AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

プジョー 308新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

二代目となる308がデビューを飾ったのは2013年のフランクフルトショー。端正なスタイルと日本でも使いやすいサイズの5ドアボディは、旧型よりも大幅な軽量化を実現した。日本には14年末、1.2ℓの直列3気筒のガソリンターボから導入がスタートしており、昨年2月にはモータースポーツ部門であるプジョー・スポールが手掛けたホットモデル「GTi250」と「GTi270」も導入されている。加えて、9月には待望のディーゼルモデルもラインナップに加わっており、「Allure」には120psを発生する1.6ℓ、「GT」には180psを発生する2.0ℓを搭載。ともにDPFとアドブルー式SCRを持つ、プジョー最新のクリーンディーゼル「Blue HDi」で、ギヤボックスは6速AT仕様となっている。

一番乗りたかった仏車、ディーゼルついに導入 308 BlueHDi 総合評価:8点

新設定のディーゼルは2種類。直列4気筒の2・0ℓと1・6ℓ。2・0ℓは、最高出力180ps、最大トルク40・8㎏mと、かなり強力である。実際、加速は立ち上がりから非常に力強く、グイッと踏み込むと、まさに仰け反るほどのダッシュを味わうこともできる。一方、ディーゼルのイメージである重々しいフィーリングとは無縁で、むしろレスポンスは軽やか。しかしながら弱点は極度のノーズヘビーになってしまうことで、アンダーステアはかなり強めに出る。一方、1・6ℓユニットのほうも120ps、30・6㎏mもあるから走りは余裕たっぷりだし、燃費は21・0㎞/ℓにも達する。鼻先が明らかに軽く、ハンドリングがめっぽう気持ち良い。

暴れん坊ぶりも、また楽しい1台 308GTi270 総合評価:7点

排気量1・6ℓの直噴ターボエンジンは、最高出力270psと250psの2つの仕様を揃える。ギアボックスは6速MTのみ。サスペンションはスプリング、アンチロールバー、ダンパーに加えてクロスメンバーまで含めて強化されている。走りっぷりは、ちょっとピーキーなところがあり、それが魅力になっている。ラフな操作をすると一気に背中がシートに押し付けられ、ステアリングも左右に取られて進路が乱されてしまう。こうしたクルマでも乗り心地がハードに過ぎず、しなやかさすら味わえるのは、さすがフランス車。270ps版の19インチタイヤでもそうなのだが、普段使いでの快適性を考えれば、18インチタイヤを履く250ps版の方がいい。

(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

プジョー308 2018年7月発売モデル

GT ブルーHDi


価格 359万円
排気量 2000cc
駆動方式 FF
最高出力 177ps(130kW)/3750rpm
最大トルク 40.8kg・m(400Nm)/2000rpm
乗員 5名
燃費 -

SW GT ブルーHDi


価格 384万円
排気量 2000cc
駆動方式 FF
最高出力 177ps(130kW)/3750rpm
最大トルク 40.8kg・m(400Nm)/2000rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
militarycenter.com.ua

fashioncarpet.com.ua

https://winnerlex.com.ua