AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン

大車林の「ドライブトレイン」のキーワード709件


潤滑油のなかに極圧添加剤を加えたものである。極圧添加剤は、境界潤滑状態において油膜を強化し油膜破断を防止するもので、リン系極圧剤、亜鉛系、硫黄系、鉛系、ホウ系などいろいろある。ギヤ油は、APIサービス分類やMIL規格で、極圧添加剤の使用量によりGL-1~5に分類されている。ギヤの種類や使用条件の過酷度に従って、その分類のなかからギヤ油を選定している。ハイポイドギヤは、面圧が高く歯筋方向の滑りも大きく過酷な...
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。マニュアル式は、ホイールハブのところにドッグクラッチを設け、手動でカムをまわしロックとフリーの切り替えを行う。2WD走行時はホイールハブ部分で切り替えねばならない。最近は自動的に切り替えられるオート式が多い。2WD走行時に不要な4WD駆動系を切り離すと、走行抵抗が減少し、運行燃費がよくなり、駆動系の振動騒音が減少するなどのメリ...
エンジンなどの動力源から駆動トルクが伝わっている車輸のこと。FR車では、後2輪が駆動輪で、FF車の場合は前2輸が駆動輪である。4WD車では前後の4輸が駆動輪となる。すなわちエンジンにつながっている車輸が駆動輪であり、電動モーターで駆動する場合は、モーターにつながっている車輪が駆動輪である。
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路面摩擦力により決まる。駆動力が摩擦力より大きい場合(急発進、雨天、積雪路など)、または駆動輪の軸重が減少したとき(前輪駆動車の坂発進、コーナリング時の内輪)にタイヤが空転する。このようなとき、トラクションが出ない、あるいは抜ける、などという。これを防ぐためにタイヤのグリップ改善、4輪駆動方式、リミットスリップデフ(LSD)などが...
高圧ガスまたは高圧空気でエアバッグを膨張させるエアバッグシステム。微量の火薬に点火して仕切り板を破り、ボンベに詰めたガスをエアバッグに噴出させる。火薬の燃焼熱で噴出ガスが暖められ、エアバッグが膨張する仕組みになっている。オペル・ベクトラで初めて採用された。
ボールの代わりにニードルローラー(ころ)を用いた転がり軸受け。ボールに比べ耐荷重性が高く、ベアリング、ユニットの外形を小さくすることができる。しかし、ボールベアリングのようにスラスト力を発生することはできないため、別体のスラスト軸受けが必要になる。トランスミッションのギヤの軸受けとしてこれが用いられる。自動車用エンジンにはほとんど用いられない。
荷重を加えながら相対運動している2物体間の接触部において、薄い潤滑膜が存在するところと固体接触が生じているところが混在するような境界潤滑状態では、突起同士が接触しているところなどできわめて高い面圧が発生しており、この部分のことをいう。この部分から焼付き現象が起こり、ギヤ歯面でスコーリングが発生する。極圧を防止するには、表面の突起部分だけを除去するような加工(ラップ、スーパーフィニッシュなど)を行い...
変速操作に関係する部分のことをいう。MTでは、チェンジレバーからコントロールロッド(ストライキングロッド)を経由してシフトフォークまでであり、その間のディテント機構(シフトチェック機構)、セレクトリターン機構、ギヤの抜け防止機構、インターロック機構(2重噛み合い防止機構)、リバース誤操作防止機構などが含まれる。FF車のMTの場合は、変速機から室内のチェンジレバーまではチェンジレバーユニットとして取り扱う。変...
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドライブピニオンとリングギヤはともにデフキャリアに回転支持されるが、取付け剛性が重要で、とくに負荷がかかった状態で相対変位が少ないよう、デフキャリアの形状を検討する。ドライブピニオンベアリングにはテーパーローラーベアリングが使われ、プリロードが加えられている。プリロードには適正値があり、大きすぎるとベアリングが焼き付き、小...
MTにおいて、シフトレバーを操作するときに各段位の位置を示したもので、例えば3速ならばHパターンとなる。5速であれば、Hの右隣に線を1本追加したパターンが一般的。競技用ではHの左下に1速を配したパターンもある。6速ではダブルHへさらに半本追加してリバース位置がくる。シフトパターンに従い、変速機内のギヤ配置やレバーやロッドの関係が決まる。また、走行中に誤ってリバースに入らないようリバースミスシフト防止装置が...
