AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


通常は自動で操作するシステムを手動で操作する方法、もしくは、手段。
遊星歯車を使って、駆動軸の回転速度を所要の速度に変速する装置。サンギヤと呼ばれる中心の歯車、その周りにキャリアで支えられたプラネタリーギヤ(ピニオンギヤともいう。通常3個)およびもっとも外側のケースに付いたリングギヤ(内歯歯車)で構成され、どの要素を固定するかによって減速、増速、直結、逆転が可能。ギヤ比の選択は歯車のサイズに依存するので限られる。トランスファーやトランスミッションに使用される。通常の...
アクスルハウジングのタイプのひとつにバンジョー型があり、それに取り付けられるような形をしたデフのこと。そのアクスルハウジングは、中央部にデフを取り付ける穴を設け、取付け面をフラットにし、デフキャリアフランジ面に合わせてボルト締めできるよう、ボルト穴やスタッドボルトがある。デフオイルが中央部下にたまるよう下を膨らませドレーンプラグを付け、旋回時にオイルがハウジング内を左右に移動しないよう、バッフ...
エンジンと変速機部の間にあって、トルクを断続する装置。クラッチ装置には発進の機能がある。内燃機関は、エンジントルクが出る回転速度まで上げて、クラッチをつなぐことで発進を可能にしている。発進時のクラッチ発熱量は、車両が得た運動エネルギーに等しい発熱量となるので、熱容量を大きくし(プレッシャープレート荷重を増し)焼けを防止している。変速機段位切替え時の、エンジントルクを断続する役目も果たす。クラッチ...
MTのシンクロ機構において、同期作用を行うコーン(円錐)面がトリプル(3つ)あるものをいう。一般にはシングルコーンやダブルコーンであるが、同期作用を強力に行い、操作力を軽減するために円錐面を3つにしたものである。2速に使用されている例が多く、高速から1~3速へシフトダウンする頻度が多いクルマ、クラッチディスクの慣性モーメントが大きい場合、変速機のオイルによる回転抵抗が大きい場合に、同期力を高める目的で使用...
電気炉などで溶解した鋼を鋳型に鋳込んで、所要の形状寸法にしたもの。炭素2.0%以上のものを鋳鉄といい、それ以下のものを鋼というが、炭素鋼鋳鋼は、炭素0.1~0.5%、ケイ素0.2~0.6%、マンガン0.5~0.9%を含んでいる。合金鋳鋼はクロム、ニッケル、マンガンなどを多く添加したものがある。高クロム鋼鋳鋼および高クロムニッケル鋼鋳鋼は、いずれもステンレス鋼および耐熱鋼として用いられる。高マンガン鋼は耐摩耗鋼として...
化学反応による硬化で塗膜を生成する塗料を熱硬化塗料という。この熱硬化塗料のなかで比較的低温で化学反応を起こし、しかもその速度が大きい場合には塗料の主成分と硬化剤を別々に分けておき、使用直前に混合して使用するタイプの塗料がある。このタイプの塗料を2液性塗料といい、代表的なものとして、ウレタン樹脂塗料やエポキシ樹脂塗料などがある。ウレタン樹脂塗料は主剤として水酸基をもつポリオールと硬化剤のイソシアネ...
差動歯車装置。自動車用では減速歯車装置と差動装置で構成される終減速機(ファイナルドライブギヤ)の代名詞にもなっている。減速歯車装置は大小の曲がり歯傘歯車(スパイラルベベルギヤ)からなり、相対的に強度が不利な小歯車の強度向上を狙って、噛み合い交差軸をずらしたハイポイドギヤが多く使用される。ただし、ハイポイドギヤは噛み合い時の歯面の滑り率が大きく、歯面が損傷しやすいため、歯面の耐摩耗性を向上する表面処...
エンジンや変速機や終減速機を車載する場合に、変速機を自動車の最前部に配置する方式のこと。前輪と後輸の分担荷重は等しくし、重心まわりの慣性モーメントを小さくすると自動車の操縦安定性能は向上する。そこでエンジンは、居住性を確保しながら前輪と後輸の間に車載するのが一般的だが、このとき変速機を前に出して、終減速機とエンジンをその後ろに配置する方式となる。この方式はかつてシトロエンやルノー、アウディなど...
