AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > アンダースクエアエンジン

アンダースクエアエンジン

【under-square engine】

シリンダーの直径がピストンストロークよりも小さいエンジンのこと。ピストン行程をシリンダー直径で割った値が1以下となる。このタイプのエンジンは全高が大きくなり、全長が短くなる傾向がある。かなり以前は、アンダースクエアエンジンが多かった。また、ストロークが長いためロングストロークエンジンとも呼ばれる。エンジン横置きFF車の普及とともに、エンジン全長を小さく収めるための要請や気筒ピッチや気筒間隔を維持したまま、排気量を増やすためにストロークを延ばしたアンダースクエアエンジンが再び多くなっている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.fiat.niko.ua