AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > デスモドロミックバルブ開閉機構

デスモドロミックバルブ開閉機構

【desmodromic valve mechanism】

バルブの閉じ方向の力をスプリングによらず、閉じ側カムを用いて発生させるようにした強制バルブ開閉機構。開き側カムおよひ、閉じ側カムとロッカーアームによりバルブを駆動するが、熱膨張によるバルブの密着特性が問題となる。メルセデス・ベンツが1950年代にルマン用レーシングカーに採用したものでは、理論的にはバルブ争がシートにほとんど密着しない方式だったといわれている。2輪のドゥカティが採用しているものでは、小さいスプリングを併用して、バルブをバルブシートに密着させるようになっている。バルブスプリングサージが一掃されるため、超高速エンジンには適していると考えられている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る