AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > バキュームアクチュエーター

バキュームアクチュエーター

【vacuum actuator】

ダイヤブラムの片側に、吸気マニホールド内で発生した負圧を作用させて駆動するアクチュエーター。おもに電磁弁を用い、バルブが開いたとき負圧をオン・オフする。この電磁弁のソレノイドに信号電流を流すことで微小な電力を機械力に変え、力の拡大をはかる。3方電磁弁を用いた場合、スプリングで押しもどされるダイヤフラムのスプリング側に負圧をかけて引き付け、ロッドにより可動部分を作動させる。通電が切れるとダイヤフラムは大気に開放され、スプリングにより押しもどされる。例えばEGRバルプやウェイストゲートバルブに採用されている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://best-cooler.reviews

https://bestseller.reviews

http://xn----7sbajornvhu8c.com.ua