AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

スズキ ソリオ新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

 1.2ℓクラスの背高ワゴン。2016年11月に追加された「ハイブリッド」は、従来の「マイルドハイブリッド」にリチウムイオン式駆動用バッテリーを追加し、トランスミッションをCVTから5速RMTに換装したもの。

生活を考えたスズキらしいまじめな1台 総合評価:7点

全長は軽自動車より少し大きいだけ、全幅は1625㎜に抑えたサイズで、先代より格段に広く、今や5人家族でもそれなりに余裕のある室内空間を確保した新型ソリオは、生活者の視点に立つスズキがつくるべきコンパクトカーと言える。車重を100㎏も軽減し、新たなハイブリッドまで用意して燃費向上に努めているのも、ユーザーの思いに適っている。走りは特段どうこういうものでもないが、買い物や送迎がメインと考えれば、ダメというほどでもない。衝突被害軽減ブレーキのオプションもある。他に代わるものは無さそうだし、これが生活にフィットするというなら、買ってもいいクルマだろう。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

スズキソリオ 2017年12月発売モデル

Sセレクション


価格 165万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 91ps(67kW)/6000rpm
最大トルク 12.0kg・m(118Nm)/4400rpm
乗員 5名
燃費 -

Sセレクション


価格 178万円
排気量 1200cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 91ps(67kW)/6000rpm
最大トルク 12.0kg・m(118Nm)/4400rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る