電圧降下用抵抗器のこと。CVTの場合、ライン圧ソレノイドのニードル弁始動時は大電流を必要とするため、CVTコントロールユニットは、このドロッピングレジスターを通さずにライン圧ソレノイドに直接電流を通し、いったん動き出すと保持電流は比較的小さな電流で制御できるため、ドロッピングレジスターで電圧を下げて、ライン圧ソレノイドに電流を流す。
フルタイム4WDのセンターデフにプラネタリーギヤを採用したもので、FFベース4WDのセンターデフに採用例がある。センターデフに傘歯車を採用すれば、トルク配分比率は50:50となる。ダブルピニオン遊星歯車を差動ギヤに採用し、リングギヤから入力すると駆動トルクの前後配分比率は50:50近辺の値が選定可能となる。シングルピニオンプラネタリーギヤでは、キャリアから入力し、サンギヤとリングギヤから前後出力するが、サンギ...
4輪駆動車用に、エンジンのクランクシャフトとトランスミッションとを接続するドライブプレートの間に挿入された、駆動力緩衝ガイドのこと。エンジンからの動力を直接ドライブプレートにかけずに、スムーズな動力を伝達するために設けられている。
終減速機に使われているハイポイドギヤの入力側小歯車を指す。プロペラシャフトからコンパニオンフランジ経由でトルクを受け取り、噛み合う相手歯車のリングギヤへ受け渡す。減速比は乗用車で3~5の値で、ピニオンの歯数は10~20である。変速機で増大した出力トルクを受け、急発進時のショックトルクに耐える強度が必要であり、材料はクロム鋼やクロムモリブデン鋼で浸炭焼入れし、円筒コロ軸受け2個で支持している。強度上や歯...
FF車用のMTにおいて、変速機内部にシフト方向を導くためのH状パターンを打ち抜いたプレートのこと。ミスシフトを起こさないようにガイド幅は狭め、5→2などの斜めシフトが可能なように出口、入口形状を決める。ATではゲート式のフロアシフトが多くなっているが、シフトレバー根元のジグザグ形状ガイドのあるプレートをゲートプレートという。従来の直線配列式では、シフトレバー根元に打ち抜いたガイドプレート(コントロールブラ...
ATのストレート式フロアシフトレバーのグリップなどに設けられたボタンを押したときに、それに連動して下部で動くピンのこと。ゲートピンあるいはロックピンともいい、ボタン下のロッドに左右方向水平に固定されている。相手はガイドプレートで、ゲートプレートとかコントロールブラケットともいい、ベースプレートに垂直に取り付けられている。そのガイドプレートの打ち抜かれた段差形状にピンが当たり、上下方向段差がセレク...
ビスカスカップリングを駆動力伝達用に使用し、トランスミッションとしたものである。例として横置きFFベースで4WDにするとき、後輪側の駆動軸上の中間に配置し、ビスカスカップリングで後輪を駆動する場合に、このカップリングをビスカストランスミッションと呼ぶ。この4WDシステムの特徴は、センターデフの差動機能と差動制限機能の両者をもっており、路面の状況に応じて自動的に切り替わる。したがって初心者に使いやすい4WD...
独立懸架方式の前輪駆動車や後輪駆動車において、終減速機から車輪へ駆動トルクを伝達するシャフトをいう。ドライブシャフトには前輪用と後輪用がある。前輪用は車輪側と終減速機側に等速ジョイントを使い、前者は前輪舵角に応じて40度以上の屈曲角がとれるものとし、後者はサスペンションの上下に伴い、軸方向伸縮が可能なタイプとし、アイドリング時の振動対策で摺動抵抗の少ないものにする。シャフトは中実で、表面は高周波...
等速ジョイント部を覆うゴムブーツのこと。ジョイントはグリス潤滑を行うのでそれを漏らさないように、また外部からの泥水浸入を防ぐために使用する。ジョイントの寿命はブーツの寿命で決まるといっていいほどであり、ブーツの強度や耐久性の確保は重要である。車輪側は折れ角が40度になり、終減速機側は伸縮するので、ジャバラ形状が工夫されている。耐噛み込み性、耐つぶれ性、高速走行時の耐膨らみ性、飛び石や組立て時の耐...
燃費、航続可能距離、走行時間など、運転操作の補助になる情報を表示するシステムの日産車用語。BMWなどの輸入車やホンダ車でも用いられており、トヨタ車ではクルーズコンピューターシステム、三菱車ではトリップコンピューターシステムと呼ばれる。
709件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る