MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン > 電子制御式差動制限装置

電子制御式差動制限装置

【electronically controlled LSD】

このエントリーをはてなブックマークに追加
電子制御により、走行状態に応じて差動制限をする装置。4輪駆動のフロント、センター、リヤデフに取り付けられる。差動制限は、クラッチの伝達トルクを電子制御するもので、クラッチには油圧クラッチや電磁クラッチが使われている。制御内容は、差動が必要な場面と、差動すると走行不能になる場面をまず選り分け、走行不能が発生する場合はクラッチをつないで走行を可能にする。舗装路での旋回時はクラッチを解放し、タイヤがスリップして駆動できないときはクラッチをつなぐ。4輸の車輪速度からタイヤのスリップを検知し、デフロックするフィードバック制御や、アクセル開度を感知してデフロックするフィードフォワード制御などがある。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る