AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > 渦流室式燃焼室

渦流室式燃焼室

【swirl combustion chamber】

ディーゼルエンジンの燃焼室形式のひとつ。主燃焼室のほかに、シリンダーヘッド部に章状をした渦流室を設けている。渦流室では圧縮行程で空気の渦流を強制的に発生させ、そこへ噴射弁から燃料を噴射して燃料の大部分を燃焼させる。残りの燃料は主燃焼室で燃焼する。燃焼をある程度制御できるので、以前は乗用車や小型トラックのディーゼルに用いられた。しかし、燃費の点では直接噴射式には劣るので、直接噴射式が主流となってきている。また、冷間始動性の改善や低温時のディーゼルノックを防止するための予熱装置を渦流室に装着する。渦流室の容積は全燃焼室の50~80%に設定されている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Этот классный web-сайт на тематику Motorola Moto M обзор.
avrora-trans.com

https://vy-doctor.com.ua