AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

ランボルギーニ ウラカン新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

累計で1万4000台以上が販売されたランボ史上最大のヒット作、ガヤルドの後継としてウラカンがデビューしたのは2014年。そのボディは若干ながら拡大、デザインも有機的なテイストに変貌を遂げた。エンジンはガヤルドから継承した5.2ℓのV10をアップデート。ミッションにはシングルクラッチのRMTに代え7速DCTを採用し、兄貴分であるアヴェンタドールをも大幅に凌ぐ扱いやすさを実現した。また、AWDシステムも簡易なカップリング式から多板クラッチを用いた新型に進化している。
 そのバリエーションは着々と増加中。15年には早くもオープン仕様のスパイダーが登場。15年末には、後輪駆動のLP580-2(現在の名称はRWDクーペ)も追加された。そして16年末にはスパイダーにもRWDを設定。17年春には高性能版のペルフォルマンテもデビューした。このウラカンにおける最新作はエンジンパワーを標準のクーペより30ps上乗せする一方、ボディは40㎏の軽量化を実現。また、アクティブに空力を制御するインテリジェントシステムのALA(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)を搭載。空気抵抗の低減だけでなく必要に応じたダウンフォースの増加も実現しているという。なお、ペルフォルマンテはデビュー前にニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを敢行。見事量産モデル最速の称号を手に入れている。

ランボルギーニウラカン 2018年5月発売モデル

LP610−4


価格 2,973万円
排気量 5200cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 610ps(449kW)/8250rpm
最大トルク 57.1kg・m(560Nm)/6500rpm
乗員 2名
燃費 -

LP610−4スパイダー


価格 3,270万円
排気量 5200cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 610ps(449kW)/8250rpm
最大トルク 57.1kg・m(560Nm)/6500rpm
乗員 2名
燃費 -

LP580−2


価格 2,537万円
排気量 5200cc
駆動方式 FR
最高出力 580ps(427kW)/8000rpm
最大トルク 55.1kg・m(540Nm)/6500rpm
乗員 2名
燃費 -

ランボルギーニウラカンの歴代モデル


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
www.progressive.ua

https://www.best-cooler.reviews

https://bestseller.reviews