AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > 環境/社会/法規 > エネルギー吸収性能

エネルギー吸収性能

【energy absorbing performance】

エアバッグシステムに関する吸収性能のこと。自動車の乗員が衝突により前方に移動する際の運動エネルギー量、すなわち乗員の移動速度は、衝突してエアバッグ内部のガスが流動することにより、熱エネルギーに変換され緩衝効果を発生する。エアバッグの吸収性能は、バッグへの押し込みが深くなるに従い増加する。そのためバッグ内の不活性ガスの排出特性をコントロールし、バッグ自体の収縮性を考慮した構造となっている。エアバッグの吹出し部に接近していたり、シートベルトを装着しない状態で衝突を受けると、乗員はエアバッグの展開の途中で衝突することも起こる。この場合、エアバッグから逆に乗員へエネルギーが与えられ被害が拡大する。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.winnerlex.com.ua

best-cooler.reviews/category/brands/

www.best-cooler.reviews/category/ozark-trail/