AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > 生産技術 > アークスタッド溶接

アークスタッド溶接

【arc stud welding】

ボルトや丸棒など(以下スタッドという)の先端と母材との間にアーク溶接と同じように、アークを発生させ、そのアークの熱エネルギーで金属を溶融させ、溶融部分にスタッドを押し付けて行う溶接法で、スタッド溶接ともいう。この溶接法では、母材に穴をあけたり、ねじ加工をする必要がなく、短時間で加工ができる。自動車では、内装部品、外装部品をボディに組み付けるが、とくに、室内まわりでは高い防水性が必要である。部品組付け部から水漏れを防ぐため、アークスタッド溶接でボルトなどを取り付けて部品を組み付けている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Предлагаем www.xn--e1agzba9f.com по вашему желанию, недорого.