AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

トヨタ マークX新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

 2004年にマークⅡの後継としてデビューしたスポーツセダン。現行は二代目で、16年11月に2度目となるマイナーチェンジが実施された。デザインが大幅に変更されたほか、ボディ剛性も向上。2.5ℓまたは3.5ℓのV6を搭載する。

まさかの改良。 まだまだ楽しませてくれそう 総合評価:6点

FR版TNGAと言えるトヨタの次期上級車向けアーキテクチャーについて話を聞くと、クラウンまでは想定しているようなのだが、マークXの名は聞こえてこない。噂通り、次期型はFFになってしまうのだろうか。素晴らしいクルマだとまでは言わないが、バランスの取れた、FRらしいちょっと上質なスポーティさを感じさせる走りを実現したFRセダンであるマークX。果たしてどうなるのだろう? そう思っていたら、まさかのマイナーチェンジである。予防安全デバイスであるトヨタ・セーフティ・センスPを備え、ボディを鍛え、サスペンションを変更するなど走りに本格的に手を入れて。まだまだ走り好きのオトナを楽しませてくれそうで嬉しい限りだ。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

トヨタマークX 2017年9月発売モデル

350RDS GRスポーツ


価格 443万円
排気量 3500cc
駆動方式 FR
最高出力 318ps(234kW)/6400rpm
最大トルク 38.7kg・m(380Nm)/4800rpm
乗員 5名
燃費 -

250S GRスポーツ


価格 381万円
排気量 2500cc
駆動方式 FR
最高出力 203ps(149kW)/6400rpm
最大トルク 24.8kg・m(243Nm)/4800rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://www.best-cooler.reviews/

https://vanco.com.ua

www.kompozit.ua