AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン > クラッチオリフィス

クラッチオリフィス

【clutch orifice】

油圧式クラッチの油圧系に絞りを設ける場合があり、この絞りをオリフィスという。油圧系に絞りを入れることで、オイルの流速を遅くすることができ、クラッチペダルを急にもどしても、クラッチレリーズフォークはゆっくりもどしたときと同じ動きになり、クラッチトルクの立ち上がり速度が遅くなる。これによって、急発進してもゆっくり発進したのと同じ状態となり、駆動系に急激な発進トルクが伝わることを防ぎ、駆動系の衝撃破損を防止することができる。オリフィスでは、クラッチペダルを踏み込むときにも抵抗になり踏力が重くなるので、踏込み側ではオリフィスが効かない回路にするのがワンウェイバルブである。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る