮作用で動力を伝達する。スチールのコマが動力を伝達するには、プーリーの斜面との間に摩擦力が必要となる。この摩擦力を維持するのがスチールリングで、そのた...
エンジンの放射音対策(車外騒音対策)で、エンジンの周囲を直接または間接にカバーすること。エンジンの放熱を妨げないで、音を放射しないようにカバーすることは二律背反的な要素があり、実用化は容易ではない。騒音対策は遮音に工夫するよりも、音の発生源のエネルギーを下げたり、源から断ったりすることが大切。
変速機において、ギヤ比=出力軸歯車の歯数÷入力軸歯車の歯数の比を指す。この値は、出力軸回転数に対する入力軸回転数の比にもなっており、変速比ともいわれる。例えばMTのギヤ比決定方法では、1速は最大登板能力の目標値から決定し、最高段位(例えば5速)は最高速度の目標値から決定する。最高速は4速で得て、5速ギヤ比は燃費低減や静粛性のために設定するとともある。その中間のギヤ比は、段位ごとの変速前後のエンジン回転数...
歯車の精度は、設計諸元のなかにJIS4級などの等級で示している。ピッチ誤差、圧力角誤差、ねじれ角誤差、オーバーピン寸法、最大径、最小径、歯形形状、歯筋形状、面取り形状など種々ある。高精度化のために、熱処理変形を見込んだ歯形形状加工が実施され、熱処理後の歯面の研削加工が進展しつつある。完成品については設計諸元どおりにできているか、寸法の実測を行う。
前照灯自動切替え・減光装置。周囲の明るさによってヘッドランプおよび、テールランプが自動的に点灯・消灯する機能と、下向きヘッドランプビームで停止・発進する場合、その明るきを、25~100%の範囲で減光する機能を有する。昼間トンネルに入った場合、フォトダイオードの光センサーが周囲の明るさを検出し、自動的にヘッドランプが点灯、出ると消灯するので消し忘れを防止できる。信号待ちなどの場合は、車速センサーが停止...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る