変速機で低速段位から高速段位へ変速することをいう。ATの場合は、自動でアップシフトするスケジュールアップ、加速後アクセルを全閉にしアップシフトさせるバックアウト、手動でアップシフト操作するマニュアルアップなどがある。
トルクコンバーター内にある、ワンウェイクラッチをもつ羽根車で、トルク増幅作用を受け持つ。スリップ比(出力軸回転/入力軸回転)が0のストール状態から、約0.83のカップリングポイントまで、タービン羽根からステーターの羽根に当たるオイルの流れは、ステーターのワンウェイクラッチをロックさせ、その反力トルクがタービン(出力軸)にプラスされて出力トルクが増幅される。トルク比(出力軸トルク/入力軸トルク)はストール時に...
変速機やデフなどのように入出力軸をもっている装置において、入力軸に入ってくるトルクのこと。変速機にはエンジン出力トルクが入力トルクとなり、デフには変速機の出力トルクが入力トルクとなる。入力トルク(入力馬力)の大きさにより、変速機のサイズ、デフサイズ、クラッチサイズ、プロペラシャフトサイズなどが決まる。それらはトルクレベルごとに機種を用意しているので、そのなかから選択するのが一般的である。しかし軽...
クラッチ自身が冷却機構をもっているクラッチ。クラッチカバー、プレッシャープレートにフィンなどを設けて、回転によって空気をかき混ぜて冷却する。クラッチは摩擦によって動力を伝えるためプレッシャープレートとクラッチディスクが発熱する。発熱すると摩擦材の摩擦係数が低下するフェード現象、フェーシングの摩耗増大、スプリンクのへたり、セット荷重の減少などクラッチ機能が劣化する。クラッチは冷却することで寿命が...
フロント、ミッドシップ、あるいはリヤにあるエンジンの動力を後輪に伝えて駆動するシステム。前輪は操舵のすべてとブレーキの60%以上を負担するので、タイヤ寿命は均等化する。フロントエンジンの場合は、後車軸に動力を伝達するために、床下を走るプロペラシャフトが必要である。加速時の安定した駆動力確保、降坂時の前後ブレーキ力バランス、滑りやすいコーナーでの駆動輪接地力確保、安定した良好な操縦性を得るためには...
無段変速機(CVT)に用いられているセンサーで、サイドケースに取り付けられている。プライマリー回転センサーはプライマリプーリーの、またセカンダリー回転センサーはセカンダリープーリーの回転信号をコントロールユニットに送り、変速制御に用いる。
衝突時などで、シートベルトに加わる荷重が増えて胸部を圧迫するのを防ぐため、ウェビングに一定以上の荷重がかかったときに、これを緩和する機構。ロードリミッターも同じ機能のもので、メーカーにより呼び方が異なる。これらの使用は近年、プリテンショナーやプリローダーなど採用のシートベルトと合わせて使われる例が多い。これはプリテンショナーなどが衝突時の初期に、ウェビングの緩みや巻き締まりなどを防ぐために巻取...
駆動系のトランスミッションからデフの間で発生する異音のこと。トランスミッションでは、停車して変速操作をしたときにスリーブがギヤに当たるガチャ音、加減速したときにギヤがバックラッシュを打つガツガツ音、アイドリング時に発生しエンジン回転変動でギヤがバックラッシュを打つ歯打ち音のガラガラ音、加速時に動力を伝えていないギヤがバックラッシュを打つ歯打音のジャー音、トランスミッション、プロペラシャフト、デ...
傘歯車式差動装置において、4ピニオン式の場合に、4個のピニオンを支持する十字シャフトをいう。普通は2ピニオン式で、2個のピニオンを1本のシャフトの両端に支持しているが、ハイパワー車になると2個のピニオンでは強度不足となり、4個のピニオンを採用している。4ピニオンにすると、ピニオン1個の負荷は半減し強度に余裕が出る。ピニオンに作用する力の釣り合いは、滑車に作用する力の釣り合いと同じで、ピニオン中心部にはサ...
自動車全体の電源を一括して遮断するスイッチ。大型トラックやバスなどは、各種の電装品が運転席から遠くにあり、電気火災などの重大な電気的失陥が発生した場合に、運転席から瞬時に電源を遮断する必要がある。そこで全電装品の電源側に、100A程度(瞬時には1000A)の遮断が可能な大容量リレーを入れて、運転席で電源を一括遮断できるようにしてある。一部の特殊車両ではバッテリーの出力側に、ナイフ形の手動大容量スイッチを設...
プロペラシャフトが軸方向に伸縮するタイプにおいて、滑動する外歯スプラインシャフトをもつプロペラシャフトの一部分を指す。その相手は内歯スプラインをもつスリーブヨークである。トルクが負荷された状態での摩擦力が大きく滑動しにくいため、スプラインの間にボールを入れた方式もある。プロペラシャフトは高回転で使用するため、半径方向のガタでアンバランスを生じないようにする必要があり、スプラインの嵌合は歯面合わ...
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る